お電話でのお問い合わせ

tel.076-464-6906

    お名前必須
    お問い合わせ内容
    ご返信先メールアドレス必須
    閉じる

    ブログ - ホームページ制作

    BLOG

    ECサイトとECモールの違いを徹底解説:自社に最適な選択はどっち?

    公開日:2024.5.27

    • ホームページ制作

    現代のビジネスにおいて、オンライン販売は欠かせない要素となっています。その中で、ECサイトとECモールという二つの主要な販売プラットフォームがあります。 2つは似ているようで実は大きな違いがあります。自社のビジネスに最適なプラットフォームを選ぶためには、プラットフォームとしての違いを正確に理解することが重要です。 本記事では、ECサイトとECモールの基本的な概念からそれぞれの特徴、メリット、デメリットを詳しく解説します。 ECサイトとECモールの違い ECサイトとは ECサイトとは、企業や個人がインターネット上で商品やサービスを販売するための独自のオンラインストアです。運営者はデザインや機能、顧客データなどすべて管理できる自由度の高い環境を提供します。 ECサイトのメリットとしては、商品の見せ方や決済方法を自由に設定できる点が挙げられます。ショッピングカート機能、セキュリティ機能、決済サービス機能、受注・売上管理機能など、多様な機能を導入することで、消費者にとって安心かつ便利な購買体験を提供することが可能です。 また、オムニチャネル型のECサイトでは、実店舗と連携し一元管理を行うことで売上アップや業務の効率化が図れます。 ECサイト運営を成功させるためには、ユーザーにとって使いやすいサイト構築と適切なマーケティング戦略が重要です。デザインと戦略がかみ合えば、顧客体験を向上させリピーター増加が期待できます。 ECモールとは ECモールとは、複数の出店者が集まるオンラインプラットフォームです。楽天市場、Amazon、Yahoo!ショッピングなどが代表的な例です。 ECモールの特徴は高い集客力です。出店者は多くの潜在顧客にアクセスすることができ、迅速に販売を開始することが可能です。 さらに、ECモールはインフラやマーケティング機能を提供しており、出店者は比較的簡単に商品を販売することができます。 また、多様な支払いオプションが用意されており、消費者にとっても利用しやすい環境が整っています。 しかし、ECモールには制約もあります。出店者はモールの規定に従わなければならず、カスタマイズの自由度が限られます。 販売手数料や出店料が発生するためコスト管理も重要です。競合他社が多いため、ブランドが埋没しやすいという課題も存在します。 ECサイトの特徴とメリット 自社ですべて管理できる ECサイトの大きな特徴は、運営者がデザインや機能、顧客データを完全に管理できる点です。運営方法やデザインも自由にできるため、独自のブランディングやマーケティング戦略を展開することが可能です。 例えば、商品の表示方法や決済方法を自由に設定できるため、顧客に対して独自の購買体験を提供できます。必要に応じて新しい機能を追加することも容易であり、事業の成長に合わせて柔軟に対応できるのも魅力です。 ブランディング 自社ECサイトを運営することで、効果的にブランディングを進められます。独自のデザインやコンテンツで、ブランドのイメージを強化し、顧客との信頼関係を築くことができます。 さらに、顧客データを活用してパーソナライズされたサービスを提供することも可能です。これにより、リピーターを増やし、長期的な売上向上を図ることができます。 柔軟なマーケティング戦略 ECサイトでは、様々なマーケティング戦略を柔軟に展開できます。例えば、メールマガジンやクーポンの配信、セールの実施など、多彩なプロモーションをかけられます。 また、SNSやSEO対策を活用して、効率的に新規顧客を獲得できます。こうした戦略を通じて、売上を最大化するための最適なアプローチを実現できます。 ECサイトの運営には、初期費用や運用コストがかかる一方で、自由度と柔軟性は他の販売チャネルにはない大きなメリットです。適切な戦略を立て、長期的な成長を目指しましょう。 ECサイトのデメリット     初期費用と運用コスト ECサイトを立ち上げる際には、サーバーの設定やデザイン、システム開発などに多額の初期費用がかかります。 また、運営には定期的なメンテナンスや更新が必要であり、これに伴うコストも継続的に発生します。 自社でシステムを構築する場合は技術的な専門知識とリソースが必要となるため、運営コストが高くなる傾向があります。 集客の難しさ ECサイト運営のもう一つの大きな課題は集客の難しさです。 実店舗とは異なりインターネット上では多くの競合が存在します。自社サイトへのトラフィックを増やすためには、SEO対策やオンライン広告などのマーケティング戦略が不可欠です。 これらの施策には時間とコストがかかり、効果を上げるためには継続的な取り組みが求められます。 顧客との直接的なやり取りが難しい ECサイトでは顧客が実際に商品を手に取って確認することができないため、商品の詳細な説明や高品質な画像が求められます。 しかし、これでも実際の商品の質感やサイズ感を完全に伝えることは難しいです。 そのため、顧客が受け取った商品に対して期待と異なると感じることがあり、返品やクレームが発生しやすくなります。 配送に関する問題 商品の配送には時間がかかり、すぐに商品を受け取ることができないという点もECサイトの欠点です。 物流のコストや人手不足などの問題があり、配送遅延やコスト増加のリスクがあります。配送の遅延が生じると、顧客満足度が低下する可能性もあります。 ライバルの多さ インターネット上には無数のECサイトが存在するため競争が非常に激しいです。 同じ商品を扱う他のサイトとの価格競争やマーケティング戦争が常に繰り広げられており、自社の製品を目立たせるための努力が必要です。これには、継続的なマーケティング活動や独自のブランド戦略が不可欠です。 ECモールの特徴とメリット   高い集客力 ECモールの最も大きなメリットは高い集客力です。楽天市場やAmazon、Yahoo!ショッピングなどの大手ECモールは既に多くのユーザーを抱えており、新規の出店者もすぐに多数の潜在顧客にアクセスできます。 ECモールは知名度が高いため、消費者が商品を探す際にまず訪れる場所となります。出店者は自社の宣伝に多大な労力を費やさずに済み、モール自体のトラフィックを利用できます。 出店が簡単 ECモールの出店手続きは比較的簡単です。独自のECサイトを構築するためには、ドメイン取得やサイトのデザイン、システム構築など多くの準備が必要ですが、ECモールではこうした初期設定が簡略化されています。 出品者は、モールが提供するインフラを利用するだけで迅速に販売を開始することができ、初期費用や技術的な障害を大幅に削減できます。 幅広い支援サービス 多くのECモールは出店者向けに広告出稿やコンサルティング、物流サービスなどの支援サービスを提供しています。 初心者でも安心して店舗運営を始めることができ、販売促進や業務効率化のためのサポートを受けることができます。 こうしたサービスを活用することで、出店者は販売活動に集中することが可能です。 高い購入率 ECモールは購入を前提に訪れるユーザーが多いため購入率が高いことが特徴です。 ECサイトの平均購入率は1%から2%と言われていますが、ECモールでは5%前後とされています。 モール内で商品を探すユーザーは既に購買意欲が高いため効果的に販売を行うことができます。 ECモールのデメリット   カスタマイズの幅が狭い ECモールの大きなデメリットは、デザインや機能のカスタマイズが制限される点です。 出店者はモールの規定に従わなければならず、独自のブランドや店舗の特色を十分に表現することが難しい場合があります。 例えば、商品ページのレイアウトやプロモーションの表示方法など、モールが提供するテンプレートに制約されるため、自由なデザイン変更が難しくなります。 手数料とコスト ECモールへの出店には、出店料や販売手数料などのコストがかかります。特に、売上に応じた手数料が発生するため、商品が売れれば売れるほど手数料の総額が大きくなるというデメリットがあります。 また、モール内の広告やプロモーション活動にも追加費用がかかることが多く、総コストが高くなりがちです。 このため、利益率を維持するためには慎重なコスト管理が必要です。 ブランドの埋没 ECモール内では多くの競合店舗がひしめいているため、自社ブランドを目立たせるのが難しいことがあります。同一商品を取り扱う他の出店者との価格競争が激しく、差別化が難しいことも一因です。 顧客が特定のブランドに対して強いロイヤルティを持ちにくく、リピーターの確保が難しくなります。ブランドの独自性を保つためのマーケティング戦略が求められます。 自社に最適な選択の判断基準 ビジネスの規模と目標 ビジネスの規模と目標に応じて、ECサイトとECモールのどちらを選ぶべきかが決まります。 例えば、リソースが限られていて、迅速に販売を開始したい場合にはECモールが適しています。集客力の高いECモールでは、初期の顧客獲得が容易です。 一方、ブランド構築や長期的な成長を目指すならば、カスタマイズ性が高く自由度のあるECサイトが最適です。独自のデザインや機能を活用して、ブランドのイメージを強化し、顧客との関係を深めることが可能です。 予算とリソース 予算とリソースも重要な判断基準です。ECサイトを立ち上げるためには、初期費用や運用コストがかかります。サーバーの設定、デザイン、システム開発など、技術的なリソースが必要です。 一方、ECモールでは初期費用や技術的なハードルが低く、簡単に出店できます。しかし、販売手数料や広告費用などのランニングコストが発生します。 予算とリソースに応じて、どちらのプラットフォームが適しているかを慎重に判断する必要があります。 顧客ターゲット 顧客ターゲットも選択の重要な要素です。ECモールでは、広範な顧客層にリーチできるため、多くの新規顧客を獲得しやすいです。特に、知名度の低いブランドやスタートアップにとっては、ECモールの集客力が大きなメリットとなります。 一方、ECサイトでは、特定のブランドや商品のファンをターゲットにしたマーケティングが可能です。顧客データを活用して、パーソナライズされたサービスを提供し、リピーターを増やすことができます。 まとめ ECサイトとECモールの違いを理解することは、自社のオンライン販売戦略を成功させるために非常に重要です。 ECサイトは、自社のブランドやデザイン、機能を完全にコントロールできる自由度の高さが特徴です。 独自のマーケティング戦略やカスタマイズされた顧客体験を提供できる一方で、初期費用や運用コストが高く集客のための継続的な努力が求められます。 対照的に、ECモールは高い集客力を持ち、すでに多くのユーザーが利用しているため、初期の顧客獲得が比較的容易です。出店手続きが簡単で、マーケティングや物流のサポートが受けられる点も大きなメリットです。 しかし、カスタマイズの自由度が低く、販売手数料や広告費用などのランニングコストがかかるため、利益率を高く保つことが難しい場合があります。 どちらのプラットフォームを選ぶべきかは、自社のビジネスモデルやリソース、目標に依存します。 迅速に市場に参入して短期的な売上を上げたい場合はECモールが適しています。長期的なブランド構築やカスタマイズされた顧客体験を提供したい場合はECサイトが最適です。 最終的に、自社の状況に最適なプラットフォームを選び、適切な戦略を立てることで、オンライン販売の成功を目指しましょう。

    【重要!】Googleビジネスプロフィールで作ったサイトが見られなくなります!

