お電話でのお問い合わせ

tel.076-464-6906

    お名前必須
    お問い合わせ内容
    ご返信先メールアドレス必須
    閉じる

    ホームページで、
    魅せる。伝える。

    「ホームページで企業様をサポートしたい」

    クライアント様の魅力を余さず伝えるオーダーメイドのホームページ制作。
    戦略、企画、デザイン、運用まで徹底サポートさせていただきます。

    BLOG

    ブログ

    2024.05.27

    • Webデザイン

    飲食店サイトは写真やビジュアルで料理の魅力を伝えよう

    飲食店のウェブサイトデザインは、集客力とブランドイメージの向上に大きな役割を果たします。 魅力的な写真、使いやすいナビゲーション、モバイルフレンドリーなデザインなど、成功するサイトには共通するポイントがあります。 本記事では、厳選した飲食店サイトのデザイン例を紹介し、それぞれの優れた点を解説します。 これらの例を参考にすることで、自店のウェブサイトデザイン改善のヒントを見つけることができるでしょう。 食材の美味しさを伝えるデザイン かに道楽 https://douraku.co.jp/ 「かに道楽」は、かに料理専門店として全国に店舗を展開する企業です。高品質のかにを使用し、鮮度と味にこだわった料理を提供しています。 かに道楽の公式サイトは、ブランドの高級感と信頼性を巧みに伝えるデザインです。トップページは大きなビジュアルでかに料理の魅力を強調し、鮮やかな画像が食欲をそそります。 ナビゲーションはシンプルで使いやすく、メニューや店舗情報へのアクセスがスムーズです。 また、各ページに豊富な画像が配置され、視覚的に楽しめる構成となっています。フォントや色使いも落ち着いており、上質な雰囲気を醸し出しています。 天たつ https://www.tentatu.com/ 「天たつ」は、福井県福井市に本店を構える200年以上の歴史を持つ雲丹専門店です。 天たつの公式サイトは、伝統と高級感を兼ね備えたデザインです。トップページはシンプルながらも上品で、雲丹の美しい写真が訪問者を惹きつけます。 ナビゲーションは直感的で、商品情報や贈答品のカテゴリーが明確に整理されており、購入プロセスがスムーズに進みます。 また、各商品の詳細ページには、高解像度の画像と詳細な説明があり、商品の魅力が十分に伝わる構成です。全体的に、伝統と品質を重視したデザインが印象的です。 八重八 https://www.yanmarmarche.com/food/restaurant/yaehachi/ 「八重八(YAEHACHI)」は、ヤンマーが運営する和食レストランです。日本の伝統的な食材と調理法にこだわり、特に羽釜で炊いたごはんと厳選された海苔を使用した海苔弁当が特徴です。 八重八の公式サイトは、洗練された和の雰囲気が漂うデザインです。トップページでは、美しい食品の写真が大きく表示され、シンプルでクリーンなレイアウトが印象的です。 各ページのナビゲーションは明快で、ユーザーが求める情報にすぐアクセスできる構成になっています。 商品説明には詳細な情報が記載されており、素材や調理法のこだわりがしっかりと伝わります。全体として、高品質な日本食の魅力を存分に感じられるデザインです。 Tsubamesanjo-Bit https://bit2013.com/ 「Tsubamesanjo Bit」は、新潟県燕三条を拠点とする飲食店グループです。新潟の食材とクラフトマンシップにこだわり、美食の街を目指して様々なレストランやカフェを運営しています。 Tsubamesanjo Bitの公式サイトは、地域の魅力と美食の質を伝えるためのデザインが特徴です。 トップページはシンプルでありながら高級感があり、美しい写真と落ち着いた色調が訪問者を引き込みます。 