SEO対策でページ数を増やすことは重要か?

SEO対策をするうえでページ数が多いと有利に働くと良く言われていますが、正直な話、個人的には多くても少なくてもどちらでも良いような気がしています。

アクセスを集めるという点で言えばページが多いことに越したことはありません。1ページのサイトより100ページのサイトがアクセスを集めやすいのは当然です。

1ページだけのペラサイトでも上位表示できるという意見もありますし、実際に上位表示されているペラサイトをいくつも見てきました。

しかし、キーワードの大きさによっても状況は変わってきますが、通常はアクセスを集めるにはそれなりのページ数は必要です。ただ、中身のないページを量産しても意味がありませんし、逆効果になることもあります。

内容のないページを1,000ページ作るより、そこでしか見られない濃い内容が詰まったページを100ページ作るほうが間違いなくアクセスを集められます。

Q:何ページ作ればいい?→A:そのサイトに必要なページを作る。

今からホームページを作ろうとしている人や、作り始めたばかりの人が良く考えるのが「何ページ作ればいいのか」というものです。

私自身、その質問を幾度となく受けてきました、その時は「そのページに必要なページ数」と答えています。

○○ページというふうに数字で表したほうが分かりやすいと思いますが、必要なページはサイトやジャンルによって変わってきます。

こういう質問をしてくる人は、なるべく労力をかけず検索エンジンからの評価を最大限に得ることを意識しているのだと思います。

経験上、ロングテールSEOでそれなりの成果が出だすのは200~300ページくらい作ったタイミングが多いと感じています。

ただ、ジャンルによって必要なページ数は大きく変動してくるので、変にページ数を意識する必要は全くないと思っています。

SEO対策と文字数

SEO対策を考えると1ページのテキスト量は○文字以上が良いという話も良く耳にします。

これも個人的にはあまりこだわる必要はないと思います。

基本的に検索エンジンはページ内に存在するキーワードを拾ってサイトの評価をするので、テキスト量が多い方がアクセス集めやすいとは思いますが、それでも「○文字以上が良い」という話ではないと感じます。

ページ数と同様、「そのページにとって必要な文字数」が答えだと思います。文字数を増やすためだけに書かれた文章ほど無駄なものはありません。

目安として1,000文字という目標を作るのは良いですが、500文字で十分な内容が書けるのに無理して500文字付け足す必要はないですし、1500文字書かなければ情報を伝えきれないのであれば1500文字書けばいいのです。

文字数によってそのページの価値が決まるというものではありません。