    公開日:2024.1.18

    • ホームページ制作

    Googleビジネスプロフィールで作ったウェブサイトの提供が2024年2月29日で終了します。 Googleビジネスプロフィールのウェブサイトを利用している場合、遅くとも2024年6月10日までに別のウェブサイトに移行するなどの対策が必要です。 詳細はGoogleビジネスプロフィールのヘルプセンターに掲載されています。 出典:Googleビジネスプロフィールサポートセンター   対応方法として、以下の方法が考えられます。 無料で使えるツールはいくつもありますが、Googleビジネスプロフィールと同様サービス終了のリスクを伴います。 独自ドメインを取得して自社サイトを運営することで、突然のサービス終了など予期しない事態を回避できます。 サービス終了のステップ サービス終了は次のステップで進められます。 サイト制作サービスを利用している場合、管理用メールアドレスに「Google ビジネス プロフィールで制作されたウェブサイトに関する重要なお知らせ」という通知が届きます。 サービス終了前に自社サイトの制作が必要 公式サイトを別で運営している場合は大丈夫ですが、Googleビジネスプロフィールで制作したサイトを公式サイトとして運営している場合、サイトを新たに制作する必要があります。 サイトのURLが変わるので、名刺や社用車、パンフレットなどにQRを貼っている場合は、6月1日以降は「利用できないサイト」につながってしまいます。 公式サイトが表示されないとユーザーから不信感を持たれてしまいます。最悪、閉業したと勘違いされる恐れもあるため、新サイト制作だけではなくQRコードの修正など対応も必要です。 自社サイト制作のご相談はぜひ弊社まで! Googleビジネスプロフィールで作ったサイトを公式サイトとして運用していた場合、早急な対応が必要です。 弊社は、富山県のWEB制作会社として幅広い業種のウェブサイトを制作してきました。 この機に自社サイト制作をご検討でしたら、ぜひご相談ください。 デザイン・コンテンツだけでなく、ユーザーの興味を惹きつけ集客・売上増につながるウェブサイトをご提案させていただきます。

    美容室・美容院がホームページを制作するメリット

    更新日:2023.12.27

    公開日:2023.11.15

    • ホームページ制作

    美容室を探すとき、パッと思いつくのホットペッパービューティーなどのポータルサイトです。 集客のために登録しているお店も多いと思いますが、それだけで十分だと考えていませんか? 結論をいうと、ポータルサイトへの登録だけでは不十分。集客を強化したいなら自店のホームぺージも必要です。 66%のユーザーがホームページをチェック 出典:HAIRLOG(ヘアログ)-美容室選びで「公式ホームページをチェックしますか?」のアンケート調査 HAIRLOGが実施したアンケートでは、ポータルサイトで美容室を探すユーザーは77%という結果となり、検索エンジンを利用するユーザーも27%いることが分かりました。 また、美容室を選ぶ際にホームページをチェックするユーザーが66%になりました。ポータルサイトで見つけた美容室の詳しい情報を、ホームページで確認するユーザーが多いことが伺えます。 ホームページをチェックする理由として、以下のものが挙げられます。 こうして見ると、来店前に詳細な情報を得たいユーザーが多いことが分かります。 ホームページでポータルサイトに載せられない情報を補完すれば、間違いなく集客力の強化につながるでしょう。 ホームページをつくるメリット 新規客を集められる ホームページがあれば自由に情報を載せられます。写真の枚数、ぺージの内容・構成まで思い通りです。 ポータルサイトは簡単に登録でき、ホームページ制作に比べて費用も安く済みますが、テンプレート形式のため載せられる情報に制限があります。 ポータルサイトに載ってない情報を確認するためにホームページへアクセスするユーザーが多いのはこのためです。 デザイン面でオリジナリティも出せないため、他店との差別化も図りにくいというデメリットもあります。 ホームページに詳細な情報を載せておけば、ユーザーの不安を軽減して来店してもらえる可能性が高まります。 お店の魅力を伝えられる 来店を考えているユーザーにお店の雰囲気を伝えやすいこともホームページのメリットです。自店の強みをしっかり表現できるのもポイントです。 「こんなスタイルが得意」 「こんなお客様におすすめ」 強みやおすすめポイントをしっかり訴求できれば、「一度行ってみようかな」と思ってもらえます。 たとえば、どのお店でカラーしてもしっくりこないと悩むユーザーに「思い通りのオリジナルカラーを配合します」と訴求できれば、期待値が高まり来店してくれるでしょう。 ホームページの最大のメリットは、このように「ここにしかない価値」を表現できることです。 キャンペーンなど情報発信しやすい TOPページに告知スペースを設ければ、キャンペーン情報や新サービスを掲載できます。 周年イベントやお得なキャンペーン、新しいサービス情報を掲載することで、定期的に来店するキッカケになります。 ブログで集客を強化できる ブログで情報を更新すれば、お店の変化を感じ取ってもらえます。積極的に情報を発信しているホームページに対して、ユーザーは好感・信頼を感じる傾向があります。結果として、集客アップが見込めます。 また、ブログを継続して更新すればSEO面でも効果が見込めます。検索上位を獲れれば、ホームページの維持費だけで安定した集客が可能になります。 スタッフの魅力を伝える スタッフ紹介や得意なスタイルを自由に掲載できることも大きなメリットです。 お客様は自分にぴったりのスタイルを見つけられ、スタッフの経歴や技術についても事前に知ることができます。 24時間365日受付け ホームページがあれば、いつでも予約を受け付けられます。お客様が予約したいときに予約できる環境は、他店にお客様をとられないための重要なポイントです。 予約フォームを導入し、お客様がいつでも予約できる環境を必ず準備しておきましょう。 スタッフを採用できる 人手不足の美容業界では、スタッフを増やしたいが応募がこない…という声も聞こえます。顧客が多くても対応するスタッフが足りないと悩むオーナー様も多いのではないでしょうか。 そこで有効なのが、ホームページに採用情報を載せるという方法です。採用活動をしている美容師にとってもホームページは貴重な情報源です。 福利厚生など必要な情報を網羅すれば、応募に対して前向きになる可能性が高くなります。 カットモデルを集めやすい スタッフだけでなく、カットモデルを集めやすくなることもメリットです。ホームページがあると信頼を得やすくなり、カットモデルも依頼しやすくなります。 得意なスタイル、ヘアカタログを掲載すれば、「このお店になら任せていいかな」と思ってもらえる確率も高まるでしょう。 オフライン集客との相効果を狙える 少し前までネットとリアルの集客は切り離して考えられていました。しかし、今ではネットとリアルを融合させて考えることが当たり前になりました。 フリーペーパーに載っていたお店のホームページを見る。ホームページで見ていたお店を店舗の前を通りがかって思い出す。こういったことはよく起こります。 美容業界では、オフライン → オンラインという流れが非常に多いという特徴があります。フリーペーパーを見てネットで調べたとき、ホームページがなければ不信感につながります。 せっかくオフライン媒体に情報を載せても、受け皿となるホームページがなければ効果半減です。オフライン・オフライン両方を活用してうまく相乗効果を狙いましょう。 ホームページをつくる際のポイント 美容室は同じ地域にいくつも店舗がある傾向があります。 競合が多いため、自店ならではの魅力や強みをどれだけアピールできるかが重要です。 ホームページを活用して集客・売上増を達成するためにも、次のポイントをしっかり押さえましょう。 自店のコンセプト・ターゲット(ペルソナ)を明確に ホームページをつくる上で重要なのは、コンセプトやターゲット(ペルソナ)を明確にすることです。コンセプトやターゲットを明確にすれば、より確度の高いユーザーへアピールできます。 ターゲットがずれていると効果的なアピールができません。まずは自社のコンセプトやターゲットを明確にしましょう。 関連記事:「ペルソナ設計」でホームページの訴求力を高めよう デザインにこだわる 前出のHAIRLOGのアンケート調査では、ホームページのデザインやセンスがお店選びに影響すると答えたユーザーが65%となりました。 影響すると答えたユーザーからは、以下の理由が挙げられています。 ホームページがオシャレだと「いきたいと思う」「期待値が増す」「値段が少し高くてもいってみたくなる」とポジティブな印象になり、お店選びにプラス効果を与えるため、デザインはとことんこだわりましょう。 写真・動画でお店の魅力を伝える 「キレイになりたい」という欲求を持つユーザーに対して、ヘアカタログ、施術後のスタイル、お店や施術中の雰囲気を伝える動画など視覚に訴えるコンテンツは非常に効果的です。 訴求力の高い動画は、とくに取り入れたいコンテンツです。ホームページ制作会社には動画も手掛ける会社も少なくありません。ホームページ制作の依頼先を探す際は、動画もつくれるか確認してみましょう。 関連記事:【伝えるチカラ5000倍!】ホームページに動画を載せて訴求力アップ↑↑ 美容室・美容院のWeb集客 SEO対策 ホームページで集客するなら、必ず取り組みたいのがSEO対策です。 とくに主流となっているコンテンツSEOには力を入れたいところですが、やみくもにコンテンツを増やしても効果は期待できません。 有効なコンテンツはブログ・施術実績です。この2つのコンテンツはできる限り充実させましょう。 インターネット広告 即効性を求めるならインターネット広告が一番です。 新サービスの告知、周年祭のイベントなど、短時間でたくさんのユーザーを集めたいときに効果を発揮します。 最近ではリスティング広告のほか、SNS広告にも力を入れている企業も多く、有効な集客方法として認知されています。 SNS 近年はSNS集客に力を入れる企業が増えており、美容室・美容院も例外ではありません。 とくにインスタグラムは有効な媒体で、施術実績や得意なスタイルをキレイな写真で紹介すると、大きな集客につながる可能性があります。 写真だけでなくショート動画を投稿できるリール機能をうまく活用すれば、施術後のイメージを伝えやすくなります。 テキストだけでは伝えられないイメージも写真や動画を伝わりやすいので、自店の強みをしっかりアピールしましょう。 必要なページは? 美容室のホームページはお客様に予約・来店してもらうことが目的になります。そのため、基本情報のほか予約ぺージなども準備する必要があります。 店舗情報 店舗名やアクセス情報は必ず明記しましょう。店舗情報がないと、いざ来店しようと思ったとき大きな不安を感じてしまいます。 住所だけでなく、マップも載せておくことでお客様は迷うことなく来店できます。予約時に必要な電話番号も忘れず記載しておきましょう。 営業時間・定休日 店舗情報以外にも、営業時間や定休日の明記も必須です。予約しようにも営業時間や定休日が分からないと予定が立てられず、候補から外されてしまいます。 予約なしでも施術が可能な場合は、それも明記しておくとよいでしょう。 お店の強み・ウリ お店を探すとき、どんなお店なのか分からなければ来店にはつながりません。 しっかり固まったコンセプトを持っているなら、お店の雰囲気が分かるホームページ上でしっかり伝えましょう。 コンテストの受賞歴があるスタッフが在籍、どんなカラーでも配合できるなど、持っている強み・ウリはすべて出し切りましょう。 メニューと料金 お店選びで重要なのが、どんなメニューがあるかと料金です。これらの情報がしっかり記載されていないと、お客様は安心して予約できません。 セットメニューを用意しているのであれば、それも含めて記載しましょう。単体メニューよりお得であればアピールすることも大切です。 スタッフ紹介 メニュー・料金と同じくらい気になるのが、「どんなスタッフがいるのか」です。1時間近く一緒に過ごす人なので、なるべく自分に合いそうな人を選びたいと思うのは当たり前です。 「女性のスタッフがいるなら気楽に話したりできそうと思っていたのに、実際は男性スタッフばかりで落ち着かなかった…」といったミスマッチを起こさないためにも、スタッフのプロフィールはしっかり記載しておきましょう。 顔と名前だけでなく得意なスタイル・趣味などを載せることで、お客様に親近感を抱いてもらえるでしょう。お客様とスタッフのマッチングがうまくいくと、リピート率を高める効果もあります。 得意なスタイル 自店が得意とするスタイルをしっかり伝えることで、お客様が施術後の自分をイメージしやすくなります。スタイルを載せるときは、自店のターゲットとなる客層を意識することが重要です。 お客様にとって、「どんなスタイルを提案してくれるのだろう」「どんなオシャレになれるんだろう」はもっとも重要なポイントです。写真の品質はしっかりこだわり、未来の自分をイメージできるものにしましょう。 お店全体だけでなく、スタッフそれぞれの得意スタイルを掲載すると、「この人にカットしてもらいたい」という欲求を高める効果も期待できます。 ヘアカタログ ヘアカタログを充実させると、技術力をアピールできます。 「こんなスタイルにしたいけど、応えてもらえるかな」「こんなカラーにしたいけど今までのお店ではできなかった」といった不安を解消するためにも、なるべく多くのカタログを載せましょう。 カタログを作成するときはショート・ミディアム・ロングのようにカテゴリーを設け、担当スタッフが分かるようにしておけば指名予約の増加も見込めます。 ブログ・スタッフブログ 必須ではありませんが、スタッフブログを載せておくとお客様からの親近感を得やすくなります。 ヘアケアなどのお客立ち情報、お店のイベントやキャンペーンなど定期的に情報発信すると、新規来店やリピートだけでなく、検索順位が上昇することで検索エンジンからの集客も期待できます。 問い合わせ・予約 どれだけホームページをつくり込んでも、疑問は必ず出てくるものです。こだわりや悩みはお客様ごとに異なります。 そうした質問への丁寧な対応が来店につながることも少なくありません。チャンスを逃さないためにも、問い合わせフォームは必ず作成しておきましょう。 予約フォームの導入も忘れてはいけません。お客様にしたら電話予約より手軽というメリットがありますし、お店側も電話対応する人員を削減できます。 なにより、ホームページで強みをしっかりアピールして興味を持ってもらえたのに、「WEB予約ができないのは面倒」と来店してもらえないのはもったいなさ過ぎます。 最近は、低価格でホームページと連動させられる予約システムも増えています。ホームページ制作会社であれば導入は難しくないため、制作を依頼するなら導入可能かも確認しておきましょう。 弊社の制作事例 ヘアーサロンシエル 様 サイトを見る シエル フラッフィー 様 サイトを見る 有限会社BAZ 様 サイトを見る ホームページを活用して集客を 多くのユーザーは、ホームページを見てその美容室にいくかどうかを決めています。 そこそこでいいと思わず、しっかりと力を入れ、お店の強みや雰囲気を伝えられるホームページを制作しましょう。 弊社では、デザイン・コンテンツだけでなく、ユーザーの興味を惹きつけ集客・売上増につながるホームページをご提案しています。 これからホームページを立ち上げる、リニューアルを検討している、もっと集客したいといった場合は、ぜひ一度ご相談ください。

