Search
Engine
Optimization

検索エンジン最適化

SEO対策とは

Googleやyahooなどの検索エンジンで特定のキーワードによる検索を行ったとき、検索結果で表示されるホームページの順位に大きく関わるのがSEO対策です。

SEO対策を実施する目的は、Googleやyahooなどの検索エンジンでユーザーが特定のキーワードで検索を行った際に、表示される検索結果の上位に自社ホームページを表示させることにあります。

主な手段としてはホームページ構成の最適化、検索キーワードの選定、ホームページのテーマに合ったコンテンツの充実となります。

なぜSEO対策が必要なのか

ホームページを通して利益を得るには、提供している商品やサービスに興味を持ってくれそうな見込み客の獲得が必要になります。

どんなにデザインが優れたホームページを制作して魅力のある商品やサービスを紹介しても、誰にも見てもらえなければ意味がありません。

せっかくのホームページが無駄にならないためにも、ルビコンがご希望のキーワードで検索エンジンに上位表示されるサポートを行わせていただきます。

ルビコンが実施するコンテンツSEO

コンテンツSEOを簡単に説明すると「ユーザーが求める良質なコンテンツを提供することで、検索結果の上位表示を目指す」というSEO対策の手法の1つです。

コンテンツSEOとは

  1. ユーザーが求めている情報を理解し、それに対して価値あるコンテンツを作る
  2. ユーザーがネット上で情報を探す際に使うであろうキーワードを推測し、そのキーワードで検索結果の上位に表示されるようなコンテンツを作る

閲覧者に対してどれだけ有益なコンテンツ(情報)を発信しているかを、Googleは検索順位決定の大きな指標としています。

ルビコンは小手先の技術に頼ったSEO対策を良しとしません。

ホームページのテーマに合ったコンテンツを制作し、でユーザー・検索エンジン双方にとって価値のあるホームページ制作に取り組んでいきます。

SEO対策の効果を長期的に維持する

インターネットでの情報収集には、さまざまなキーワードが使われます。

おいしいラーメンが食べたいなら、「ラーメン おいしい」といったキーワードだけでなく、「ラーメン おいしい 地域名 とんこつ」など、さまざまなキーワードが組み合わせられます。

情報収集に使われるキーワードを正確に予測し、それに対するコンテンツを制作することでホームページの価値を高めます。

ホームページの価値を高め、より多くのキーワードで上位表示されることで、長期的に安定した集客が可能となります。

達成意欲の高いユーザーを呼び込む

自社でブログやコンテンツの更新をおこなうことはSEO対策上でも重要になります。

しかし闇雲にページ数を増やしても、売上や集客につなげるのは難しいです。

残念ながら、多くのホームページで「価値のあるコンテンツ制作」がされていないのが実情です。

貴社の商品・サービスを利用したいと思っているお客様に向けて、価値のある情報を発信することで、初めて達成意欲の高い上質な見込み顧客をホームページに呼び込むことが可能になるのです。

上質な見込み顧客を集めることができれば、時間の経過とともにその効果は大きくなっていきます。

少しでも早くコンテンツSEOを実施することで半年後、一年後の成果に大きな差が生まれるのです。

ルビコンは、売上や集客につながるキーワードを徹底的に調査し、高品質で価値のあるコンテンツを作り上げることで、ホームページの売上、集客を実現させます。