ナビゲーションは明確で、各店舗やサービスの詳細情報へのアクセスが容易です。 各ページでは高解像度の画像と詳細な説明が組み合わされ、ブランドの品質とこだわりが強調されています。 地域の食文化とクラフトマンシップを効果的に表現するデザインが印象的です。 商工クラブ https://showkoclub.jp/ 「商工クラブ」は、熊本市にある新しい大人の社交場です。歴史的な建物をリノベーションし、伝統と現代が融合した空間で、美食や文化イベントを提供しています。 商工クラブの公式サイトは、ミステリアスで高級感のあるデザインが特徴です。ダークな配色と洗練されたタイポグラフィが、サイト全体に統一感を与えています。 各ページは明確にセクション分けされ、ユーザーが求める情報にアクセスしやすい構成です。 特に、歴史的な建物の美しい写真や詳細な説明が魅力的に配置されており、訪問者に特別な体験を予感させます。 全体的に上質な大人の社交場としての雰囲気を効果的に表現しています。 かが万 https://www.kagaman.co.jp/ 「かが万」は、日本の四季を感じられる懐石料理を提供する高級日本料理店です。石川県の能登半島の豊かな自然に育まれた食材を使い、季節感あふれる繊細な料理を提供しています。 かが万の公式サイトは、和の伝統と美を重視したデザインが魅力です。トップページには美しい料理の写真が大きく配置され、訪問者に強いインパクトを与えます。 ナビゲーションは直感的で、各ページへのアクセスが簡単です。全体の色調は落ち着いており、上質な和の雰囲気を醸し出しています。 特に、器や設えの写真が豊富で、視覚的に楽しめる構成になっています。サイト全体が料理の繊細さとおもてなしの心を伝えるデザインです。 お店の雰囲気が伝わるデザイン さんぽう西村屋-本店 https://www.sanpou-nishimuraya.com/ 「さんぽう西村屋」は、兵庫県豊岡市城崎温泉に位置する高級日本料理店です。地元の豊かな食材を使用し、四季折々の料理を提供しています。 さんぽう西村屋の公式サイトは、伝統と現代が融合した洗練されたデザインが魅力です。トップページのビジュアルは美しく、料理や店内の雰囲気が伝わります。 ナビゲーションは使いやすく、各ページのアクセスがスムーズです。料理の詳細ページには、丁寧な説明と高解像度の写真が掲載されており、品質の高さが感じられます。 全体として、上質な日本料理の魅力を効果的に伝えるデザインが印象的です。 Cafe-Dining-George-–-駒沢店-アーヴァン http://georgegeorge.co.jp/komazawa/ 「George Komazawa」は、駒沢エリアにあるカフェレストランで、モダンでおしゃれな空間を提供しています。 George Komazawaの公式サイトは、シンプルでスタイリッシュなデザインが特徴です。トップページは大きなビジュアルで店舗の雰囲気を伝え、清潔感のあるレイアウトが印象的です。 ナビゲーションは直感的で、各メニューやイベント情報にすぐアクセスできます。 色使いはモノトーンを基調としており、モダンな雰囲気を強調しています。トレンドに敏感な若者に向けたデザインが魅力的です。 つば甚 https://tsubajin.co.jp/ 「つば甚」は、石川県金沢市にある歴史的な日本料理店で、宝暦二年(1752年)創業の老舗です。 季節の食材を活かした懐石料理や郷土料理を提供し、結納や婚礼などの特別な席にも対応しています。 つば甚の公式サイトは、伝統的な日本料理店の格調高い雰囲気を見事に表現しています。トップページには美しい料理や店内の写真が大きく配置され、訪問者を引きつけます。 ナビゲーションはシンプルで使いやすく、各ページへのアクセスがスムーズです。特に、料理のページでは高解像度の写真と共に詳細な説明があり、料理の魅力が十分に伝わります。 全体として、歴史と品格を感じさせるデザインが特徴的です。 