    「ホームページのデザイン」失敗しないイメージの伝え方

    更新日:2023.12.27

    公開日:2023.11.06

    • ホームページ制作

    ホームページを作るとき、制作会社にどんなデザインがいいか伝える必要がありますが、イメージを伝えるのは難しいものです。 「オシャレに」「柔らかい雰囲気」など言葉だけで伝えると、間違いなくギャップが生じます。 例えばこんな風に… イメージが致命的にズレていますが、どちらかが間違っているわけではありません。 「オシャレ」という言葉に対するイメージがそれぞれ違うのです。このズレが生じたまま制作を進めると、イメージとまったく違うデザインができてしまいます。 デザインイメージの正しい伝え方 思い描いたデザインを作ってもらうには、制作会社とイメージを細かく共有する必要があります。 ここでデザインイメージをうまく共有する方法を紹介するので、参考にしてみてください。 目的とターゲットを伝える ホームページには認知度アップや販売などの目的、ターゲットとなるユーザーが必ず存在します。 同じサービスであっても「情報を分かりやすく伝える」のか「購入してもらいたい」では、記載する情報、画像の配置、サイト全体の構成が変わります。ターゲットが女性であっても、年代によって好まれるデザインも違います。 デザインイメージを正しく伝えるためにも、下の3つは必ず共有してください。 ここが依頼側と制作側の間でズレていると、デザイン以前に構成から間違ったものになりかねないので注意してください。 企画を詳しく伝える 制作依頼に至るまでの自社や他社分析、ターゲット分析、ホームページを作る意図・目的など、まとまった企画があれば制作会社と共有してください。 とくにカスタマージャーニーは、ターゲットに向けた企画をデザインに落とし込む大きなヒントになります。 オンリーワンのサービスでないかぎり、同じような訴求をするホームページが存在します。その中に埋もれず、興味を引くデザインを作るためには、できるだけ詳しいペルソナも伝えておくといいでしょう。 関連記事:「ペルソナ設計」でホームページの訴求力を高めよう 言葉はできるだけ具体的に 「オシャレな感じ」といっても、人によって受け取り方は必ず変わります。抽象的な言葉で伝えるのではなく、できるだけ具体的なイメージを伝えましょう。 たとえば「清潔感を感じるブルーをベースにしたデザイン」「モノトーンでシンプルにまとめ、写真で魅力を伝えるデザイン」「明朝体を基調に美しくスッキリしたデザイン」などです。 さらに参考デザインをいくつか用意しておくと、イメージの共有がよりスムーズになります。 参考デザインを共有する 競合他社サイトやギャラリーサイトには、デザインの参考になるサイトはたくさんあります。 その中からイメージに近いものを探して共有し、選んだ理由を伝えましょう。 参考にしてほしい部分も伝える 参考デザインを共有するとき、「参考にしてほしい部分」を伝えるとイメージするデザインに近づきます。 配色なのか、フォントなのか、雰囲気なのか、動きなのか、どんなことでも細かく言語化することがポイントです。 参考にしてほしくない部分も伝える 参考にしてほしくない部分がある場合も具体的に伝えることも必要です。 「配色や全体的な雰囲気は好きだけど、ここのレイアウトが好きじゃない」と思っていても、言葉にしなければ伝わりません。 好きな部分を伝えることに夢中になり、参考にしてほしくない部分を伝え忘れないよう注意しましょう。 参考デザインの探し方 参考デザインを探すオススメの方法は下の2つです。 デザインだけでなく、どんな機能やコンテンツがあるかも参考にしたいところです。 競合他社をリサーチ 1つ目は競合他社のサイトを参考にする方法です。 Webサイトはターゲットとなるユーザーがいて、自社を知ってもらったり、なにかしら行動してもらうために作るものです。そのために参考になるのが、ターゲットが重なることが多い競合他社のサイトです。 競合がどんなWebサイトを持ち、どんなデザインで表現しているか、どんなコンテンツで訴求しているかをしっかりリサーチしていきましょう。 ギャラリーサイトで探す 2つ目はたくさんのWebデザインを集めたギャラリーサイトから探す方法です。 「サイト集」「サイトデザイン」と検索してみてください。デザイン性が高いサイトを集めたギャラリーサイトがいくつもヒットします。 業種、テイスト、カラーなどで検索できるギャラリーサイトもあるので、自分が使いやすいものを探してください。 イメージが固まっていないなら一覧画面の流し見がオススメです。見ていくうちに、必ず「あ、これいい感じ」というサイトが見つかります。 ギャラリーサイトによって掲載しているサイトも違うため、いくつか見て回ってよりイメージと合致したサイトを探しましょう。 おすすめギャラリーサイト 81-web.com | 日本製の優れたデザインを集めたギャラリー 81-web.com 国内サイトをピックアップしたギャラリーサイトです。 こちらもソート機能が充実しているのが嬉しいです。日本人の感性に響くサイトをたくさん見つけられます。 I/O 3000 | 国内外のオシャレなサイトが集う I/O 3000 デザインを探すなら鉄板ともいえるギャラリーサイトです。 国内外のサイトが集められており、ほかのギャラリーサイトでは見ないサイトも目にします。 とりあえず、ここを見ればなにか見つかるだろうという謎の安心感があります。 bookma! | PCサイトとスマホサイトが同時に見れる https://bookma.org/ PCサイトとスマホサイトが同時に見れるギャラリーです。 ギャラリー自体はシンプルなデザインで、流し見しているだけで楽しい気分になってきます。 サイト上部のアイコンをクリックすると、PCサイトのみとスマホサイトのみでソートすることができます。 Web Design Clip | コーポレートサイトのデザインならここ Web Design Clip コーポレートサイト・事務系のサイトが豊富なギャラリーです。 ソートはカテゴリーのほか、メインカラー・サブカラーでもかけられます。 サイドメニューのメニューをクリックすると、日本・海外・LP・スマホサイトに切り替えられます。 SANKOU! | 国内のステキなサイト集 SANKOU! 81-web.comと同様、国内サイトがピックアップされています。 「コンテンツページ」カテゴリでは、各企業のイチ押しコンテンツページが表示されます。 キャンペーンやプロモーションページもたくさん掲載されているので、どんなキャンペーンが流行っているか、どんなプロモーションをしているかなど、世の中の動きも掴むことができます。 参考サイトを探すときの注意点 参考サイトを探すとき、注意点を抑えておかないと難航するだけでなく、ユーザーに適していないデザインになる可能性があります。 紹介する注意点を参考に、適した参考サイトを見つけてください。 自分の好みだけで見ない 参考サイトはあくまで「ユーザーにとって」見やすい・使いやすいデザインを作るためのものです。作りたいデザインイメージがあることは大切ですが、それだけを基準に探すのはオススメしません。 自社のイメージ・想定したユーザー像を考慮したデザインが前提にあることを忘れないでください。 同じ系統だけ集めない 同じようなデザインだけ集めて制作会社に丸投げするのは止めておきましょう。 できるだけ多くのパターンを検討し、さらに部分的に使いたい要素を指定することで提案されるデザインの質も高くなります。 参考にした内容+独自性のあるデザインやコンテンツで構成することで、競合他社との差別化が図れるオリジナルなWebサイトを作ることができるのです。 参考にする部分は最初に固める 制作過程で「レイアウトを変更したい」「参考サイトにはなかったイメージを加えたい」など、変更を積み重ねると参考サイトとかけ離れたデザインになってしまうこともあります。 例えば、カラーを赤から青に変えるとサイト全体のイメージがガラッと変わり、レイアウトや画像も合わなくなったということが起こりえます。 こうなると、デザインを練り直す必要も出てきます。時間がかかることはもちろんですが、追加費用が発生することもあります。 最初に決めたことは、なるべく変えずに制作することをオススメします。 全体の雰囲気を崩さない程度の変更であれば対応できることも多いため、どうしても変えたい部分があるなら制作会社に相談してみましょう。 イメージを正しく伝えて思い描いたWebサイトを ホームページは、制作過程でクライアント・ディレクター・デザイナーなど、さまざまな人が関わります。それだけフィルターが多くなるため、伝えたい・伝えるべき情報は具体的にすることが大切です。 デザインは企業イメージやブランディングにおいて重要な要素となります。フワッとしたイメージだけでなく、できるだけ細かく練り上げ、思い描いたWebサイトを作り上げましょう。

    ホームページを持つべき理由と持たないデメリット

    更新日:2023.12.27

    公開日:2023.11.02

    • ホームページ制作

    ホームページを持っていないのであれば、大きな損失を生んでいる可能性があります。 なぜなら、93%の購入者は検索エンジンを使って商品を探し、82%のユーザーは検索エンジンを使って地元のビジネスを探すからです。 ホームページを持っていないと、多くのユーザーにあなたの会社やビジネスを見つけてもらえません。 そのため、どんな業種でもホームぺージの必要性は高いといえます。 ホームページを持つことで、あなたの会社やビジネスをより多くの人に知ってもらい、成功に導くことができます。 ホームぺージが必要な理由 企業や個人事業主にとってホームぺージが必要な理由として、下の2つが挙げられます。 購入者の93%が検索エンジンを利用 Adobe社のhttp://Adobe Experience Cloud Blog によると、BtoB購入者の93%が当該商品を検索エンジンから探していると述べています。 つまり、ホームぺージを持たない企業は93%のユーザーに売り込めないということです。 売上はもちろん、認知向上にもホームぺージは必須といえるでしょう。 ユーザーの82%がローカルビジネスを検索エンジンで探す ホームぺージが必要な理由の2つ目は、スマホユーザーの82%がローカルビジネスを探すとき検索エンジンを使っているということです。 参考:Mobile Marketing Micro-Moments – Think with Google googleの調査で、特定エリアでランチを探すとき「〇〇駅 ランチ」のように検索して予約や訪問をする人が多いことが分かっています。 生活圏にあるお店であってもユーザーから認識されているとは限りません。そのため、ローカルビジネスでもホームページによる認知向上は欠かせません。 ホームぺージを持つメリット ホームページを持つメリットはさまざまですが、大きく下の8つが挙げられます。 信頼性が上がる 検索しても情報がまったく出てこない企業と進んで取引をしたい人は少ないでしょう。名前を検索しても情報が見つからないお店にいこうと思う人もいないはずです。 逆に、最低限のページしかないホームページでも持っているだけで一定の信頼や安心感を得られます。 集客力アップ 企業の集客方法としてインターネット広告やテレビ、紙媒体での広告がありますが、一般的には非常に高額な費用が発生します。即効性や効果は高いものの継続性が低いというデメリットもあります。 その点、ホームページは継続的な集客が期待できます。情報更新やSEOなどでホームページを周知できれば、ほかの媒体に比べて圧倒的に高い費用対効果をたたき出すことも珍しくありません。 売上アップ ホームページを持つことで売上アップも期待できます。 たとえば、オフラインでの販売がメインの企業や店舗がECサイトを開設すれば、オンライン上でも商品を販売できます。最近では、個人経営の飲食店もEC販売用の商品を開発し、売上を大きく伸ばすケースもあります。 販売チャネルを増やせば、売上にもよい影響を与えるでしょう。 顧客分析ができる ホームページのアクセス解析から、顧客の分析やマーティング戦略の立案ができるようになります。 GA4(Google アナリティクス)を導入すれば、どんなキーワードでアクセスしたか、サイト内でどんな行動をしたか分析できます。 分析結果からユーザーニーズを読み取ったり、改善点を発見したりして商品・サービスに反映させることも可能になります。 問い合わせ窓口の確保 ホームページがないと問い合わせ先が分かりません。せっかく自社の商品やサービスに興味を持たれても、連絡が取れなければ購入してもらえるチャンスを逃すことになります。 企業情報を載せるポータルなどで探せる場合もありますが、ユーザーはよほど「ほしい」と思わなければそこまでして連絡しようと思いません。 ホームページを開設して問い合わせフォーム設置や電話番号の記載をしておけば、機会損失を防ぐことができます。 採用活動ができる ホームページがあれば、求人媒体を利用しなくても求人募集ができます。求人媒体を利用する場合も、ホームページがあれば求職者が信頼・安心感を持ちやすくなります。結果として、より多くの募集を得られるでしょう。 求める人材、企業理念、先輩インタビューなど、求人向けのコンテンツを充実させれば求職者とのミスマッチも防げます。 デジタル名刺になる ホームページには企業の連絡先、提供する商品やサービスなどが記載されているため、デジタル名刺としても活用できます。 問い合わせ前に詳細な情報を得ることで、ビジネスを円滑に進められる効果も期待できます。 コスト削減になる ホームページは周知できれば24時間365日働いてくれる営業マンになります。 よくある質問や商品説明動画などを載せることで、商品説明などにかかる人件費を減らすことができます。電話対応をする場合も、ホームページを見ながら説明することで伝わりやすくなるメリットもあります。 労力がかかりがちな問い合わせ対応も減らせ、大幅なコスト削減が期待できます。 ホームぺージを持たないデメリット ホームページを持たない企業にとって最大のデメリットは機会損失です。 ホームページを持たなければインターネット上でのビジネスチャンスはほとんどありません。ホームページがないことで信頼性やブランドイメージの低下につながる可能性もあります。 イメージが悪くなる 現在は多くのユーザーがインターネットで商品やサービスを探しています。詳細情報や信頼性をリサーチするために利用されるのがホームページです。とくに、BtoBビジネスではその傾向が強くなります。 ホームページがなければ安心材料を見つけられず、購入や申し込みを見送るユーザーも増えるでしょう。このような機会損失を防ぐためにも、ホームページは重要なツールとなっています。 気軽に問い合わせができない ユーザーが問い合わせしたいと思ったとき、ホームページがなければどこに問い合わせればいいか分かりません。ポータルなどで連絡先が分かっても、電話での問い合わせはハードルが高いため、機会損失が生まれます。 インターネットが主流になっている現在は、ネット上から気軽に問い合わせできることが求められます。チャットボットの導入が増えたことからも分かるとおり、気軽に問い合わせできる環境づくりはユーザー獲得における重要な施策となっています。 競合他社に負ける サービスや商品の詳細が知りたいとき、電話で問い合わせるのは心理的ハードルが高いです。 自社がホームページを持たない一方、競合が商品やサービスの魅力・特徴を分かりやすく紹介していたり、気軽に問い合わせできる機能を提供していたら、ユーザーは間違いなく競合に流れるでしょう。 このような流れができてしまうと、ユーザーをどんどん競合に奪われ、大きなダメージを負うことになってしまいます。 サービス・商品を継続的にPRできない サービスや商品のPRなら、インターネット広告や紙媒体、マンパワーによる営業でも可能です。しかし、持続性がなく時間が経過することで効果が薄まるデメリットがあります。 ホームページは周知できれば継続して集客効果を発揮します。言い換えれば、ホームページを持っていないということは、継続的なPR方法を持っていないという状態にあるということです。 企業、事業者にとってホームぺージは必須ツール! 企業や事業主にとって、ホームページを持たないことで生まれるデメリットは今後ますます深刻化していくでしょう。 ホームページはユーザーとのファーストコンタクトの機会となり、情報提供や信頼獲得の場にもなります。インターネット上にいる潜在ユーザーとの機会損失を防ぐためにも、自社に最適なホームページを持つ必要があります。 ホームページ制作、リニューアルでお悩みであればご相談ください。弊社が持つ知識・経験で、御社のビジネスを加速させるホームページをご提案します。

