お電話でのお問い合わせ

tel.076-464-6906

    お名前必須
    お問い合わせ内容
    ご返信先メールアドレス必須
    閉じる

    ブログ

    BLOG

    「他の人はこちらも検索」とは?SEOへの活用法も

    2023.1.20

    • SEO

    Googleなどで検索をしていると、「他の人はこちらも検索」という表示を見たことがあると思います。

    ユーザーの検索行動を補助するための機能ですが、SEOにおいても利用していきたい機能の1つです。

    この記事では、「他の人はこちらも検索」がどんな機能なのか、どのようにSEOに活用するかを詳しく解説していきたいと思います。

    「他の人はこちらも検索」とは?

    「他の人はこちらも検索」は、検索キーワードに関連するおすすめキーワードが、検索画面に表示されるGoogle検索機能の1つです。

    上の画像は「富山 ホームページ制作」と検索したときに表示される「他の人はこちらも検索」です。

    PCとモバイルで表示方法が少し違いますが、キーワードそのものはあまり変わりません。

    2つのキーワードを組み合わせて検索した場合は3~4語のキーワードが表示されるので、ユーザーの検索意図を深く探ることができます。

    PCで見る「他の人はこちらも検索」

    PCでは、最初の検索画面には「他の人はこちらも検索」は表示されていません。

    例えば、下の画像は「鶏むね ステーキ」と検索したときの検索結果です。この時点では「他の人はこちらも検索」は表示されていません。

     

    「他の人はこちらも検索」PC表示

     

    検索結果に出ているホームページにアクセスした後、ブラウザバックで検索画面に戻ると「他の人はこちらも検索」が表示されます。

     

    モバイルで見る「他の人はこちらも検索」

    「他の人はこちらも検索」機能の登場当初はPCとモバイルで表示方法が同じでしたが、現在のモバイルでは最初から表示されています。

     

    「他の人はこちらも検索」モバイル表示

    どのようなキーワードが表示されるのか

    「他の人はこちらも検索」に表示されるキーワードがどのように決まるかは公表されていませんが、以下の要素が関係しているといわれています。

    ・サジェスト

    ・検索意図

    ・検索する場所

    サジェストから拾われる

    「他の人はこちらも検索」に表示されるキーワードは、基本的にサジェストから拾われることが多いです。

    下の画像は、「富山 ホームページ制作」で検索した際のサジェストと弊社ホームページをクリックして表示させた「他の人はこちらも検索」ですが、共通のキーワードが多く見られます。

     

    「他の人はこちらも検索」とサジェスト

    キーワードごとの検索意図

    基本的にはサジェストからキーワードが拾われますが、ユーザーの検索行動によって表示されるキーワードが変化する場合があります。

    例えば、同じキーワードで検索しても、アクセスするホームページによって表示されるキーワードが変化することがあります。

    これは、ホームページに含まれる情報を参照していると考えられますが、これらのアクセス履歴などから、ユーザーごとにどんな情報を求めているか予測し、表示させるキーワードを変化させている可能性があります。

    検索する場所

    Googleはローカル検索機能で場所によって検索結果を最適化していますが、「他の人はこちらも検索」も同じように最適化されています。

    とくに場所情報の重要度が高い飲食系などは顕著です。例えば「ピザ」と検索したとき、ユーザーの現在位置が東京か富山かで表示されるキーワードは異なります。

    「他の人はこちらも検索」が表示されないことも

    あまりに検索ボリュームが少なかったり、キーワードの組み合わせが多かったりすると、「他の人はこちらも検索」が表示されないこともあります。

    SEOでの活用方法

    「他の人はこちらも検索」に表示されるキーワードは、サジェストと同じく実際にユーザーに使われる頻度が高いものです。

    そのため、表示されるキーワードを深堀りすることで、よりユーザーの検索意図に沿ったコンテンツを作ることが可能になります。

    ここで、「他の人はこちらも検索」に表示されるキーワードをもとに、見出しまで作っていきたいと思います。

    1.検索キーワードを深く探る

    まずはキーワードを深堀りします。

    ここでは「チャーシュー」というキーワードを使用してみます。

     

    ▼「チャーシュー」の検索結果
    「他の人はこちらも検索」に表示されるキーワードを深堀り

    ここで表示されたホームページにアクセスし、キーワードを表示させクリックします。

    今回は「チャーシュー 作り方 とろとろ」をクリックし、表示されたホームページにアクセスし「他の人はこちらも検索」を表示させます。

    この作業を繰り返すことで、キーワードを深掘りできます。

     

    ▼「チャーシュー 作り方 とろとろ」
    「他の人はこちらも検索」に表示されるキーワードを深堀り

     

    ▼「とろとろチャーシュー 炊飯器」
    「他の人はこちらも検索」に表示されるキーワードを深堀り

     

    単にチャーシューというキーワードを見ているだけでは、ユーザーの検索意図を読み取れません。

    今回のようにキーワードを深堀することで、「とろとろチャーシューを炊飯器で簡単に作りたい」「レシピがほしい」というユーザーニーズが見えてきます。

    このようなユーザーニーズが見えてきたら、コンテンツのベースにしていきます。

    2.タイトルを作る

    キーワードからニーズが見えたら、それらに応えるタイトルを作ります。

    今回の場合は、以下のようなタイトルが考えられます。

    「家庭で簡単とろとろチャーシュー。炊飯器で作れるレシピもご紹介」

    「手間のかかるとろとろチャーシューも、炊飯器ならわずか〇〇分で出来上がり!」

    今回は、「家庭で簡単とろとろチャーシュー。炊飯器で作れるレシピもご紹介」というタイトルで見出しを作っていきます。

    3.見出しを作る

    「家庭で簡単とろとろチャーシュー。炊飯器で作れるレシピもご紹介」というタイトルから、下のように見出しを作ってみました。


    1.チャーシューの基本の作り方
    2.炊飯器で簡単!家庭でできるとろとろチャーシュー
    └つくれぽの人気レシピ
    └クックパッドの人気レシピ
    └DELISH KITCHENの人気レシピ
    3.味をしっかり染み込ませるコツ
    4.日持ちさせる保存方法

    今回は簡単なものを作りましたが、しっかり作り込むことでユーザーニーズを広く網羅した見出しを作ることができます。

    「他の人はこちらも検索」を常に表示する方法

    ホームーページにアクセスすると表示される「他の人はこちらも検索」ですが、「Keywords Everywhere」というGoogle拡張機能を使えば常に表示させられます。

    Keywords Everywhere

    この拡張機能をインストールすると、わざわざホームページにアクセスしなくても検索画面に「他の人はこちらも検索」キーワードが表示されます。

    キーワードを1クリックで一括コピーできるので、キーワード探しがはかどります。

    「他の人はこちらも検索」を活用してSEO強化

    コンテンツSEOを成功させるには、ユーザーニーズをいかに掴むかが重要になります。そのための最初のステップがキーワード探しです。

    さまざまなキーワードを組合せてユーザーニーズを読み取るのは大変な作業ですが、「他の人はこちらも検索」を上手く利用することで効率を高め、ニーズへの理解を深められます。

    ほかにも、Googleにはサジェストや「他の人はこちらも質問」など役立つ機能がたくさんあります。ぜひ上手く活用して、SEOを強化してください。

    関連記事