SSL化されていないホームページにラベルがつく

GoogleがSSL化(HTTPS)されていない全てのページに対して、安全な通信でないことを通知するラベルの表示をブラウザ上で常に表示することを正式にアナウンスしました。

2018年7月にリリースされるChrome68から実装予定
とのことです。

これによりHTTPSではないページ、つまりSSL化がされていない(HTTPのままになっている)ページには「保護されていない通信」ラベルがURL欄の頭に表示されます。

ここで重要なのが、ページを開いた瞬間から「保護されていない通信」ラベルが付くということです。

現行のChromeでもラベル表示はされますが、次の条件が当てはまる場合に限られています。

●通常モード:フォームにテキストを入力するとき

●シークレットモード:常に表示

シークレットモードではSSL化されていないページには常にラベルが表示されますが、通常モードではフォームにテキストを入力するときしか表示されません。

ネットリテラシーが高まり、情報の取り扱いに対して敏感になったネットユーザー間で、SSL化されていないホームページは信頼できないという認識が広がっています。

Googleもこの流れを受け、最終的にすべてのHTTPページに警告を出すことを目指すと、前々から言及していました。

ユーザーのネットリテラシーの高まりがSSL化を促進する

もし今まだSSL化をしていないなら、「保護されていない通信」ラベルの表示が自社にとって何の悪影響を及ぼさないと確信できる場合を除いて、早急にSSL化を進めるべきだと思います。

この仕様変更はあくまで表示上のものであって、SSL化されていないという理由で検索順位が下がったり、ペナルティの対象となったりすることは今のところはありません。

ただ、ブラウザ上でラベルが付くからという理由だけでなく、ユーザーのプライバシー保護とセキュリティが必須になってきたことを考えても、SSL化はこれからホームページ運用に欠かせない施策ではないでしょうか。