    スマホ対応は「レスポンシブデザイン」がおすすめ!

    更新日:2023.12.26

    公開日:2023.10.10

    • ホームページ制作

    レスポンシブデザインは、画面サイズやデバイスに応じてホームページのレイアウトや表示を自動的に調整する技術です。 スマートフォンやタブレットが普及したことで、ホームページ制作において欠かせない技術となっており、導入することで以下のメリットが得られます。 この記事では、レスポンシブデザインの概要やメリット・デメリット、導入方法などを詳しく解説します。 ホームページの制作やリニューアルを検討している方は、ぜひ参考にしてください。 レスポンシブデザインとは レスポンシブデザインは、ホームページを閲覧しているデバイスやブラウザに合わせレイアウトを自動で最適化するWebデザインです。 ひとつのデザインで様々なデバイスに対応でき、ユーザビリティ向上、制作費や管理コストの削減、ブランディングしやすいなどメリットも多くあります。 レスポンシブデザインの仕組み レスポンシブデザインの登場以前は、PC・スマホ・タブレットそれぞれに合わせてHTMLファイルを作る必要がありました。 対して、レスポンシブデザインはひとつのHTMLファイルを用意し、メディアクエリ(閲覧環境に合わせてスタイルを切り替える機能)で制御します。 画面サイズに合わせてレイアウトやデザインを自動で調整するため、デスクトップからスマホまで幅広いデバイスに対応できるようになります。 なぜレスポンシブデザインにするのか レスポンシブデザインの必要性が急速に広まったのには2つの理由があります。 モバイル・ファースト・インデックスは、Googleのクローラーがインデックスと検索順位の決定にモバイル版コンテンツを使用する仕組みです。 以前はPC用クローラーとモバイル用クローラーが存在していましたが、2021年3月からモバイル用クローラーのみになりました。 これにより、ユーザビリティ向上だけでなくSEO面においてもスマホ対応が必要になり、そのための方法としてレスポンシブデザインが広がっていきました。 スマホユーザーファースト スマホ対応をしていないホームページをスマホで閲覧するとPCサイトが表示されます。 その際、文字が小さくて読みにくい、横幅がディスプレイ内に収まらないといった不都合が起こり、見にくく使いにくいホームページになってしまいます。 その結果、ユーザーにストレスを与え、時代に追いついていないというネガティブイメージを持たれてしまう可能性があります。ホームページからの離脱も助長するため、コンバージョンも期待できないでしょう。 レスポンシブデザインであればデバイスごとに最適化されて表示されるため、ユーザーにとって使いやすくコンバージョンも期待できるホームページが作れるでしょう。 Googleが推奨している スマホユーザーが増えたことで、Googleはモバイル端末で表示されるホームページが「見やすく操作しやすいか」「ユーザーが求める情報があるか」など、モバイルユーザー視点での評価を重視するようになりました。 スマホ対応の方法はいくつかありますが、中でもレスポンシブデザインはGoogleが推奨しています。そのため、特別な理由がないならレスポンシブデザインを採用するのが無難です。 レスポンシブデザインにするメリット レスポンシブデザインは得られるメリットが多く、スマホ対応の主流にもなっています。 ユーザビリティの向上 閲覧したホームページの操作性が悪く、すぐに閉じてしまったという経験はありませんか?スマホ対応されていないホームページは、ユーザビリティにおいて大きなデメリットが生まれます。 レスポンシブデザインにすればユーザーの閲覧環境に合わせて表示を最適化できるため、操作性がよく見やすいホームページにでき、ユーザビリティが向上します。 結果的に離脱率・直帰率の低下、ページビュー数増やコンバージョン率向上が期待できます。 SEO効果 レスポンシブデザインはSEO評価においても有利です。 PC用サイト、スマホ用サイトをそれぞれ用意する方法だと、アクセス数や被リンクによる評価が分散されるため、SEOの観点から見ると良い方法とはいえません。 レスポンシブデザインであれば、1つのURLでデバイスごとに最適化できるためアクセス数が分散されず、より多くのユーザーが閲覧しているホームページとして検索上位に入れる可能性が高まります。 管理・更新しやすい レスポンシブデザインは複数のレイアウトが存在しますが、1つのHTMLを更新するだけでPC用・スマホ用の両方を更新できます。反対に、複数のHTMLがある場合はすべてのソースを更新する必要があります。 こういったことからも、レスポンシブデザインは管理・更新コストに優れているといえます。 また、アクセス解析がしやすいというメリットもあります。1つのURLしかないためPC用・スマホ用を一括で分析できることは、マーケティング面において有利に働きます。 更新を制作会社に依頼している場合は、更新費用の節約などコスト削減にもつながります。 デザインが統一される 1つのデザインでPCやスマホ、タブレットなど複数の端末で最適化できることは、レスポンシブデザインが持つ大きなメリットです。 ベースが同じデザインでレイアウトなどを最適化しているため、どのデバイスで見てもデザインに統一感が出て、ブランディングにおいても有利に働きます。 反対にPC用・スマホ用それぞれでページを作るとデザインの幅は広がりますが、あまりに違うデザインにすると、同じユーザーが異なるデバイスでアクセスしたとき違和感を与えてしまいます。 ユーザビリティ・ブランディング面において、どのデバイスでもある程度共通するデザインにしたほうが良いことを考えると、あえてデバイスごとに異なるデザインを作るメリットは少ないです。 このことからも、レスポンシブデザインはスマホ対応において優れた手法といえます。 コスト削減 レスポンシブ対応していないホームページは、PC用・スマホ用それぞれページを作る必要があります。内容は同じであっても工数は2サイト作る分かかるため、制作費も当然2倍かかることになります(実際には割引してくれる制作会社も多いです)。 また、更新する際のコストもPC用・スマホ用それぞれにかかります。数回程度であれば許容できるかもしれませんが、定期的に更新が必要なコンテンツが多いと、将来的に大きな費用がかかります。 レスポンシブデザインであれば、1回の作業で済むため費用も節約できます。自社で更新する場合も人件費節約につながるため、コスト面を考えるのであればレスポンシブデザイン一択になります。 レスポンシブデザインのデメリット メリットの多いレスポンシブデザインですがデメリットもあります。 ただ、メリットを打ち消すほどのものではないため基本的にはレスポンシブデザインを採用して問題ありません。 CSSの記述が必要 レスポンシブデザインを実装するなら、レスポンシブ用CSSを記述する必要があります。 CSSとは、ホームページの文字や背景のサイズを設定するための言語です。 レスポンシブは1つのファイルでデバイスごとに表示を最適化するため、CSSで文字サイズや背景サイズを設定する必要があります。 自社でデザインやレイアウトを変更・更新する場合、慣れていないと作業工数がかかりコストがかさむというデメリットが生じます。 表示速度が遅くなる レスポンシブデザインは1つのURLで異なるデザインを表示させるため、モバイル版ページを表示する際もPC用のHTMLを読み込んでしまいます。 コンテンツ内容や作り方によっては、すべてのコンテンツが表示されるまで時間がかかり、スマホユーザーの離脱率を高める恐れがあります。 表示速度が遅いとユーザーの離脱率が跳ね上がるため、画像圧縮を徹底するなど対応が必要になります。 関連記事:ホームページを見てイライラする理由1位「読み込みが遅い」 デザインの自由度が低い レスポンシブデザインは1つのHTMLをCSSで見せ方を変えているため、デバイスごとに大きくデザインを変えることができません。 そのため、デバイスごとにターゲットや訴求方法を変えたいなら、レスポンシブデザイン以外でのスマホ対応を検討する必要があります。 制作期間が長くなる CSSの記述が複雑なレスポンシブデザインは、その分制作に工数がかかります。デバイスごとに文字サイズやデザイン、幅などを細かく調整する必要があるからです。 コーディングに慣れていないと制作に時間がかかるうえ、スマホやタブレットでの表示確認など手間がかかります。 自社でのレスポンシブデザイン実装に不安な場合は、制作会社への依頼をお勧めします。 レスポンシブデザインの種類 レスポンシブデザインの種類は主に4つです。 レスポンシブレイアウト 画面の幅のサイズに合わせてCSSを切り替える リキッドレイアウト デバイスの画面幅に応じて柔軟にレイアウトを変更 フレキシブルレイアウト リキッドレイアウトに画面の最小幅と最大幅を指定する グリッドレイアウト 画面の幅に合わせてボックス型のコンテンツを並べる レスポンシブレイアウト 閲覧するデバイスに合わせてCSSを切り替える、もっとも取り入れやすいレイアウトです。 どの端末でもレイアウトが崩れず、文字や画像のサイズを変更することで切り替えます。切り替えのピクセル数はブレイクポイントで指定します。 コンテンツごとにPCでは表示してスマホでは表示しないなど、デバイスごとの管理・修正がしやすいというメリットがあります。 新しいサイズのデバイスが出るたびにブレイクポイントの対応をする必要があり、デバイスごとにレイアウトを変えると読み込みに時間がかかるデメリットがありますが、導入コストや管理・更新のしやすさはピカいちです。 リキッドレイアウト 横幅を100%とし、端末の横幅に合わせてデザイン・レイアウトを縦に伸縮させます。縦スクロール限定のため横スクロールのホームページは対応できません。 スマホでもPCに近いレイアウトで表示されるのが特徴で、コンテンツ数が少ない場合やすべての端末で同じホームページを表示させたい場合に利用されます。 レスポンシブレイアウトに比べ、スマホやタブレットの規格変動に対応しやすい手法です。ただし、コンテンツによってはPCでは横に伸びたように表示されるというデメリットがあります。 フレキシブルレイアウト リキッドデザイン同様、コンテンツごとにパーセントで設定するのは同じで、加えて画面の最小値と最大値を設定でき、大画面のPCでもデザイン崩れが起きにくいのが特徴です。 サイト周りに余白を付けたい場合や、PCのデザインだけ固定したい場合に利用されます。 外部記述をCSSでしなければいけないため、導入にはCSSの知識とスキルが必要です。 グリッドレイアウト 雑誌などでよく見るレイアウトですが、ホームページでもよく取り入れられます。 コンテンツを格子状に並べるためすっきりと見やすいレイアウトに仕上がり、どんな幅のデバイスでも表示を崩さずきれいに表示させられます。 レスポンシブデザインの参考になるサイト集 Responsive Web Design JP https://responsive-jp.com/ レスポンシブ対応された日本のホームページを紹介しています。 デザイン性の高いホームページが多く、PC・スマホ・タブレットのサイトを一覧で見れることが特徴です。 WebDesignClip https://sp.webdesignclip.com/ 最新トレンドを押さえたおしゃれなホームページを集めたデザイン集です。 キーワード・カテゴリー(業種)カラー・レイアウトで絞り込めるため、自社イメージ合う参考サイトを見つけやすいでしょう。 sps collection https://spscollection.com/ スマホデザインに特化しており、豊富なジャンルが網羅されています。 デザイン性の高いホームページが多く、レイアウトを考える際は参考にしたいデザイン集です。 レスポンシブデザインを実装する方法 ①自社でコード・CSSを実装する 自社でレスポンシブデザインを実装します。手順は以下の通りです。 ここから、それぞれの手順を詳しく解説します。 ①ブレイクポイントを決める デザインが切り替わる画面幅をブレイクポイントと呼びます。 ブレイクポイントの数値については様々な意見がありますが、2023年10月現在のお勧めは下の通りです。 ちなみに、各デバイスのサイズ幅はこんな感じになります。 レスポンシブデザインを実装するときは、ホームページが閲覧される端末サイズを想定して事前に設定しておきます。 PC・スマホの画面サイズを考慮する必要があるため、2ヶ所で設定することが多いです。 上記サイズを参考にして、最適なブレイクポイントを設定してください。 ②meta viewportタグを追加 HTMLファイルで制作されたホームページの場合はHTMLファイルのヘッダー部分に記述。WordPressで制作しているならテンプレートファイル(header.php)に追記します。 ③CSSファイルの記述 viewportタグを追加したら各デバイス用のCSSを用意します。横幅ごとに見せ方を変える記述で、メディアクエリと呼ばれます。 横幅は任意で変えられるので、主流のスマホの横幅などを参考に決めるとよいでしょう。 テンプレートを使う コードやCSSの実装は知識やスキルがないと敷居が高いと思います。そこでお勧めなのがテンプレートを使ってホームページを作る方法です。 無料でもデザイン性が高く、SEOを考慮したテンプレートもたくさんあるので利用してみてはいかがでしょう。 テンプレートが紹介されているサイトをいくつか紹介しておきます。 TempNate https://tempnate.com/responsive/ 企業サイトや学校、通販サイトなどに対応したテンプレートが10シリーズ用意されています。各シリーズでカラーや幅、コンテンツ位置などバリエーションが豊富なのも大きな特徴です。 無料版はフッターに著作テキストが表示されていますが3,980円で削除できます。 ヘッダーなどのパーツや画像素材もダウンロード可能で、テンプレートの設置方法が丁寧に説明されているので初心者の方でも安心です。 無料ホームページテンプレート.com https://f-tpl.com/ HTMLサイトとWordPressのテンプレートがあり、どちらもレスポンシブ対応されています。 テンプレートは無料で使えますがページの最深部に著作テキストがあり、削除するには2,980円で購入できるシリアルキーが必要です。 デモサイトやシミュレーターを使えば各デバイスでの表示を確認できます。 TEMPLATE PARTY https://template-party.com/ 商用利用可能なレスポンシブデザインのテンプレートが無料配布されています。 様々な業種に対応したテンプレートが用意されており、その多くがレスポンシブ対応されていることが特徴です。 テンプレートとCMSをセットにした「+CMS」も有償販売されています。 制作会社へ依頼する 技術的に実装が難しい場合、制作会社へ依頼する方法があります。 自社にホームページ制作の経験がある人がいない場合、想定より工数がかかることがあり、人件費や時間的コストがかさむことも珍しくありません。 制作会社であれば様々な企業のホームページがを作っているため知識や実績が豊富です。実績ページなどを見て、イメージ通りの自社ホームページを作ってくれそうだと思ったら相談してみましょう。 レスポンシブデザインのホームページをつくるポイント スマホデザインから着手する スマホファーストのホームページを作るなら、デザインはスマホサイトから取り掛かりましょう。スマホで見られることを前提に制作し、ほかのデバイスでも表示を最適化していきます。 この手順であれば、どのデバイスでもユーザーにストレスを与えないデザインに仕上げられます。 スマホの操作性を考慮する マウスやキーワードのないスマホでは、タッチ操作が主流です。ボタンなどのクリック要素は配置に余裕を持たせるなど、タッチデバイスを中心にレイアウトを設計しましょう。 重要な情報はページ上部に 様々なデバイスに対応するデザインは、重要な情報は目に入りやすいページ上部に配置することが大切です。 スマホで閲覧される場合、画面サイズに制限があるため、あまりスクロールさせない位置に情報を置くことで見落とされるリスクを減らすことができます。 動画・画像を最適化 データ通信料によっては大きなコンテンツが表示されるまでに時間がかかるため、ユーザビリティやSEOに悪影響が出ます。 そのため、画像サイズや解析度を最適化するといった工夫が必要になります。 レスポンシブデザインになっているか確認する方法 自社ホームページがレスポンシブデザインに対応しているか確認できるツールです。 「自社ホームページが対応されているか分からない」 「レスポンシブデザインを実装したが、最適化されているか確認したい」 といった場合は利用してみてください。 Am I Responsive? https://ui.dev/amiresponsive URLを入力するとPC・ノートパソコン・タブレット・スマホ別にレイアウトが表示されます。 Responsive Checker https://responsivedesignchecker.com/ URLを入力するとデバイスの機種ごとにレイアウトが確認できます。 モバイルはiPhoneやAndroidなど計19種類、PCでは解析度ごとに表示を確認できます。 メニューのリンクもつながっているので下層ページの表示も確認可能です。 レスポンシブWebデザインチェックツール http://lqd.jp/lab/rwd.html 5種類のデバイスでの表示を一目で比較できます。 スクロールやリンククリックも可能なので、各デバイスでの見え方・使い勝手も確認できます。 レスポンシブデザインでスマホ対応しよう レスポンシブデザインの実装は、ユーザービリティ向上やSEO評価など多くのメリットにつながります。 管理・更新の工数も少ないため、制作会社に更新を依頼する際の費用、自社運営者の業務効率向上なども期待できます。 様々な環境のユーザーにとって見やすく、使い勝手に優れたホームページを構築しましょう。 弊社にはレスポンシブデザインに対応したホームページのプランニング・デザイン・構築まで多数の実績があります。 「早急にスマホ対応したい」 「自社で実装しようとしたが上手くいかない」 など、スマホ対応でお悩みであれば気軽にご相談ください。

