トップページの順位にこだわりすぎると危険

SEO対策に携わっていれば、「トップページの検索順位が上がらない」「会社概要が1番上位に出ている」と一度は悩んだことがあると思います。

しかし、ハッキリいって、SEO対策を実施するときトップページの順位にこだわるのは危険です。実際、トップページの検索順位にばかり目がいって、他のページのつくり込みが甘いホームページは、かなりの確率でSEO対策による集客に失敗しています。

大きな理由として、実は企業ホームページが持つ性質上、トップページの検索順位を意図的の上げるのが非常に難しいということが挙げられます。

その理由をこれからご説明していきます。

1.トップページではユーザーの抱える問題を解決しにくい

まず、Googleに代表される検索エンジンが、どんなホームページを上位に表示させるかを考えてみてください。

答えは「ユーザーが抱える問題を解決できる情報を含み、オリジナリティに富んだ高品質なコンテンツ」です。

これを基準として、検索エンジンはデータベースに蓄積している膨大なページから、ユーザーの疑問や悩みを解決できそうなページを選んで検索結果に表示します。

さらにいえば、検索エンジンはユーザーの疑問や問題に対して、ピンポイントに回答できるページをより上位に表示させる傾向があります。

そのため、検索順位上位を目指すのなら「ユーザーに対して優れた回答を提供できるか」「検索ユーザーの疑問や悩みをそのページが解決できるか」を常に意識してコンテンツをつくり込む必要があります。

しかし、企業ホームページのトップページは自社の事業内容を網羅した構成になっている必要があります。

その結果、どうしてもテーマが異なるコンテンツ混在し、検索順位を上げるのに不利な状態になってしまうのです。

2.トップページはテキストコンテンツを増やしづらい

SEO対策でコンテンツづくりが最重要とされる理由に、検索エンジンのデータの集め方があります。

検索エンジンは、基本的にどんなテキストが記述されているかで、そのページの内容を判断しています。

画像に含まれるテキストもある程度は解析できるといわれていますが、ほとんどはテキスト部分での判断となっているのは間違いありません。

ホームページの検索順位は、ページのテーマとそこに含まれる情報の品質で決定されます。言い換えれば、検索順位を決定する最大の要因は、ページに含まれるテキスト(文章)ということなります。

大抵の企業ホームページは、自社が持つ事業を画像で端的に表したバナーを張るか、グローバルメニューからのテキストリンクを使い、ユーザーを各事業の詳細ページへ誘導していると思います。

そうしないと、膨大な量のテキストに埋め尽くされ、見ただけでウンザリするようなトップページになってしまうからです。

検索エンジンがテキストによる評価を重視している以上、トップページの検索順位を他のページより意図的に上位上げるのが難しいのは仕方がないといえるでしょう。

トップページの検索順位にこだわるより、他のページのコンテンツを充実させ、ホームページへの入り口をより増やすことに注力したほうが間違いなく集客力は高まりますし、何よりこだわりを捨てることで視野が広がります。

ホームページ内のコンテンツを充実させることでトップページの評価が高まり、上位に表示されればラッキーくらいの気持ちでSEO対策に取り組んでみてください。

どうしてもトップページを上位表示させたいときにできる対策 

どうしても他のページよりトップページを上位表示させたいのであれば、効果的なのが内部リンクの設置です。

検索エンジンは、内部リンクが集中しているほど重要なページとして捉え、検索順位を上げる傾向があります。

そのため、他のページからの内部リンクをトップページに張れば評価が高まり上位表示される可能性があります。(100%ではありません。)

大抵「TOPへ」といったテキストリンクか、画像を使ったバナーリンクになりますが、リンクの効果を高めたいのであればテキストで、加えてターゲットキーワードを自然に含ませるのがベストです。

トップページの順位をどうしても上げたいのであれば、適切な内部リンクの設置を意識してみてください。

ただし、低品質なページからのリンクを検索エンジンは評価しないので、各ページのコンテンツの質を高めるのが大前提となります。

トップページ以外のコンテンツを高品質なものに!

上でも少し触れましたが、トップページの検索順位を上げる1番の近道は「各ページのコンテンツの質を高める」ことです。

トップページの下層にあるページが高い評価を得てこそ、トップページの評価を相対的に高め、上位表示させることができるのです。

ただ、SEO対策に深く関わっていなければ、「高品質なコンテンツ」といわれてもイメージが湧かないと思います。

そこで、Googleの公式資料から「高品質なコンテンツをつくるためのアドバイス」を抜粋してご紹介します。

Googleが考える「高品質なコンテンツ」とは?

●あなたはこの記事に書かれている情報を信頼するか?

●この記事は専門家またはトピックについて熟知している人物が書いたものか? それとも素人によるものか?

●サイト内に同一または類似のトピックについて、キーワードがわずかに異なるだけの類似の記事や完全に重複する記事が存在しないか?

●あなたはこのサイトにクレジットカード情報を安心して提供できるか?