合掌レストラン 大蔵 http://www.r-okura.com/ 「レストラン大倉」は、素材にこだわった高級日本料理店です。 レストラン大倉の公式サイトは、上質な雰囲気を感じさせるデザインが魅力です。トップページには美しい料理の写真が配置され、視覚的に訪問者を引きつけます。 ナビゲーションは直感的で使いやすく、各ページへのアクセスがスムーズです。 素材のページでは、使用する食材について詳細な説明があり、料理のこだわりが伝わります。高級感と信頼性を感じさせるデザインが特徴です。 菊乃井 https://kikunoi.jp/ 「菊乃井」は、京都に本店を構えるミシュラン三つ星の高級日本料理店です。四季折々の食材を用いた懐石料理を提供しており、赤坂にも支店があります。 菊乃井の公式サイトは、上質な日本料理の魅力を伝えるエレガントなデザインが特徴です。トップページでは美しい料理や店内の写真が大きく配置され、訪問者を惹きつけます。 ナビゲーションは使いやすく、各ページへのアクセスがスムーズです。料理のページには、季節ごとの献立や料理の詳細が記載されており、高品質な料理の魅力が伝わります。 全体的に格式高い和の雰囲気を感じさせるデザインが魅力的です。 柏屋 https://jp-kashiwaya.com/ 柏屋(Kashiwaya)は大阪を拠点とする高級日本料理店です。公式サイトでは、千里山本店と北新地店の情報を掲載しています。 柏屋の公式サイトは、伝統的な日本料理の上品さと洗練さを反映したデザインです。トップページでは美しい料理写真が大きく配置され、視覚的に引き込まれます。 サイト全体の配色は落ち着いた色調でまとめられ、清潔感と高級感が感じられます。 各店舗のページでは、店舗の雰囲気や料理の詳細が丁寧に紹介されており、訪問者が実際に店舗を訪れた際の期待感を高めます。 フォント選びやレイアウトも統一感があり、見やすさと情報の整理が行き届いています。 店主のこだわりを魅せるデザイン 松栄寿司 https://h-matsue.com/ 松栄寿司(松栄寿司 東口店)は長野駅から徒歩約3分の場所に位置する和食のレストランです。 松栄寿司の公式サイトは、和食の伝統と現代的な清潔感を兼ね備えたデザインです。トップページでは美しい寿司の写真が訪問者を引き込みます。 全体の配色は白と淡い色調を基調としており、上品で落ち着いた印象を与えます。 各ページはシンプルで見やすく、メニューや宴会プランなどの情報が整理されて提供されています。 たん熊 北店 https://www.tankumakita.jp/ たん熊北店は、京都の老舗日本料理・懐石料理店です。公式サイトでは、店舗の歴史やおもてなしの理念、料理のこだわりについて紹介されています。 たん熊北店の公式サイトは、伝統と格式を感じさせるデザインです。トップページでは美しい料理の写真が目を引き、視覚的に魅力的です。 配色はシンプルで落ち着いたトーンが使われ、上品な印象を与えます。 各セクションは統一感があり、情報が整理されているため、見やすく利用者に優しいデザインです。歴史や理念の紹介が丁寧で、店舗の魅力が伝わる内容となっています。 IPPUKU https://ippukuandmatcha.jp/ IPPUKU & MATCHAは、東京にある抹茶専門のカフェです。 IPPUKU & MATCHAの公式サイトは、モダンでスタイリッシュなデザインが特徴です。トップページでは、美しい抹茶の画像が印象的で、視覚的に引き込まれます。 全体の配色はシンプルな黒とグリーンを基調としており、清潔感と自然さを感じさせます。 各ページは情報が整理されており、特に抹茶の魅力や歴史、利用方法についての説明が詳細です。 フォント選びやレイアウトも統一感があり、視覚的に見やすく、ユーザーフレンドリーなデザインです。 