    ホームページをリニューアルすべきタイミング

    更新日:2023.12.27

    公開日:2023.8.31

    • ホームページ制作

    ホームページの賞味期限は3~5年です。作ってから5年以上経つと「古さ」を感じさせ、使い勝手も悪くなるため、定期的なリニューアルが必要です。 本記事では、リニューアルのタイミング、リニューアルする際の注意点を解説します。 ホームページのリニューアルは、企業のブランディングや売上アップにつながる有効な施策です。 本記事で紹介したポイントを参考に、自社に最適なタイミングでリニューアルを実施してください。 リニューアルが必要になる要因 リニューアルのタイミングはさまざまな要因で訪れます。 下に挙げた要因がひとつでも該当したら、リニューアルを検討すべきです。 ここから、それぞれの要因を詳しく解説していきます。 作ってから5年以上経った ホームページの賞味期限は3~5年といわれています。 デザインのトレンド、必要な機能、検索意図の変化など理由はたくさんあります。 ユーザーが好むコンテンツの変化も見逃せません。YouTubeなど動画コンテンツに慣れたユーザーが増え、ホームページにも動画を載せる企業が増えました。 ホームページの印象をそのまま企業に結びつけるユーザーも少なくありません。「見にくい」「使いにくい」ホームページだと企業イメージの低下にもつながります。 時代に合わせて常に変化させることが、長く愛されるホームページに育てる秘訣です。 アクセス数が低下している アクセス数が減少する原因はさまざまですが、とくに以下の原因が大きく関係します。 ネットでの情報集めが当たり前になり、ユーザーは鮮度の高い情報を求めるようになりました。古い情報が並び更新もなければ、ユーザーからの信頼を失いアクセス低下につながります。 情報だけでなく、デザインが古い場合も「見にくい」「使いにくい」といった印象をユーザーに与えてしまいます。一度そう認識されれば、サイトが検索結果に表示されても再アクセスはされないでしょう。 検索順位の下降も考えられます。コンテンツの追加や情報の更新をしても効果が出ない場合は、ホームページの構造自体が検索エンジンから評価されないものになっている可能性があります。 コンテンツに手を加えても検索順位が上がらないなら、リニューアルどきと判断してもいいでしょう。 運用の目的が変わった 作った当時とホームページの目的が変わったときもリニューアルのタイミングです。 例えば「認知拡大」から「販売・申し込み」といった変化です。 目的が変化したのに同じように運用していては、求める成果は得られません。 ホームページからの成果を求めるなら、戦略や目的に沿ったものにする必要があります。 コンバージョンが減っている コンバージョンの減少も情報の鮮度が大きく関わります。すでに撤退したサービスや新しくリリースした商品・サービスが反映されていないときは、すぐに対応が必要です。 問い合わせフォームなど、コンバージョンポイントが最適化されているかも検証しましょう。 問い合わせ・資料請求・申し込みなど複数のコンバージョンに対し、同じフォームで対応しているとユーザビリティが低下し、コンバージョン率が低下します。 項目が多すぎる、エラー内容が表示されないといった、フォーム自体の利便性が関係している可能性もあります。 コンテンツ・機能ともコンバージョン獲得に対して最適化されていない場合は、早急にリニューアルを検討すべきです。 デザインが古くなった 自社のホームページを見て「なんか古臭く見えるな…」と思ったらリニューアルどきです。 ホームページのデザインは、3~4年経つと古くなります。 ブランドイメージもあるためトレンドを追いすぎる必要はありませんが、ブラウザやデバイスなど閲覧環境に合わせて、デザインも更新する必要があります。 パソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットでも見やすいデザインになっているかも重要です。 あまりにデザインが古いと「変化に取り残された企業」というイメージを持たれる危険もあります。 制作から5年以上経っていると古臭さが増します。トレンドや自社が打ち出したいイメ―ジに合わせた、モバイルフレンドリーなデザインへ刷新しましょう。 機能が古くなった 制作から時間が経つと、ブラウザのバージョンによってはレイアウトが崩れる、特定なブラウザで見れなくなるといった不具合が起こります。 ブラウザの機能が更新されることで、ホームページが正しく機能しなくなることもあります。 今使っている機能が、今後もあり続けるとはかぎりません。 ブラウザのアップデート、サポートなどの関係で機能が動作しなくなるといった不具合は、どんなに作り込んだホームページでも起こりえます。 サポートされていない機能を使い続けるとセキュリティ上のリスクも生じるため、改修が必要になります。 コンテンツが増えて構造が複雑になった コンテンツの更新を続けていると情報が散らかったり重複したりして、構造が複雑になりがちです。 情報を整理されていないと、ユーザーが求めている情報を見つけにくくなり、離脱される可能性が高くなります。 コンテンツが増えすぎた、あるいは複数の目的が混在している場合には、ホームページを分けることで効果的にリニューアルできます。 会社紹介や商品紹介などはコーポレートサイト、採用に関する情報はリクルートサイトというように分ければ、ユーザーは求める情報をすぐに見つけられます。 表示速度が遅い 表示速度はユーザビリティ、SEO両面に大きく影響します。 せっかくアクセスされても、表示が遅いとユーザーはホームページから離脱してしまいます。また、Googleは極端に表示速度のホームページは評価されにくくすると発表しており、SEOでも不利になります。 どんなに魅力的なコンテンツでも、見られなければ意味がありません。 表示に5秒かかると離脱が90%増えるというデータもあるため、5秒以上かかるのであれば早急な改善が必要です。できれば3秒以内を目指しましょう。 作った時期、使用しているシステムやサーバーによっては、どんなに手を加えても改善できない場合があります。 そのときは、システムやサーバーも含めた全面リニューアルを検討する必要があります。 最新のブラウザに未対応 Google ChromeやMicrosoft Edgeなどのブラウザは、定期的にバージョンアップされます。 バージョンアップに対応していない機能を使っていると、ホームページが正常に表示されないことがあります。 ECサイトや予約サイトなど、売上に直結するサイトの機能はとくに注意しましょう。 サポート終了などでブラウザに対応できない機能がある場合は、即リニューアル案件です。 スマホに対応していない スマホ対応になっていない場合は、即リニューアル案件です。 近年では、パソコン・スマートフォン・タブレットなど幅広いデバイスに合わせて表示を最適化する「レスポンシブWebデザイン」が求められます。 とくに、多くのユーザーが検索に使用するスマートフォンに対応していないと、非常に見にくく使い勝手も悪くなるため、大きな機会損失を生みます。 大規模なリニューアルが難しい場合でも、スマホ対応だけは実装しましょう。 ただし、デザインや制作に使っているツールによっては、スマホ対応のみのリニューアルが難しいことがあります。 セキュリティに問題がある 利用しているシステムや機能のバージョンが古くなると、セキュリティ上のリスクが高まります。 とくに、システムを利用して個人情報を管理している場合は、情報流出など取り返しのつかない事態を引き起こす可能性があります。 デザインやコンテンツも大切ですが、セキュリティに関するアップデートは、必ず定期的におこなってください。 定期的なリニューアルが必要 ホームページはデザイン・コンテンツ・機能など、さまざまな要因で定期的なリニューアルが必要です。 同時に、ブランディング・集客・売上増・ユーザビリティ向上を目指すうえでメリットの多い施策でもあります。 この記事で紹介した要因がなくても、課題や問題点がないか常に意識し、積極的な改善を続けましょう。