●この記事にスペルミス、文法ミス、事実に関する誤りはないか?

●このサイトで取り扱われているトピックは、ユーザーの興味に基づいて選択されたものか?それとも検索エンジンのランキング上位表示を目的として選択されたものか?

●この記事は独自のコンテンツや情報、レポート、研究、分析などを提供しているか?

●同じ検索結果で表示される他のページと比較して、はっきりした価値を持っているか?

●コンテンツはきちんと品質管理されているか?

●この記事は物事の両面をとらえているか?

●このサイトは、そのトピックに関して第一人者(オーソリティ)として認識されているか?

●次のような理由で個々のページやサイトに対してしっかりと手がかけられていない状態ではないか?

●コンテンツが外注などにより量産されている

●多くのサイトにコンテンツが分散されている

●記事はしっかりと編集されているか? それとも急いで雑に作成されたものではないか?

●健康についての検索に関し、あなたはこのサイトの情報を信頼できるか?

●サイトの名前を聞いたときに、信頼できるソースだと認識できるか?

●記事が取り上げているトピックについて、しっかりと全体像がわかる説明がなされているか?

●記事が、あたりまえのことだけでなく、洞察に富んだ分析や興味深い情報を含んでいるか?

●ブックマークしたり、友人と共有したり、友人にすすめたくなるようなページか?

●記事のメインコンテンツを邪魔するほど、過剰な量の広告がないか?

●記事が雑誌、百科事典、書籍で読めるようなクオリティか?

●記事が短い、内容が薄い、または役立つ具体的な内容がない、といったものではないか?

●ページの細部まで十分な配慮と注意が払われているか?

●このサイトのページを見たユーザーが不満を言うか?

Googleウェブマスター向け公式ブログ 『良質なサイトを作るためのアドバイス』

上記の要素を常に意識したコンテンツづくりを続ければ、トップページの評価を高めることができるはずです。

トップページのタイトルに地域名(商圏)を含める

商圏がはっきり絞られる場合は、「富山県」「富山市」などの地域(商圏)キーワードをトップページに含めることで、上位表示の確率を飛躍的にアップさせることができます。

地名名をキーワードに使うことで、競合となるホームページの数を劇的に減らすことができるからです。

試しに、「注文住宅」に関連したキーワードでのページヒット数を見てみましょう。

●「注文住宅」・・・約1,750万件
●「富山県 注文住宅」・・・約90万4,000件
●「富山市 注文住宅」・・・約51万7,000件

いかがでしょう?

注文住宅というキーワードに地域名を入れるだけで、競合するホームページの数に約35倍もの差が出るのです。

はっきりいって、2,000万件に近いサイトに競り勝って自社のホームページを上位表示させるのは至難の業です。それがタイトルに地名を含めるだけで約1,700万件のライバルサイトと競合しなくて済むのはメリット以外の何物でもありません。

競合するホームページが50万件程度なら、サイト全体の評価を内部リンクなどでトップページにある程度集中させれば、トップページを上位表示させることはそれ程難しいことではなくなります。

そもそも、トップページが上位表させる意味はあるか?

根本的な問題になりますが、トップページを上位表示させることがそれほど重要なことでしょうか?

正直、個人的には「重要じゃない。むしろ適切なコンテンツをピンポイントで表示させたい」と思っています。

例えばですが、「富山 注文住宅 費用」で検索したときを考えてください。

この時、ホームページへの入り口がトップページだと、ユーザーはそこから費用に関する情報が載っているページを探さなければいけません。

しかも、どんなに構造しっかりしたホームページでも、ページとページの間を移動するごとに一定数のユーザーが必ず離脱してしまいます。

しかし、求める情報が載っているページにユーザーが直接入ることができれば、わざわざホームページの中を探し回る必要がなくなります。

当然、ホームページからの離脱率も下がり、問い合わせなどのアクションを起こすユーザーの割合も増えるはずです。

企業としては、トップページの上位表示より嬉しい結果を得られるのではないでしょうか?

まとめ:やっぱりトップページへのこだわり過ぎはよくない

トップページは、確かにホームページの中でも1番の顔となる部分です。そのため、ユーザーにトップページを最初に見てもらいたいと考えるのは当然かもしれません。

しかし、トップページだけをつくり込んでも、ホームページの集客力を高めるのは不可能です。各コンテンツを充実させ、「総合力」を高めるのが正しいホームページの集客方法です。

野球やサッカーなどの団体スポーツでは、チーム全体で勝利を掴みにいきます。突出した力を持つ選手が1人いるだけで試合に勝つことはできません。個々の選手を育て、チームとしての総合力を高めることで勝利に近づくことができます。

ホームページの集客もこれと同じことです。トップページにだけ注力するのではなく、それも含めたすべてのコンテンツの質を総合的に高めることがSEO対策を成功させる1番の近道です。

先にもいいましたが、その過程でトップページの評価が高まり、上位表示されればラッキーという程度に考えておけばいいのではないでしょうか。