ブログ

BLOG

【Windows編】仕事に役立つショートカットキー28選

2022.8.02

  • お役立ち

仕事でWindowsを使っている方は多いと思います。

仕事の効率を上げて時短を目指すには、ショートカットキーがお勧めです。
1回の操作で短縮できる時間はわずかですが、積もり積もればかなりの時短になります。

今回は、目的別のショートカットキーを紹介します。
「仕事の効率をよくしたい」「簡単に操作したい」という方は、覚えておいて損はないはずです。

よく使うショートカットキー

切り取り 【Ctrl + X】

コピー元を修正したり、別の言葉や数値に差し替えたりする際に使うキーです。切り取ったものを別の場所へ移動させるときにも利用します。

コピー 【Ctrl + C】

コピーしたい箇所をドラッグ&マークして使用します。Excelでセルを丸ごとコピーするなら、セルを選択し操作します。引用やくり返し同じ入力が必要なときに使いたいキーです。

貼り付け 【Ctrl + V】

コピーしたものや切り取ったものを、別の場所に貼りつけるときに使うキーです。貼りつけたい場所にカーソルを合わせて操作すると、簡単に貼りつけられます。

元に戻す 【Ctrl + Z】

文章ではEnterキーを押し確定したところまでひとつずつ戻り、Excelでは1セルごとに操作が戻っていきます。削除してしまったものを復活させるときによく使います。
太字や色文字などの装飾など、基本なんでも戻せるのでとても便利です。

やり直し 【Ctrl + Y】

Ctrl+Zで戻したものを、戻す前の状態にします。
修正した箇所やすでに入力した箇所を、最新の入力状況に戻す場合に便利なキーです。

ファイルやフォルダの名称を変更する 【F2もしくはFn + F2】

ファイルやフォルダを選択し、【F2】もしくは【Fn+F2】を押すことで、右クリックから「名前の変更」を選択する手間が省けます。
F2ショートカットキーを押したまま【Tab】を押せば、1段ずつフォルダ名が選択されるので、連続で変更したいときには便利なキーです。

上書き保存 【Ctrl + S】

保存ボタンをいちいち押さなくても、素早く上書き保存ができます。
定期的に上書きするクセを付けておけば、大事なデータをしっかり守ることができます。

新規フォルダ作成 【Shift + Ctrl + N】

手早くフォルダを作れるキーです。フォルダを作る機会は多いので、何気に助かるキーです。

印刷 【Ctrl + P】

印刷画面を素早く立ち上げます。

テキストやデータの範囲を選択する 【Shift + →↓←↑】

1文字単位で選択範囲を指定できます。上下を使うことで行単位での指定が速くできます。
フォルダ内では【Shift + ↓↑】で複数ファイルを選択できるなど、意外と使う場面も多いキーです。

拡大縮小ズーム 【Ctrl + ローラー上下】

見えにくい画面を大きくしたり小さくしたりします。
ブラウザ、各種ファイル、画像など基本なんでも拡大縮小できます。

文字入力で使うショートカットキー

すべてを選択 【Ctrl + A】

画面に収まりきらないものも含め、テキストやフォルダ、ファイルなどをすべて選択できます。

文字検索 【Ctrl + F】

文章や単語を検索するキーです。WordやExcel、ブラウザ、メモ帳などでも使用できます。

文字の置き換え 【Ctrl + H】

Excelなどで置換機能を呼び出せます。単語を一括置換するときなど、ひとつひとつ文字を拾う手間が省けます。

文字をひらがなに変換 【F6】

入力確定前の文字を一括でひらがな変換します。

文字を全角カタカナに変換 【F7】

入力確定前の文字を一括で全角カタカナに変換します。

文字を半角カタカナに変換 【F8】

入力確定前の文字を一括で半角カタカナに変換します。

文字を全角英字に変換 【F9】

入力確定前の文字を一括で全角英数に変換します。

文字を半角英字に変換 【F10】

力確定前の文字を一括で半角英字に変換します。

ウィンドウで使うショートカットキー

画面切り替え 【Alt + Tab】

現在開いて作業している画面を一列で表示し、選択することができます。
たとえばWord、Excel、ブラウザを使用して作業している状態なら、それぞれが開いている画面が一列になって並んで表示されます。
Altキーを離さずにTabキーで選択することで、作業したい画面を選ぶことができます。
その後、Altキーを離すと選択が確定され、画面が表示されます。

画面を閉じる 【Alt + F4】

画面の右上にある閉じるボタン×を押さずに、画面を閉じることができます。

タブの移動 【Ctrl + Tab】

Ctrlを押したままTabを押すことで、開いているタブを順番に移動することができます。

タブの移動② 【Ctrl + 数字キー(1~8、9)】

ブラウザで複数のWebページを閲覧中、左からの番号を入力すすると、そのタブに1回で移動できます。
数字の9を押すと、1番右のタブに移動します。

ブラウザのページを移動 【Win + ←もしくは→】

ブラウザの閲覧中に、前にクリックして開いたページに戻る場合は「Alt+←」、最新のページに戻る場合は「Alt+→」を利用します。

ブラウザのページを最大・最小化する 【Win + ↑もしくは↓】

ブラウザの閲覧中に、ウィンドウを最大化するには「Win+↑」、最小化するには「Win+↓」を使います。

ウィンドウメニュー表示 【Alt + Space】

移動、サイズ変更、最小化、最大化、閉じるなどのメニューが開きます。

ごみ箱へ移動【Ctrl + D】

選択した項目をごみ箱に移動します。

完全削除【Shift + Delete】

選択した項目をごみ箱に移動せずに完全削除します。手間なく削除が出来る点は便利なキーです。
ただし、削除後は復元ができないことには注意が必要です。

ショートカットキーは「かなり」使えます

WindowsのショートカットキーはPC作業で知っておきたいテクニックの1つです。
普段の仕事で「面倒だな」と感じる作業も、ショートカットキーなら簡単に済ませられます。

ショートカットキーは無数にあるので、すべて覚えるのは難しいですが、何度も同じ作業をする場合、ショートカットキーを探したら意外と見つかるものです。

少しずつショートカットキーを覚えて、仕事の効率を上げていきたいものですね。