博多一幸舎 https://www.ikkousha.com/ 博多 一幸舎は、職人が作る本格的な博多とんこつラーメンを提供するラーメン店です。 博多 一幸舎の公式サイトは、活気ある博多の雰囲気とラーメンの熱気を伝えるデザインです。 トップページは、美味しそうなラーメンの写真が目を引き、訪問者を惹きつけます。サイト全体の配色はシンプルで、白と赤を基調にしており、視覚的に明快です。 情報はわかりやすく整理されており、メニューや店舗情報が見やすく配置されています。フォントやレイアウトは統一感があり、全体的にプロフェッショナルな印象を与えます。 日本酒と肴-ふるさと https://sakeate-furusato.com/ 日本酒と肴 ふるさとは、厳選された日本酒とそれに合う肴を提供する飲食店です。 日本酒と肴 ふるさとの公式サイトは、和の伝統とモダンなデザインが調和した魅力的な構成です。 トップページでは、美しい日本酒と料理の写真が目を引き、視覚的に心地よい印象を与えます。 全体の配色は落ち着いたトーンでまとめられており、上品で洗練された雰囲気を醸し出しています。 情報はシンプルに整理され、訪問者が必要な情報をスムーズに見つけられるよう工夫されています。 めん房 https://tsurutsuru.pilliken.jp/ishikawa/ めん房つるつるは、石川県に展開する和食処で、自家製麺のそばやうどん、こだわりの出汁、天ぷらを提供しています。 めん房つるつるの公式サイトは、温かみのある和風デザインが特徴です。トップページでは、手作りのそばやうどんの魅力が視覚的に強調され、訪問者を引き込みます。 全体の配色は自然な色合いで統一されており、落ち着いた雰囲気を醸し出しています。 情報は整理されていて、各ページは見やすく、ユーザーが必要な情報を簡単に見つけられるよう工夫されています。 楽しい食事の時間をイメージできるデザイン 銀座ダイニング https://www.ginzadining.com/ 銀座ダイニングは、銀座三越内にあるレストランとカフェを紹介するサイトです。 日本料理、西洋料理、中国料理、カフェなど多岐にわたるジャンルの飲食店が集まり、上質な食事とくつろぎの空間を提供しています。 銀座ダイニングのウェブサイトは、シンプルで洗練されたデザインが特徴です。白を基調としたクリーンなレイアウトに、高品質な料理写真が映えます。 サイトのナビゲーションはわかりやすく、各レストランやカフェの情報が簡単に見つけられます。 また、季節のおすすめやイベント情報も豊富で、訪問者にとって魅力的なコンテンツが充実しています。全体として上品で落ち着いた雰囲気が漂い、高級感が感じられるデザインです。 Le Salon de Légumes https://www.lesalondelegumes.jp/ 「ル サロン ド レギューム」は横浜市の馬車道にあるフレンチレストランです。新鮮な旬野菜を使用したコース料理を提供し、ランチやディナー、特別な日の食事に適しています。 このサイトは、高級感と親しみやすさを兼ね備えたデザインが特徴です。トップページには美しい料理の写真が並び、訪問者の食欲をそそります。 各ページはシンプルかつ洗練されており、視覚的に非常に魅力的です。特に「Dinner」ページでは、色鮮やかな料理写真が多用され、野菜の新鮮さと生命力を強調しています。 フォントの選定も読みやすく、全体として調和の取れたデザインが印象的です。 美味しさが伝わるデザインがポイント 飲食店のウェブサイトデザインは、単なるオンラインプレゼンスの確立だけでなく、集客やブランディングにも大きく影響します。 視覚的魅力、使いやすさ、レスポンシブデザイン、ブランドアイデンティティ、SEO最適化が重要なポイントです。 これらの要素を取り入れたデザインは、顧客の関心を引き、実際の来店につながります。 自店のウェブサイトデザイン改善に、ぜひこれらの事例を参考にしてください。

