売れるホームページをデザインする。株式会社ルビコン

Back To The Top

SEO対策

SEO対策とは

SEOでトップページの上位表示を目指す必要性

Googleやyahooなどの検索エンジンで特定のキーワードによる検索を行ったとき、検索結果で表示されるホームページの順位に大きく関わるのがSEO対策です。

SEO対策を実施する目的は、Googleやyahooなどの検索エンジンでユーザーが特定のキーワードで検索を行った際に、表示される検索結果の上位に自社ホームページを表示させることにあります。

主な手段としてはホームページ構成の最適化、検索キーワードの選定、ホームページのテーマに合ったコンテンツの充実となります。

なぜSEO対策が必要なのか

ホームページを通して利益を得るには、提供している商品やサービスに興味を持ってくれそうな見込み客の獲得が必要になります。

どんなにデザインが優れたホームページを制作して魅力のある商品やサービスを紹介しても、誰にも見てもらえなければ意味がありません。

せっかくのホームページが無駄にならないためにも、ルビコンがご希望のキーワードで検索エンジンに上位表示されるサポートを行わせていただきます。

ルビコンが実施するコンテンツSEO

コンテンツSEOを簡単に説明すると「ユーザーが求める良質なコンテンツを提供することで、検索結果の上位表示を目指す」というSEO対策の手法の1つです。

ユーザーが求めている情報を理解し、それに対して価値あるコンテンツを作る。ユーザーがネット上で情報を探す際に使うであろうキーワードを推測し、そのキーワードで検索結果の上位に表示されるようなコンテンツを作る。これらの施策を総称してコンテンツSEOと呼びます。

コンテンツSEOが注目されている背景に、googleを始めとした検索エンジンの進化があります。

一昔前の検索エンジンによるホームページの評価方法は、他のサイトからどれだけリンクが張られているか(被リンク)が基準になっていました。

その結果、リンクを業者から購入するなどしたユーザーにとって価値のないサイトが検索結果の上位を独占するという時代がありました。

しかし現在のグーグルは「コンテンツ自体の価値を評価する」という姿勢を打ち出し、ユーザーにとって価値のないサイトを上位表示させることはないとしています。

被リンクが上位表示にとって大切な要素であることは変わりませんが、それ以上に「ユーザーの利便性を最優先に考慮してホームページを作成する」ことを最も重要視しているのです。

ルビコンは小手先に技術に頼らず、ホームページのテーマに合ったコンテンツを制作することでユーザー・検索エンジン双方にとって価値のあるホームページ制作に取り組んでいきます。

ロングテールキーワードを狙ってSEO対策の効果を長期的に維持する

ルビコンがコンテンツSEOをおすすめする理由は、ロングテールキーワードを拾って集客をおこなうためでもあります。

ホームページのテーマに沿ってコンテンツを追加していくことで、さまざまなキーワードでホームページの集客をおこなうことが可能になります。

ロングテールキーワードは検索数は少ない反面、達成意欲の高いユーザーが検索する傾向があるためコンバージョンにつながりやすく、さらに該当キーワードでの上位表示が比較的容易だというメリットもあります。

企業ホームページの中には、基本的なコンテンツを制作しただけで放置したり、ブログを更新していてもホームページのテーマから外れた日記ブログになっているとこが多いため、競合他社に対してwebマーケティングの面で優位に立てる可能性が高いのがロングテールキーワードを狙ったSEO対策です。

ロングテールキーワードによる集客は早く結果を出したホームページが優位に立ち続ける傾向にあるため、競合他社より少しでも早く取り組みことが非常に重要になります。

達成意欲の高いユーザーを呼び込む

自社でブログやコンテンツの更新をおこなうことはSEO対策上でも重要になります。しかし、コンテンツSEOの観点で見たとき、ホームページのテーマに沿っていない価値のないページばかり増やしていても集客やコンバージョンにはつながりません。

上でも少し触れましたが、貴社のブログは単なる日記になっていないでしょうか?

残念ながら、多くの企業のブログが社長や社員の日記ブログとなっているのが現状です。それでは集客やコンバージョンにつながらないばかりか、SEO対策上マイナスに働きホームページからの成果発生に悪影響を及ぼす可能性があります。

貴社の商品・サービスを利用したいと思っているお客様に向けて、知りたいことや疑問を解決する内容をブログ内で発信することで、初めて達成意欲の高い上質なお客様を呼び込むことが可能になるのです。

ここで問題になるのが、コンテンツSEO対策を考慮した更新作業は、専門知識を持たない企業にとって非常にハードルが高いという点です。

近年Googleなどの検索エンジンは、ボリュームや内容の薄いコンテンツを低品質なコンテンツと見なします。その結果、せっかくコンテンツやブログの更新を続けても、それらがペナルティの対象となり検索順位を大きく下降させることになる可能性も出てきています。

コンテンツSEOを実施して質の高いお客様を集めることができれば、時間の経過とともにその効果は大きくなっていきます。

少しでも早くコンテンツSEOを実施することで、半年後・一年後の成果に大きな差が生まれるのです。

ルビコンは、集客やコンバージョンにつながるキーワードを調査し高品質で価値のある貴社独自のコンテンツを作り上げることで、集客やコンバージョンにつながるコンテンツSEOを実施させていただきます。

お問い合わせ