外出自粛・三密・StayHomeの今できること

事業を運営する方にとっては頭の痛くなる話題ばかりが続いてます。

この状況下、ルビコンでご提案できる事が少しでも皆様のお力になれれば幸いです。
以下にいくつか対策をご紹介します。

1.【外出自粛】対策…ショップサイトをスタート

今回の出来事を受け、ネットを通した購買に一般の方がより一層慣れていくのでは無いかと予想されます。
ショップサイトを新たに立ち上げる事で、販路は近隣にとどまらず全国へ拡大されます。

「物理的な距離」は実は中々にハードルが高いものです。
「北海道の美味しいいくらが食べたい!」というニーズがあっても、「じゃあ今から行って食べるか!」と行動に移していける人は稀です。

どんなに交通が発達しても、新幹線が通ったり、飛行機で行けるようになっても、「物理的な距離に対するハードル」は目だって下がることは無いと感じます。

思い立ってから現地に行く→買う→帰る
その一連の行動には時間もかかり、費用もかかる。

この壁を突破できるものが「ネット」を通したサービスだと思います。

例えばですが、近隣に住んでいる1000人中1人が自社のサービスを気に入ってくれていたとします。

範囲を広げ、その母数が広がれば広がるほど、気に入ってくれる人の割合は高くなる可能性があります。

もちろん、そんな単純な計算が全てに当てはまり、計算通りに進む保証はありません。

ですが、間口を広げる事でこの先に未来のお客様を増やせる可能性を、今から作っていくことができます。

遠くの方にも商品やサービスを届ける仕組みづくりを、今この機会に、一緒に考えてみませんか?

実は先頭を切ってショップサイトをスタートさせたお店があります。
せっかくなので、ご紹介します。

株式会社 魚正
https://shop.uomasa-toyama.com/

情報や写真の準備などを積極的にしてくださったおかげで、迅速に公開まで進む事ができました。

2.【三密】対策…予約システムの導入

予約システム自体は当社のサービスではありません。
自社のページと組み合わせて利用する形で導入しているお店があります。
参考までに。

YOSA PARK Felice
https://yosa-park.com/felice/
YOSA PARK Tiari
https://yosa-park.com/tiari/

予約を取る事で来店する人数を制限し、込み合うことを避ける事ができます。
自粛の中、人と会う事自体に不安を感じておられる方も多くいらっしゃいますが、予約制にすることで少しでも安心感を持っていただくことができるのではないでしょうか。

3.【StayHome】対策…ブログ発信

実際に来店してもらう事が難しくても、お店の事について情報発信をしておくことは大切だと思います。

・覚えていてもらうこと
・取り組みを伝えること
・お店とお客様の繋がりを維持しておくこと

「普段は忙しくてブログ発信どころでは無くて」という方も、この機会にブログ発信をしていただけたらと思います。
当社で作るWebサイトは8割~9割はSNSと連動させています。
ブログを書けばSNSへも自動で投稿され、手間なく情報発信ができる環境です。

「ネタが無いなぁ」という方のために、ネタのヒントになりそうなものを挙げてみます。

・コロナについて、お店がとっている対策
・業界あるあるや豆知識
・普段よくいただく問合せ内容に対する答え
・お家で出来る特別企画
・動画投稿のお知らせ

何でもよいので、この機会にいろいろなブログを見まわしてみて、真似をするところから始めてみませんか?

挙げた3つの対策は例です。
他にもWebに関して始めてみたいこと、やりたいこと、困り事などあればお気軽にご相談ください。