    2024.05.27

    • ホームページ制作

    ECサイトとECモールの違いを徹底解説:自社に最適な選択はどっち?

    現代のビジネスにおいて、オンライン販売は欠かせない要素となっています。その中で、ECサイトとECモールという二つの主要な販売プラットフォームがあります。 2つは似ているようで実は大きな違いがあります。自社のビジネスに最適なプラットフォームを選ぶためには、プラットフォームとしての違いを正確に理解することが重要です。 本記事では、ECサイトとECモールの基本的な概念からそれぞれの特徴、メリット、デメリットを詳しく解説します。 ECサイトとECモールの違い ECサイトとは ECサイトとは、企業や個人がインターネット上で商品やサービスを販売するための独自のオンラインストアです。運営者はデザインや機能、顧客データなどすべて管理できる自由度の高い環境を提供します。 ECサイトのメリットとしては、商品の見せ方や決済方法を自由に設定できる点が挙げられます。ショッピングカート機能、セキュリティ機能、決済サービス機能、受注・売上管理機能など、多様な機能を導入することで、消費者にとって安心かつ便利な購買体験を提供することが可能です。 また、オムニチャネル型のECサイトでは、実店舗と連携し一元管理を行うことで売上アップや業務の効率化が図れます。 ECサイト運営を成功させるためには、ユーザーにとって使いやすいサイト構築と適切なマーケティング戦略が重要です。デザインと戦略がかみ合えば、顧客体験を向上させリピーター増加が期待できます。 ECモールとは ECモールとは、複数の出店者が集まるオンラインプラットフォームです。楽天市場、Amazon、Yahoo!ショッピングなどが代表的な例です。 ECモールの特徴は高い集客力です。出店者は多くの潜在顧客にアクセスすることができ、迅速に販売を開始することが可能です。 さらに、ECモールはインフラやマーケティング機能を提供しており、出店者は比較的簡単に商品を販売することができます。 また、多様な支払いオプションが用意されており、消費者にとっても利用しやすい環境が整っています。 しかし、ECモールには制約もあります。出店者はモールの規定に従わなければならず、カスタマイズの自由度が限られます。 販売手数料や出店料が発生するためコスト管理も重要です。競合他社が多いため、ブランドが埋没しやすいという課題も存在します。 ECサイトの特徴とメリット 自社ですべて管理できる ECサイトの大きな特徴は、運営者がデザインや機能、顧客データを完全に管理できる点です。運営方法やデザインも自由にできるため、独自のブランディングやマーケティング戦略を展開することが可能です。 例えば、商品の表示方法や決済方法を自由に設定できるため、顧客に対して独自の購買体験を提供できます。必要に応じて新しい機能を追加することも容易であり、事業の成長に合わせて柔軟に対応できるのも魅力です。 ブランディング 自社ECサイトを運営することで、効果的にブランディングを進められます。独自のデザインやコンテンツで、ブランドのイメージを強化し、顧客との信頼関係を築くことができます。 さらに、顧客データを活用してパーソナライズされたサービスを提供することも可能です。これにより、リピーターを増やし、長期的な売上向上を図ることができます。 柔軟なマーケティング戦略 ECサイトでは、様々なマーケティング戦略を柔軟に展開できます。例えば、メールマガジンやクーポンの配信、セールの実施など、多彩なプロモーションをかけられます。 また、SNSやSEO対策を活用して、効率的に新規顧客を獲得できます。こうした戦略を通じて、売上を最大化するための最適なアプローチを実現できます。 ECサイトの運営には、初期費用や運用コストがかかる一方で、自由度と柔軟性は他の販売チャネルにはない大きなメリットです。適切な戦略を立て、長期的な成長を目指しましょう。 ECサイトのデメリット     初期費用と運用コスト ECサイトを立ち上げる際には、サーバーの設定やデザイン、システム開発などに多額の初期費用がかかります。 また、運営には定期的なメンテナンスや更新が必要であり、これに伴うコストも継続的に発生します。 自社でシステムを構築する場合は技術的な専門知識とリソースが必要となるため、運営コストが高くなる傾向があります。 集客の難しさ ECサイト運営のもう一つの大きな課題は集客の難しさです。 実店舗とは異なりインターネット上では多くの競合が存在します。自社サイトへのトラフィックを増やすためには、SEO対策やオンライン広告などのマーケティング戦略が不可欠です。 これらの施策には時間とコストがかかり、効果を上げるためには継続的な取り組みが求められます。 顧客との直接的なやり取りが難しい ECサイトでは顧客が実際に商品を手に取って確認することができないため、商品の詳細な説明や高品質な画像が求められます。 しかし、これでも実際の商品の質感やサイズ感を完全に伝えることは難しいです。 そのため、顧客が受け取った商品に対して期待と異なると感じることがあり、返品やクレームが発生しやすくなります。 配送に関する問題 商品の配送には時間がかかり、すぐに商品を受け取ることができないという点もECサイトの欠点です。 物流のコストや人手不足などの問題があり、配送遅延やコスト増加のリスクがあります。配送の遅延が生じると、顧客満足度が低下する可能性もあります。 ライバルの多さ インターネット上には無数のECサイトが存在するため競争が非常に激しいです。 同じ商品を扱う他のサイトとの価格競争やマーケティング戦争が常に繰り広げられており、自社の製品を目立たせるための努力が必要です。