クローラビリティ

クローラーがURLにアクセスでき、コンテンツを解析してデータベースにインデックスできているか確認する。

インデックスされているか確認するには、SEOチェキなどのツールを使うか、URLの前にsite:(site:https://◯◯◯/jp)を入れるのが簡単でオススメです。

SEOチェキでは、タイトルや見出しなどのSEOに重要なタグ内のテキスト、検索順位も手軽に確認できるので、ときおり確認してみてもいいでしょう。

SEOチェキはこちらから→http://seocheki.net/

キーワード調査

ユーザーが問題解決のために使用するキーワードやフレーズを調査し、作成したコンテンツが問題解決に必要なコンテンツになっているかを検証。

キーワードはメインキーワードのほか、関連性があるいくつかのサブキーワードが必要です。

検索結果から必要なコンテンツを読み取る

選定したキーワードで実際に検索結果を表示させ、選定キーワードで検索順位を上げるために必要なコンテンツを把握する。

オーソリティ

検索順位の1ページ目(理想は1~3位)に表示されているサイトより高品質なコンテンツを作り、オーソリティサイト(ある分野において権威の高いサイト)を目指す。

オーソリティサイト例:天気=気象庁、レシピ=クックパッド

魅力的なリッチスニペットとスニペット

サイトタイトル、ページタイトル、メタ要素を調整し、魅力あるスニペットを表示させる。

サイト内キーワード

メインキーワード、サブキーワード、関連キーワードをサイト内のタイトルタグやテキストコンテンツ内に適切に含ませる。

サイトの表示速度とセキュリティ

ページを最適化し、あらゆるデバイスや通信速度でも高速で表示され、ユーザビリティに優れたデザインを追求する。セキュリティの観点からSSL化(HTTPS)を推奨します。

より多くのユーザーにリーチしてサイトブランディング

コンテンツを拡散してくれるユーザー層をしっかり分析したうえで、ウェブやSNS上でリンクや口コミを獲得する。