どうも。Creative Directorに昇格したさくちゃんです。

 

最近、AIが世界を席巻しています。
自動運転、ビックデータ分析等、いろんな分野に利用されています。

そこで私の興味(というか趣味)のあるAIについてご紹介したいと思います。

 

藤井聡太 という名前をご存知でしょうか?

 

ワイドショーを賑わしている(はず)の言わずとしれた将棋界のスターです。
(将棋星からやってきた将棋星人)

史上最年少(14歳2か月での四段昇段)でプロになり、2年もかからず七段に昇段しています。

 

なぜ、このような天才が現れるのでしょうか?

 

そこで登場のAIです。

 

将棋界隈は、AIがすでにプロを軽く超えていて、未知の領域に達しています。
有名どころでは、

Ponanza(ポナンザ)
名人に勝った将棋ソフト

やねうら王
http://yaneuraou.yaneu.com/

コンピューター将棋界で、やねさんを知らない人はいないと思う

the end of genesis T.N.K.evolution turbo type D(通称、たぬき)
https://github.com/nodchip/tnk-/releases

NNUE評価関数が素晴らしい

があります。
レーティングはこちらのサイトにまとめられています。

コンピュータ将棋 まとめサイト(Qhapaqさん)
https://www.qhapaq.org/shogi/
藤井聡太七段も、これらのコンピューター将棋ソフトを使用して日々研究しているそうです。

 

最近は、AMD発言でも話題になりました。

藤井聡太七段は、AMD Ryzen 7 1800Xユーザー
https://www.amd.com/ja/products/cpu/amd-ryzen-7-1800x

 

もちろん本人の努力でプロになったと思いますが、
間違いなく将棋ソフトの力も役に立っていると思います。

 

AIというのは、日々進化しています。
また、皆様の知らないところで、AIが活躍していると思います。

アニメみたいな、AIロボットが人間を・・・みたいな世界はまだまだ実現しないと思いますが、
近い将来、介護する人やショップ店員がロボットになるのは近いでしょう!

 

ぜひ、皆様もAIに興味を持たれてはいかがでしょうか?

 

私は、来年のWCSCに参加しようと思っております。
http://www2.computer-shogi.org/wcsc29/press0827.html

目標は参加すること!

 

簡単そうだと思われるかと思いますが、実は大変です。

まず、作成したソフトにて、将棋を

 

普通にルール通りに指すこと!

 

これがむずかしいのです・・・

弊社では、将棋好きのエンジニアを募集中です。
将棋の話で盛り上がりましょう!

それで、#将棋部 を作りましょう!