    パーソナルジム・フィットネスジムがホームページを制作するメリット

    更新日:2023.12.28

    公開日:2023.6.12

    • ホームページ制作

    「競合他社との差別化がうまくいかない」「新規顧客の獲得に苦戦している」とお悩みであれば、ホームページを開設することをお勧めします。 パーソナルジムやフィットネスジムは競争が激しい業界です。そんな中で、顧客に選ばれるためには、ホームページを活用して自店の魅力をアピールすることが重要です。 ホームページがあれば、24時間365日、いつでもどこでも、自社の情報を顧客に伝えることができます。 また、ホームページを活用することで、新規顧客の獲得や特定の層への訴求・ブランディング・顧客とのコミュニケーションなど、さまざまなメリットを得ることができます。 本記事では、パーソナルジムやフィットネスジムにとって、ホームページがなぜ重要なのか、どのようなメリットを得られるのかを詳しく解説します。 ホームページの役割を理解し、うまく活用することでホームページからの集客が可能になります。 ホームページをつくるメリット ホームページから得られるメリットはさまざまですが、大きく分けると以下の3つになります。 ホームページには、企業としての魅力を発信し、認知度を高められるほか、ブランドイメージをつくれるといったメリットがあります。 設備の充実具合やトレーナー情報、お客様の声などを載せ、自社を利用することでどんな自分になれるかイメージしてもらえれば、通ってもらえる確率が大きく高まります。 集客につながる ホームページがあれば、自社ならではの魅力を効果的に発信して集客することができます。 商圏が決して広くないパーソナルジムは「地域名+パーソナルジム(フィットネスジム)」などのキーワードで上位表示できれば、大きな集客効果が期待出来ます。 自社ならではの魅力をうまくアピールできれば、通ってもらえる確率はグッと高まります。 ユーザーに訴求できる 設備の充実具合やトレーナーの実績、ビフォーアフターなどを掲載すれば、ユーザーの関心を惹きつけることができます。 また、キャンペーンやイベントなどを頻繁に発信すれば、活気のあるジムだと印象づけられます。 とくにイベントやキャンペーン情報は、新規獲得だけでなくリピーターの囲い込みにも効果を発揮するため、力を入れたいところです。 メリットや特徴を伝える 集客するうえで重要なのが「どんなジムなのか」をしっかり伝えることです。 「このジムはなにがウリなのか」「ほかのジムと比べてなにが優れているのか」といった、一歩踏み込んだ情報を掲載することで集客につながります。 特化した分野があればジムのウリとして積極的にアピールすれば、ほかのジムとの差別化になります。 ホームページをつくる際のポイント パーソナルジム・フィットネスジムは狭い地域にいくつも店舗が乱立する傾向があります。 競合他社も多いため、自社ならではの魅力をどれだけアピールできるかが重要です。 ホームページを活用して集客・売上増を達成するためにも、次のポイントはしっかり押さえましょう。 自社のコンセプト・ターゲット(ペルソナ)を明確に ホームページをつくる上で重要なのは、自社のコンセプトやターゲット(ペルソナ)を明確にすることです。コンセプトやターゲットを明確にすることで、より確度の高いユーザーへアピールすることができます。 ターゲットがずれていると効果的なアピールができません。まずは自社のコンセプトやターゲットを明確にしましょう。 関連記事:「ペルソナ設計」でホームページの訴求力を高めよう どんなジムかしっかり伝える パーソナルジム・フィットネスジムのホームページは「どんなサービスがあるか」「どんな施設なのか」といった情報がメインコンテンツになります。 ユーザーの不安・疑問を解消して利用を促すためにも、サービスの内容を明確にしましょう。 パーソナルジムであれば「どんな指導をしてくれるか」、フィットネスジムであれば「どんな設備があるか」といった情報を載せるといいでしょう。 通うメリットを強調する 新規店舗が続々オープンするジム業界は、今後も競争が激しい業界といえます。 そんな中、集客できるジムは必ず自社だけのメリット・魅力を持っており、それらをうまくアピールできています。 自社のメリット・魅力をホームページ上でアピールできれば大きな集客効果が期待できるでしょう。 ユーザーから信頼されるコンテンツを載せる ユーザーから信頼されるためには、ユーザーが求めるコンテンツを網羅する必要があります。 その中でもビフォーアフター、トレーナーの保有資格や経歴などを掲載すると効果的です。 雑誌やTVなどメディアで取り上げられた実績があれば、ユーザーからより信頼を得ることができます。 パーソナルジム・フィットネスジムのWeb集客 SEO対策 ホームページで集客するなら、必ず取り組みたいのがSEO対策です。 とくに主流となっているコンテンツSEOには力を入れたいところですが、やみくもにコンテンツを増やしても効果は期待できません。 有効なコンテンツはビフォーアフター・イベント・ブログです。このつ3のコンテンツはできる限り充実させましょう。 インターネット広告 即効性を求めるならインターネット広告が一番です。 見学会など、短時間でたくさんのユーザーを集めたいイベントの集客などに効果を発揮します。 最近ではリスティング広告のほか、SNS広告にも力を入れている企業も多く、有効な集客方法として認知されています。 SNS 近年はSNS集客に力を入れる企業が増えており、ジム業界も例外ではありません。 イベントやブログ、ビフォーアフターなどユーザーの関心を得るコンテンツを継続して投稿すれば、ファンを囲い込むこともできます。 写真だけでなくショート動画を投稿できるリール機能をうまく活用すれば、どんなジムなのかをイメージしてもらえます。 写真や動画をうまく使って、自社の魅力をしっかりアピールしましょう。 必要なページは? ハウスメーカー・工務店のホームページに必要なページはさまざまですが、ユーザーの関心が高いページは必ずつくるべきです。 株式会社NEXERが運営するアンケートサイト「ボイスノート」で実施したアンケートでは、パーソナルジジムを選ぶ際に重要視したポイントととして、「料金の安さ」「立地の良さ」が上位になりました。 そのほかにも施設の充実さやトレーナーの質を重要視するポイントとして挙げています。これらの情報をできる限り充実させましょう。 出典:株式会社NEXER「パーソナルトレーニングジムに関するアンケート」 入会の案内・料金 入会案内や料金メニューは必須となる重要なコンテンツです。 高いという理由で料金を載せていないホームページが稀にありますが、ユーザーとしては料金を明確にしていないジムには不信感を持ってしまいます。 安心して入会できるジムだと思ってもらうためにも、料金は必ず明記しましょう。 入会案内はイラストなどを使ったフローチャート形式、料金は表形式にするなど、見やすさと分かりやすさを心がけることでユーザーに好感を持ってもらえます。 ジムの概要 立地はもちろん、ジムの基本情報はどんなジムか知ってもらうための大切なコンテンツです。 お客様の声・ビフォーアフター 実際にジムを利用している方の声は、ホームページからの集客を目指すうえで非常に優れたコンテンツになります。 とくにビフォーアフターは「このジムなら自分もこんな風になれるかな」とユーザーを前向きな気持ちにさせるため、積極的に掲載しましょう。 写真を利用すれば、より説得力を持たせられます。 独自のプログラム 得意分野やこだわりポイントはジムによって大きく異なるため、うまくアピールできればほかのジムと差別化を図れます。 集客につながる重要なコンテンツのため、専用ページを作ってしっかりアピールしましょう。 入会特典やメリット 入会後の特典など、ユーザーにメリットとなる情報はしっかり発信しましょう。 特典やキャンペーンを打ち出すことでユーザーが入会するためのハードルを下げる効果もあります。 今や特典やキャンペーンなどはジムにとって当たり前になってきましたが、意外とホームページに掲載していないことがあります。 ホームページは入会の意思があるユーザーがもっとも集まりやすいコンテンツです。特典やキャンペーンがあるなら、必ず掲載しておきましょう。 施設・設備紹介 どんな施設でどんな設備があるのかは、入会を検討するユーザーにとって関心のあるコンテンツです。 ホームページを見たユーザーは、ページに掲載された情報だけでジムを評価するため、メインページとは別にジムのマシンや設備の写真を集めたページがあれば、ユーザーにより深くジムのことを知ってもらえます。 視覚的な情報を得ることで実際に通ったときのイメージもつきやすくなるため、できるだけ多くの写真を載せましょう。 スケジュール・予約フォーム メニューが豊富なジムであればスケジュールの掲載は必須です。 予約フォームを設置することでホームページの使い勝手が良くなり、予約を促す効果もあります。 トレーナー情報 どんな人に指導してもらえるかというユーザーの不安を払拭します。保有資格や実績を載せることで信頼度も高まります。 トレーナーの人となりが伝わるコンテンツを盛り込めば、親近感を抱いてもらえるでしょう。 Q&A ユーザーの疑問に答えるQ&Aも大切です。とくに初心者であれば、ジムに関する情報が不足した状態です。 ユーザーが疑問を持ちやすい項目をQ&A形式で明記しておけば、より正確な情報を伝えられ、安心感を持ってもらえます。 弊社の制作事例 LEO FIT 様 ホームページを見る スマイル・フィット24 様 ホームページを見る クラブ・バーバリアン 様 ホームページを見る ホームページを活用して集客を 多くの店舗が次々オープンし、競争が激化するパーソナルジム・フィットネスジムにとって、ホームページは集客・売上増には欠かせないツールなのは間違いありません。 弊社ではデザイン・コンテンツだけでなく予約フォーム作成などにも対応し、ユーザーの興味を惹きつけ集客・売上増につながるホームページをご提供しております。 ほかにもSEO無料診断やSEOブログ代行も承っております。 これからホームページを立ち上げる、リニューアルを検討している、もっと集客したいといった場合は、ぜひ一度ご相談ください。