これには、継続的なマーケティング活動や独自のブランド戦略が不可欠です。 ECモールの特徴とメリット   高い集客力 ECモールの最も大きなメリットは高い集客力です。楽天市場やAmazon、Yahoo!ショッピングなどの大手ECモールは既に多くのユーザーを抱えており、新規の出店者もすぐに多数の潜在顧客にアクセスできます。 ECモールは知名度が高いため、消費者が商品を探す際にまず訪れる場所となります。出店者は自社の宣伝に多大な労力を費やさずに済み、モール自体のトラフィックを利用できます。 出店が簡単 ECモールの出店手続きは比較的簡単です。独自のECサイトを構築するためには、ドメイン取得やサイトのデザイン、システム構築など多くの準備が必要ですが、ECモールではこうした初期設定が簡略化されています。 出品者は、モールが提供するインフラを利用するだけで迅速に販売を開始することができ、初期費用や技術的な障害を大幅に削減できます。 幅広い支援サービス 多くのECモールは出店者向けに広告出稿やコンサルティング、物流サービスなどの支援サービスを提供しています。 初心者でも安心して店舗運営を始めることができ、販売促進や業務効率化のためのサポートを受けることができます。 こうしたサービスを活用することで、出店者は販売活動に集中することが可能です。 高い購入率 ECモールは購入を前提に訪れるユーザーが多いため購入率が高いことが特徴です。 ECサイトの平均購入率は1%から2%と言われていますが、ECモールでは5%前後とされています。 モール内で商品を探すユーザーは既に購買意欲が高いため効果的に販売を行うことができます。 ECモールのデメリット   カスタマイズの幅が狭い ECモールの大きなデメリットは、デザインや機能のカスタマイズが制限される点です。 出店者はモールの規定に従わなければならず、独自のブランドや店舗の特色を十分に表現することが難しい場合があります。 例えば、商品ページのレイアウトやプロモーションの表示方法など、モールが提供するテンプレートに制約されるため、自由なデザイン変更が難しくなります。 手数料とコスト ECモールへの出店には、出店料や販売手数料などのコストがかかります。特に、売上に応じた手数料が発生するため、商品が売れれば売れるほど手数料の総額が大きくなるというデメリットがあります。 また、モール内の広告やプロモーション活動にも追加費用がかかることが多く、総コストが高くなりがちです。 このため、利益率を維持するためには慎重なコスト管理が必要です。 ブランドの埋没 ECモール内では多くの競合店舗がひしめいているため、自社ブランドを目立たせるのが難しいことがあります。同一商品を取り扱う他の出店者との価格競争が激しく、差別化が難しいことも一因です。 顧客が特定のブランドに対して強いロイヤルティを持ちにくく、リピーターの確保が難しくなります。ブランドの独自性を保つためのマーケティング戦略が求められます。 自社に最適な選択の判断基準 ビジネスの規模と目標 ビジネスの規模と目標に応じて、ECサイトとECモールのどちらを選ぶべきかが決まります。 例えば、リソースが限られていて、迅速に販売を開始したい場合にはECモールが適しています。集客力の高いECモールでは、初期の顧客獲得が容易です。 一方、ブランド構築や長期的な成長を目指すならば、カスタマイズ性が高く自由度のあるECサイトが最適です。独自のデザインや機能を活用して、ブランドのイメージを強化し、顧客との関係を深めることが可能です。 予算とリソース 予算とリソースも重要な判断基準です。ECサイトを立ち上げるためには、初期費用や運用コストがかかります。サーバーの設定、デザイン、システム開発など、技術的なリソースが必要です。 一方、ECモールでは初期費用や技術的なハードルが低く、簡単に出店できます。しかし、販売手数料や広告費用などのランニングコストが発生します。 予算とリソースに応じて、どちらのプラットフォームが適しているかを慎重に判断する必要があります。 顧客ターゲット 顧客ターゲットも選択の重要な要素です。ECモールでは、広範な顧客層にリーチできるため、多くの新規顧客を獲得しやすいです。特に、知名度の低いブランドやスタートアップにとっては、ECモールの集客力が大きなメリットとなります。 一方、ECサイトでは、特定のブランドや商品のファンをターゲットにしたマーケティングが可能です。顧客データを活用して、パーソナライズされたサービスを提供し、リピーターを増やすことができます。 まとめ ECサイトとECモールの違いを理解することは、自社のオンライン販売戦略を成功させるために非常に重要です。 ECサイトは、自社のブランドやデザイン、機能を完全にコントロールできる自由度の高さが特徴です。 独自のマーケティング戦略やカスタマイズされた顧客体験を提供できる一方で、初期費用や運用コストが高く集客のための継続的な努力が求められます。 対照的に、ECモールは高い集客力を持ち、すでに多くのユーザーが利用しているため、初期の顧客獲得が比較的容易です。出店手続きが簡単で、マーケティングや物流のサポートが受けられる点も大きなメリットです。 しかし、カスタマイズの自由度が低く、販売手数料や広告費用などのランニングコストがかかるため、利益率を高く保つことが難しい場合があります。 どちらのプラットフォームを選ぶべきかは、自社のビジネスモデルやリソース、目標に依存します。 迅速に市場に参入して短期的な売上を上げたい場合はECモールが適しています。長期的なブランド構築やカスタマイズされた顧客体験を提供したい場合はECサイトが最適です。 最終的に、自社の状況に最適なプラットフォームを選び、適切な戦略を立てることで、オンライン販売の成功を目指しましょう。

    2024.05.24

    • お知らせ

    【6/5まで】締切間近!富山県の助成金でホームページを制作しませんか?

    富山県の助成金でホームページ制作が可能です! 助成金内容は以下の通りです。 助成金名 とやま中小企業チャレンジファンド事業 『小さな元気起業応援事業』 対象 県内の小規模事業者 1)製造業:従業員数20人以下 2)商業・サービス業:5人以下の事業者 助成率 対象経費の1/2以内 助成限度額 50万円 申請期限 6/14(金)17:00必着(郵送・持参とも) 申込期限 6/5(水) 必要書類 ・申請書 ・直近1年分の決算書 ・商工会による意見書 <意見書の手順> 1.事業計画を作成 2.商工団体に事業計画を説明のうえ、意見書の記載を依頼 3.記載してもらった意見書を申請書に添付して(公財)富山県新世紀産業機構に申請 この機会にホームページの制作・リニューアルをしませんか? 申請サポートもおまかせください。 弊社では6/5(水)までお申し込みを受け付けております! ぜひご相談ください! 助成金のお問い合わせはこちら  

    WEB CAN DO

    ルビコンが作る
    ホームページ

    ホームページの役割は、単に企業情報や商品情報を発信するだけではありません。

    自社のファンや将来的な顧客になってもらう。
    独自の色を出してブランディングする。
    商品を購入してもらう。
    優秀な人材を発掘する。

    ホームページは、ビジネスを成長させる多くの可能性を秘めています。

    ルビコンは、ホームページ制作やSEO、WEBマーケティング、広告など、これまで積み重ねた実績やノウハウを元に課題やゴールをしっかり見極め、「そこまで必要?」というところまで追求します。

    クライアント様の「ビジネスを成長させる多くの可能性」を最大まで引き出したホームページを一緒に作り上げていきます。

    MORE HAPPY

    WE CAN DO

    私たちにできること

    私たちは、「ホームページ制作を通じてクライアント様のビジネスをサポートする」ことを目的に、お客様のビジネスを成長させるための企画や集客戦略・WEBデザイン・構築、公開後のフォロー・運用アドバイスまでワンストップでサポートしています。

    事業者様の主体性を尊重し、成長のためのきっかけを事業者様に合った方法で提供します。

    ルビコンは、事業者様・顧客・取引先・従業員に「“うれしい”をもっと」感じてもらえるようサポートし続けます。

    企画・戦略

    WEBデザイン

    サイト構築

    フォロー・アドバイス