    ハウスメーカー・工務店がホームページを制作するメリット

    更新日:2023.12.28

    公開日:2023.6.06

    • ホームページ制作

    商品購入やサービス申し込みの判断材料として、多くのユーザーがホームページを利用しています。 ハウスメーカーや工務店選びも例外ではなく、UNIIDEO株式会社が2022年に実施した「工務店選びに関する実態調査」では、7割近くのユーザーがホームページを参考にすると回答しています。 これだけのユーザーがホームページを参考にしていることを考えると、集客や売上増には必須のツールといえます。 出典:UNIIDEO株式会社「工務店選びに関する実態調査」 ホームページをつくるメリット ホームページから得られるメリットはさまざまですが、大きく分けると以下の3つになります。 ホームページには、企業としての魅力を発信し、認知度を高められるほか、ブランドイメージをつくれるといったメリットがあります。 施工事例やお客様の声を載せるなど、工夫次第でチラシなどの紙媒体では伝えきれない「どんな家を建てられるのか」「この会社ならではの魅力はなんなのか」といった情報を効果的に発信できます。 集客につながる インターネットの普及が進み、今では「情報収集はほぼネットしか使わない」というユーザーも多く、チラシや営業だけで集客するのは難しい時代になりました。 ホームページがあれば、家づくりやハウスメーカー・工務店の情報を集めたいユーザーに直接アピールできるため、集客効果や販売促進の効果が見込めます。 ユーザーの検討材料になる 多くのハウスメーカー・工務店を慎重に比較するユーザーにとって、ホームページはなくてはならない存在です。 施工事例や金額の目安、アフターフォローなどの詳細な情報がないと、ユーザーは安心して問い合わせできません。 複数の比較対象から自社を選んでもらうためにも、ユーザーにとって魅力的な情報をしっかり発信できるホームページは欠かせないツールでしょう。 ブランドイメージをつくれる ホームページのデザインは企業のイメージに直結します。 自社のコンセプトを分かりやすく表現することで、ブランドイメージを伝えやすくなります。 見た目だけを追求して自社のイメージとかけ離れたデザインにするのは避けるべきでしょう。 ホームページをつくる際のポイント 家は高額な商品であり、ユーザーは複数社の情報を収集し、信頼できる依頼先をじっくり検討します。 競合他社も多いため、自社ならではの魅力をどれだけアピールできるかが重要です。 ホームページを活用して集客・売上増を達成するためにも、次のポイントはしっかり押さえましょう。 自社のコンセプト・ターゲット(ペルソナ)を明確に ホームページをつくる上で重要なのは、自社のコンセプトやターゲット(ペルソナ)を明確にすることです。コンセプトやターゲットを明確にすることで、より確度の高いユーザーへアピールすることができます。 例えば、夫婦2人でセカンドライフを楽しむ家がウリなのに、家族が集える広いリビングや休日に友人とワイワイ過ごせるバルコニーなどをアピールしても、今いち魅力が感じられません。 上記は極端ですが、ターゲットがずれていると効果的なアピールができません。まずは自社のコンセプトやターゲットを明確にしましょう。 関連記事:「ペルソナ設計」でホームページの訴求力を高めよう 自社で家を建てるメリットを伝える 自社に依頼するとどんなメリットが得られるかをアピールし、ユーザーの希望を叶えられるハウスメーカー・工務店であることを根拠をもって伝えましょう。 競合他社が掲載している情報をしっかり網羅したうえで、さらに他社との差別化を図ることが重要です。 ユーザーのこだわりを実現できる、アフターフォローが充実しているなど、自社の魅力やアピールポイントをしっかり伝えましょう。 ユーザーから信頼されるコンテンツを載せる ユーザーから信頼されるためには、ユーザーが求めるコンテンツを網羅する必要があります。 その中でも、施工事例や性能・構造などユーザーからの関心が高いコンテンツは必ず掲載しましょう。 ハウスメーカー・工務店のWeb集客 SEO対策 ホームページで集客するなら、必ず取り組みたいのがSEO対策です。 とくに主流となっているコンテンツSEOには力を入れたいところですが、やみくもにコンテンツを増やしても効果は期待できません。 有効なコンテンツはブログ・施工事例です。最低限、この2つのコンテンツはできる限り充実させましょう。 関連記事:ハウスメーカー・工務店のSEO対策!キーワードと必要なコンテンツ インターネット広告 即効性を求めるならインターネット広告が一番です。 見学会など、短時間でたくさんのユーザーを集めたいイベントの集客などに効果的です。 最近ではリスティング広告のほか、SNS広告にも力を入れている企業も多く、有効な集客方法として認知されています。 SNS 近年はSNS集客に力を入れる企業が増えており、ハウスメーカー・工務店も例外ではありません。 とくにインスタグラムは有効な媒体で、施工事例をキレイな写真で紹介すると、大きな集客につながる可能性があります。 写真だけでなくショート動画を投稿できるリール機能をうまく活用すれば、物件の内観や施工事例を見せられます。 テキストだけでは伝えられないことも写真や動画を利用するとイメージが伝わりやすいので、自社の魅力をしっかりアピールできます。 必要なページは? ハウスメーカー・工務店のホームページに必要なページはさまざまですが、ユーザーの関心が高いページは必ずつくるべきです。 出典:UNIIDEO株式会社「工務店選びに関する実態調査」 施工事例 ハウスメーカー・工務店を選ぶとき、まず気になるのは「どんな家が建てられるか」です。 家族構成や予算、立地などユーザーによって理想の家は違います。施工事例が多いほどユーザーの選択肢も増え、自分に当てはめてイメージしやくすなります。 魅力的な施工事例が多いほど、実績があり信頼できると思われます。 注文住宅がウリであれば、ユーザーのこだわりが豊富に詰め込まれていることが多いので、詳しい解説も記載しておきましょう。 素敵な写真が並べればユーザーを強烈に惹きつけられるため、可能ならプロのカメラマンに依頼するなどしてクオリティにもこだわりましょう。 費用もユーザーが気になるポイントです。ユーザー目線を徹底するためにも、料金の目安も掲載することをおすすめします。費用を掲載することでどんな家を建てられるかイメージしやすくなり、販促効果も生まれます。 株式会社山下ホーム 様 施工事例(弊社制作) 性能や構造 断熱性・気密性・耐震性などの機能面は家を建てる際の重要なポイントです。 とくに富山は夏場は高温多湿で不快指数が高く、冬場は寒さが厳しく日照時間が少ないという気候条件のため、快適に暮らすための性能は重要視されるでしょう。 構造についても、どれだけ安全性を高められるかをデータなど根拠を添えて掲載することでユーザーの安心感・信頼度を高められます。 お客様の声 ユーザーから安心感・信頼感を得るための鉄板コンテンツです。 上記アンケートでも、ハウスメーカー・工務店選びの決め手になったコンテンツで3位に入っています。 実際に家を建てた方の生の声は高い訴求力があります。可能であれば、施主インタビューを掲載することで訴求力をさらに高められます。 株式会社マイホームタナカ 様 施主インタビュー(弊社制作) コンセプトや家づくりの考え方 ハウスメーカー・工務店はそれぞれコンセプトや強みをもっています。多くの競合他社から自社を選んでもらうためには、他社との違いをアピールして差別化を図る必要があります。 「天然無垢材でつくる家」「宮大工が建てる職人の家」「子育て世代が暮らしやすい家」など、自社ならではコンセプトや強みを前面に押し出しましょう。 「家族みんなが健康で楽しく過ごせる」「お客様と末永くお付き合いできるように」など、家づくりに対する考え方を掲載すればユーザーの共感・信頼が得られます。 ファーストビューなどに、キャッチとして掲載することで大きくアピールすることもできます。 イベント情報 モデルハウス見学会、完成見学会など各種イベントを掲載することで、問い合わせや申し込みされる可能性が高まります。 開催に合わせて情報を更新し続けることで、活気のある企業であることもアピールできます。 会社概要 企業として適切な経営をしていることを伝える役割があります。 企業情報やユーザーに伝えたい企業理念も載せることで、どんな企業なのか知ってもらうためのコンテンツです。 複数店舗がある場合は店舗情報も載せておきましょう。 問い合わせ・資料請求 目的が問い合わせや申し込みの獲得である以上、問い合わせページは必須です。 問い合わせフォームはユーザーが入力しやすいものを意識しましょう。 あまりに項目が多い、必要のない情報入力などがあるフォームだと、問い合わせ率が低くなります。 ユーザーの情報収集はコンタクト後でも十分なので、まずは「問い合わせしやすいフォーム」をつくることが先決です。 関連記事:「問い合わせされやすいフォーム」を作りましょう また、事前に資料請求ができるようにしておけば、問い合わせへのハードルを下げることができます。 家づくりの流れ 家づくりが初めてのユーザーにとって、家づくりの流れも気になる情報です。 注文から施工だけでなく、前後のプロセスもしっかり掲載することで、家づくりの流れをイメージしてもらえます。 保証内容 家のトラブルは生活に直結することが多いため、万が一のトラブルや欠陥が見つかった保証やアフターフォローはハウスメーカー・工務店を選ぶ際の重要なポイントになります。 定期メンテナンスや長期的なフォロー、具体的な補償内容など、なるべく詳しく掲載することで安心感をもってもらえます。 ブログ スタッフブログや施工の様子などをブログで発信すれば、信頼できるというイメージをもってもらえます。現場の職人やスタッフの生の声を載せることで、ユーザーが親近感を得られるコンテンツでもあります。 ユーザーに評価されるようなブログを増やせばアクセスアップにもつながります。 弊社の制作事例 株式会社マイホームタナカ 様 ホームページを見る 株式会社山下ホーム 様 ホームページを見る 株式会社電陽社建設 様 ホームページを見る ホームページを活用して集客を 実際に家づくりをどこに依頼するか、ホームページの内容や情報が影響したと7割以上のユーザーが答えていることからも、ハウスメーカー・工務店にとってホームページは集客・売上増には欠かせないツールなのは間違いありません。 出典:UNIIDEO株式会社「工務店選びに関する実態調査」 弊社では、デザイン・コンテンツだけでなくインタビューなども対応し、ユーザーの興味を惹きつけ集客・売上増につながるホームページをご提供しております。 ほかにもSEO無料診断やSEOブログ代行も承っております。 これからホームページを立ち上げる、リニューアルを検討している、もっと集客したいといった場合は、ぜひ一度ご相談ください。

    【図解付き】Googleアナリティクス → GA4への切替え方

    更新日:2024.1.23

    公開日:2023.6.02

    • ホームページ制作

    ホームページを運用しているなら、かなりの確率でGoogleアナリティクス(以下、UA)を使っていると思いますが、2023年7月1日にサポートが終了してGA4へ完全に切替わります。 サポートが終了するとUAのデータが更新されなくなるため、事前にGA4へ切替えておきましょう。 GA4への切替え方 1.プロパティを作る GA4へ切り替えるためには、まずはGA4用のプロパティを作る必要があります。 1.UAの管理画面にアクセスし「+プロパティを作成」をクリック   2.プロパティの詳細を入力する プロパティ名(サイト名)を入力し、タイムゾーンは日本、通貨は日本円(¥)を選択する   3.ビジネスの詳細を入力する   4.ビジネスの目標を選択する   5.データストリームを選択する アプリ開発などがない限りは「ウェブ」を選択   6.ストリームを作成する ウェブサイトのURLとストリーム名(サイト名)を入力し、「ストリームを作成」をクリック 2.ホームページにタグを設置 コードを直接貼り付ける場合 ストリームを作成した画面下にある「タグの実装手順を表示する」をクリックし、「手動でインストールする」からコードを確認し<head> 要素の直後に貼り付ける   GTMを使って設置する場合 1.ウェブストリームの詳細にある測定IDをコピーしておく   2.GTMの管理画面にアクセスし、メニューから「タグ」を選択し「新規」をクリック   3.「タグの設定」をクリックし、タグタイプ「Googleアナリティクス:GA設定」を選択   4.タグの設定内の「測定ID」に、コピーしておいた測定IDをペースト   5.トリガーをクリックし、配信トリガーで「All Pages ページビュー」を選択   6.設定したタグを公開 3.データの反映を確認 GA4プロパティのリアルタイムでデータを受信しているか確認 切替えはお早めに 前述したとおり、UAのサポート終了後はGA4に完全に切り替わります。 サポート終了後に切替えるとデータはGA4に蓄積されない期間が生まれるため、早めの切替えをお勧めします。

    ランディングページとは?メリットもご紹介

    更新日:2023.12.28

    公開日:2023.4.13

    • ホームページ制作

    「サービス・商品をもっと売り込みたい」「魅力や強みを余さず伝えたい」。そう思っているのであればランディングページ(以下、LP)を検討しましょう。 LPは、ホームページとは異なり、特定の目的(商品やサービスの購入、資料請求など)を達成するために設計されています。 そのため、ホームページよりもシンプルで、コンバージョン率を高めるための工夫が凝らされています。 本記事では、ランディングページの概要、導入するメリット、成果を最大化するためのポイントをご紹介します。 ポイントを抑えたうえでLPを制作すれば、これまで以上にサービス・商品を訴求して、申し込み・販売できるようになるでしょう。 LPの目的は ホームページとLPで何が違うの?と思われるかもしれませんが、両者にはさまざまな要素でかなり違いがあります。   ホームページ LP 構成 サービスや会社概要、ブログなど複数ページで構成 1ページ完結 目的(CV) ・情報を伝える ・会社の認知を広げる ・名刺代わり ・商品販売など、複数の目標がある 商品販売・サービス申し込みなどのCV獲得 集客方法 ・検索エンジンから(SEO) ・SNS ・インターネット広告 ・紙媒体など 広告がメイン   もっとも大きな違いは目的で、LPはユーザーに「購入」「申し込み」「資料請求」などアクション(CV)を起こしてもらうことに特化しています。 構成やコンテンツもCV獲得を強く意識して作られるため、認知度アップや不特定多数のユーザーへの情報発信を目的としたコーポレートサイトなどとは印象がかなり異なります。 特定の商品・サービス紹介のみで完結することも大きな特徴で、基本的には「AIDMA(アイドマ)」など消費行動プロセスに沿った構成になります。 LPの5つのメリット CVを獲得しやすい LPの最大のメリットが「CVにつながりやすい」ことです。 複数ページやリンクのある一般的なホームページと違い、LPは特定の商品・サービス以外の情報を極力省き、ユーザーに届けたい情報だけで構成します。 商品・サービスの魅力が伝わりやすいため、購入・申し込み・資料請求などCV獲得の可能性が高まるのです。 情報を1ページにまとめられる LPはユーザーの知りたい情報をまとめてストーリー性を持たせ、CVを高めるためのページです。 そのため、基本的には商品情報や口コミ、キャンペーンなどのオファー、購入や申し込みボタンなどが1ページに収められます。 ユーザーは商品の詳しい説明、購入して得られる効果・メリット、ユーザーレビューなど順を追って見られるので、不安や疑問を解消しながら読み進めることができます。 割引や限定などオファーを上手く組み合わせることで、CV率の大幅な向上も期待できます。 SEOを無視して構成できる 一般的なホームページの主な集客方法はSEOとなるため、ユーザーが求める情報を網羅する必要があります。また、タイトルや見出しなどのタグも、ある程度SEOを意識した内容になりますが、LPは1ページ完結が基本のためSEOでの集客は最初から念頭に置きません。 そのため、ユーザーに向けて訴求したいコンテンツだけを凝縮し、CVにつながるストーリー性のみを考慮した構成にすることができます。 柔軟なデザインが可能に コーポレートサイトで商品・サービスを紹介する場合は、すでに出来上がったデザインを踏襲する必要がありますが、LPは商品・サービスのイメージに合わせた自由なデザインが可能です。 商品を大きく出したファーストビュー、強烈なキャッチ、インパクトのあるカラーなどを使い、ユーザーへより強く訴求できることも大きなメリットです。 情報を出す順番を自由に変えられる ・こんな悩みはありませんか ・商品・サービスのメリット ・割引やキャンペーン情報 ・お客様の声 など、商品やサービスによって情報の出し方も自由に設計できます。 LPのデメリット SEOでの集客は期待できない LPはデザインで目を引くためテキストは少なめです。ブログなどの更新もないため、検索エンジンからの集客は期待できません。 LPはCVに特化したものと割り切って、広告などで集客する必要があります。 コストがかかる LP制作を外注する場合、制作費などのコストが発生します。 すでにコーポレートサイトを持っている場合は、管理費なども含めWebマーケティングにかかる費用が上乗せされることになります。 自社制作が難しい LPは画像やキャッチなどを巧みに使いユーザーへの訴求力を高めるため、デザイン経験のない状態で作っても満足のいくCV数を得るのは難しいでしょう。 LPを導入するなら制作会社への依頼が基本になります。 LPでCVを得るためのポイント LPのCVを高めるためには要素を上手く組み合わせ、商品やサービスに沿ったストーリーをつくり訴求力を高める必要があります。 キャッチコピー キャッチコピーはLPの良し悪しを左右する重要なポイントです。 ページを開いた瞬間にユーザーが読み進めたくなるような強力なキャッチコピーをつくれるかで、CV率が大きく変わります。 検索ワードやメリットを上手く組み合わせ、ユーザーの興味・関心を引きつけるキャッチコピーを考えましょう。 問題提起・共感 問題提起や共感は、ユーザーに「これは自分に必要なものだ」と思ってもらうためのものです。 売る側としては説明やメリットを最初に伝えたくなりますが、それでは売り込み感が強くなり、ユーザーが逃げてしまう可能性が高くなります。 まずは「こんな不安や悩みはありませんか」と問いかけ、ユーザーに「そうなんだよ!あるある」と共感してもらうことから始めましょう。 商品・サービス説明 購入や申し込みを得るためには商品・サービスの説明は必須コンテンツです。 しかし、ただ機能などを紹介するだけではユーザーに対し効果的に訴求することは難しいでしょう。 その商品・サービスを利用することでどんなメリットが得られるか、どう変われるかを明確にイメージできる情報を載せることが重要です。 口コミ 似たような商品・サービスが溢れる中、自社を選んでもらうにはユーザーからの信頼を勝ち取る必要があります。 そのために有効なのが利用者による口コミです。実際に使ってどうだったか、使い心地はどうだったかなどのレビューがあれば、積極的に載せましょう。 顧客満足(またはリピート率)〇%といった具体的な数字を出すことでユーザーの信頼度をさらに高めることができます。 利用・使用方法 商品・サービスの利用方法を具体的に載せておきましょう。 イラストやフローチャートなどを使い、いかに分かりやすく載せるかがポイントです。 Q&A ユーザーが抱える疑問や不安を解消するために役立ちます。 実際に寄せられた質問などをまとめておきましょう。 オファー 限定性や割引などのオファーを載せることで、ユーザーに最後の後押しをする重要な要素です。 CVボタン 購入や申し込みなどのアクションを起こしてもらうためのボタンです。LP内に直接フォームを設置する場合は、項目数をなるべく減らし、アクションへのハードルを下げましょう。 ページの一番下だけでなく、ファーストビューやページ中盤など、適した場所に複数設置するのも効果的です。 【事例】弊社制作のLP 株式会社K・MEAT 様 LPを見る 有限会社谷口ホーム 様 LPを見る 村井建築株式会社 様 LPを見る LP導入で効果的に訴求しよう 購入や申し込みを得るために必要な要素を集めたLPは、一般的なホームページに比べCV率が高くなります。 それぞれの要素をしっかり作り込むことで、予想を大きく超える反響を得られる可能性も秘めています。 特定の商品・サービスを売り込む、イベントの参加者を集める、新商品を先行販売するキャンペ―ンを打つなど、LPが活躍する場面はたくさんあります。 「LPを使ったマーケティングをしたい」「どんな情報を載せたらいいかな」「導入を検討している」といったときは、ぜひ弊社にご相談ください。

    【伝えるチカラ5000倍!】ホームページに動画を載せて訴求力アップ↑↑

    更新日:2024.1.23

    公開日:2023.2.09

    • ホームページ制作

    ホームページに動画を掲載すると、売上やコンバージョンを高めることができます。 動画は情報量が多く、視覚に訴えるため記憶に残りやすいため、ユーザーの注意を引き行動を促すことができます。また、ブランドの認知を高め、見込み顧客の獲得にも役立ちます。   企業に関する動画はホームページで視聴したいというユーザーも増えています。 出典 : シャノン「動画での情報収集と情報提供に関するアンケート」 しかし、動画の制作にはコストと時間がかかるため、制作に踏み切れない企業も多いでしょう。 この記事では、動画をホームページに掲載するメリットとデメリット、効果的な動画制作のポイントを解説します。 動画を活用してホームページからの成果を増やしたい方は、ぜひ参考にしてください。 ホームページに動画を載せるメリット 動画をホームページに載せるメリットは多く、テキストや画像に比べて効果が高いという特徴があります。 多くの情報を伝えられる 1分間動画の情報を伝えるチカラは文字の5000倍、Webぺージに換算すると3600ページ分になるといわれています。 3600ぺージ分のWebぺージを読むには大変な時間がかかります。1ページ2分で読んでも7200分、実に120時間になります。 それだけの情報量をわずか1分で伝えられる動画は、ほかのコンテンツと比べても群を抜いた訴求力を持つといえます。 文字や画像などで伝えきれない魅力やイメージも、動画なら伝えることができるでしょう。 注目されやすくなる ホームページに動画を載せるとユーザーからの注目を集めやすくなります。 自社の商品・サービスの魅力をしっかり伝えられれば、問い合わせや購入などにつながりやすくなります。 印象に残りやすくなる 音や動きが加わるため、演出によってはユーザーの印象に強く残るインパクトを与えられます。 ナレーションやBGMなどを駆使して、感情に訴えかける表現も可能になります。 購入・問い合わせにつながりやすい 商品の使い方やサービスの特徴などを分かりやすく動画でまとめることで、ユーザーの不安や疑問を解消し、購入や申し込みを後押しできます。 dysonなど大企業も商品説明に動画を使っており、使い方がとても分かりやすくまとめられています。 推していきたい商品やサービスがあるなら、ぜひ取り入れたい方法です。   https://youtu.be/7-Z1CJLAI8g SNSで拡散されやすい 動画はFacebookやtwitterなどのSNSでシェアされやすいコンテンツです。ユーザーがシェアしたくなる魅力的な動画を作れば、多くの人に拡散される可能性があります。 ホームページに動画を載せてSNSとも連携すれば、従来の広報活動では拾えなかったユーザー層に商品やサービスを広げることができます。 SEO効果が期待できる SEOではユーザーにとって役に立つコンテンツが重視されるようになっており、動画は役立つコンテンツとして評価される傾向にあります。 また、動画視聴によって滞在時間が伸びる、動画検索からアクセスされる、リンクしてもらいやすくなるなど間接的な効果も期待できます。 ホームページで動画が活用されるシーン 動画を活用できるシーンはたくさんありますが、ホームページ上で活用できるシーンの一例を紹介します。 商品・サービスの紹介 活用例としてdysonの商品説明を挙げましたが、活用できるシーンはまだまだあります。 例えば 自社の商品・サービスを利用するとこんなに変わるんだ、こんな風に過ごせるんだとイメージしてもらえる動画の訴求力は非常に大きいものです。 魅力やベネフィットをしっかり伝えれば、購入や申し込みの大幅アップも期待できます。 企業紹介 施設やオフィスなど、「どんな会社なのか」が見えることで関心を高められます。イキイキと働く社員の様子などで好感度を上げることもできます。 動画を通じて企業イメージを向上させれば、新規顧客やファン獲得など売上以外のメリットも生まれます。 採用活動 動画を活用することで「どんな会社なのか」「どんな人と働くのか」といった求職者の疑問・不安を解消することができます。 社長×社員の座談会や社員インタビューなど活用できるシーンも豊富。動画を上手く活用することで「この会社で働いてみたい」という欲求を強烈に刺激することができます。 【事例】弊社制作の動画付きホームページ 株式会社ホーエ 様 ホームページを見る 有限会社大島ビューティードライ 様 ホームページを見る 中西電業株式会社 様 ホームページを見る 動画の訴求力を高めるコツ ただ動画を作るだけでは、思ったような効果は得られません。 画質のキレイさなども大事ですが、それ以外に訴求力を高めるコツを少し紹介します。 メッセージを伝わりやすく 動画で大切なのはとにかく「伝わりやすくする」ことです。 どんな商品・サービスを誰に伝えるのか。どんな魅力・ベネフィットを得られるか。それらをしっかり伝えられる動画にする必要があります。 理想は「最初の5秒でユーザーを惹きつける」ことです。BGMやテロップなども駆使して、メッセージ性の高い動画に仕上げることが大切です。 長くしすぎない あまりに長い動画は視聴途中の離脱につながります。 そのため、なるべく短い時間で伝えたいことを伝えることを意識して作ることを心がけましょう。 再生デバイスに配慮 スマホなどで動画を視聴するユーザーが増えたため、どこで動画が再生されるか分かりません。 場所や場面によっては、突然動画が流されると迷惑になることもあります。企業のイメージダウンを招かないためにも、再生ボタンを押さないと動画が始まらなくするなど配慮を忘れないようにしましょう。 ホームページに動画を載せるデメリット メリットの多い動画ですが、デメリットも存在します。 導入する際は、自社にとってどちらが大きいかしっかり検討しましょう。 費用と時間がかかる 制作会社に依頼するにしても自社で制作するにしても、費用と時間がかかります。 制作会社に頼むと高額というイメージがあるかもしれませんが、自社制作の場合も機材の購入費や人件費がかかり、結果それほど変わらないというケースも少なくありません。 自社が動画制作に充てられる予算や時間を考慮して、依頼するか自社制作するかを検討しましょう。 表示が遅くなる可能性がある 動画を載せることでホームページの表示が遅くなる可能性があります。表示スピードが遅くなるとSEOに悪影響を与えて検索順位の降下につながる可能性もあります。 どんなに魅力的な動画を作っても、検索順位が落ちて誰にも見られなければ本末転倒です。ホームページに動画を載せるときは、なるべく表示スピードに影響しない方法で載せるようにしましょう。 おすすめなのは、YouTubeに動画をアップして埋め込むか、動画自体を軽くする方法です。動画を軽くできるツールを紹介しておくので、埋め込む際はぜひ使ってみてください。   VideoSmaller 動画制作のノウハウが必要になる 自社で制作する場合は、機材だけでなくしっかりしたノウハウが必要になります。ノウハウがない状態で動画を作っても、訴求力のない中途半端なものになってしまう可能性があります。 内容や質によってはかえってイメージダウンになるリスクもあるため、ノウハウを持っていないなら多少の費用がかかっても制作会社に依頼したほうが、得られるメリットも大きくなります。 動画でホームページの成果を上げよう メリットもデメリットもある動画ですが、豊富な情報を分かりやすく伝えられる、ユーザーの興味を強く惹きつけるなど、総合的にはメリットがとても大きいコンテンツです。 とくに、動画での情報収集に慣れた若い世代への訴求に動画は欠かせないコンテンツになっており、弊社でも動画付きホームページの相談や制作依頼が増えています。 「興味がある」「導入を検討している」という方は、ぜひ気軽にご相談ください。