Recruit Site

リクルートサイト制作

インターネットの普及に伴い、現在ほぼすべての世代で求人情報の収集にインターネットを利用しています。

インターネットを就職活動に利用する求職者の87%以上が応募する会社のホームページを見るというアンケート結果もあります。

リクルートサイトを用意し、多くの求職者に自社がどのような人材を求めているかを強くアピールすることで、より優秀な人材の確保が可能になります。

リクルートサイト制作

リクルートサイトを制作する重要性

求人情報の収集に今最も使われているのが求人ポータルサイトです。

実際に自社サイトで求人を行わず、求人ポータルサイトを利用すればいいと考えておられるクライアント様も多くいらっしゃいます。

たしかに求人ポータルサイトは転職または就職したいと考えているユーザーが自発的に閲覧するケースが多く、よりたくさんの求職者に情報を発信することができるという強みがあるので、費用に勝る価値が得られるのであれば積極的に利用するべきです。

求職者側からしても、一度に多くの求人情報を見ることができるので、多くの会社を比較検討するため利用する人は多いでしょう。

ただし、求人ポータルサイトには掲載できる情報量が少ないというデメリットが存在します。その中でアピールできない求職者にとって魅力的な情報があれば、応募してくれる可能性のあった優秀な人材を取り逃がすことになってしまいます。

自社でリクルートサイトを制作した場合、掲載する情報の内容・量の制限はまったくありません。

職種ごとに別ページを用意し、部署ごとに採用したい人物像を伝えるなど、自社を深く知ってもらうためのアピールポイントを自由に掲載することができます。

リクルートサイトを作ることでコスト削減に

企業の求人によく使われるのが、前述した求人ポータルサイトや求人情報誌などの紙媒体です。

これらは基本的に求職者が無料で手軽に入手できる、地域全体をカバーできるなどのメリットがあります。

ただ費用があまり安くないことや、掲載・配布期間が限られているなどの制限がデメリットになっています。

自社でリクルートサイトを背卯作すると、制作費用はかかりますが、一度作れば基本的な求人要綱や勤務条件を更新することで、サイトが存在する限り求人情報を載せ続けることができます。

求人ポータルサイトや紙媒体と違って掲載されるタイムラグを気にすることなくスピーディーに求人情報を発信できることや、万が一掲載した情報に誤りがあった場合すぐに訂正できるのは自社でリクルートサイトを作った際の大きなメリットになります。

リクルートサイト必要な情報は?

『この会社で働いてみたい』と思ってもらうには、まず自社への理解を深めてもらうことが大切です。

業務内容はもちろん、どんな雰囲気の職場でどんな人たちと一緒に働くのか、企業としてどんな理念を持っているのかなどの情報は、業種や職種に関係なく求職者は知りたいと思っているはずです。

より職場の雰囲気が分かりやすいよう職員の写真や仕事風景などを交えたコンテンツを用意するなど、具体的なイメージを持ってもらえるような作り込みが重要になります。

求職者に応募してみよう思ってもらうには、『この会社で働く自分』をイメージさせることが大切なのではないでしょうか。そのイメージを作るために、まずはリクルートサイトを通して自社のことを十分に理解してもらう必要があるのです。

リクルートサイトに記載する情報

リクルートサイトに掲載する具体的な情報

1.業務内容

職種が同じでも、会社によって業務内容は異なります。前職での経験や学校で学んだことをどう活かせるか、資格を有しているのであればどう活かせるかは求職者が気になるポイントなので、出来る限り具体的に載せるべきでしょう。

2.企業の理念・方針と先輩社員の声

企業の理念や方針は、求職者が働く姿をイメージするための重要な情報です。

また、社員がどう仕事と向き合っているかや職場の雰囲気は求職者にとって気になる情報です。

社内の写真や社員のコメントなどを利用してしっかりとアピールするべき内容です。

3.具体的な労働条件

勤務時間や休日、給与条件などは可能な限り具体的に掲載するべきです。

どんな魅力的な企業でも、給与や勤務時間についてなにも記載されていなければ、求職者にとっては大きな不安材料でしかありません。

経験者と新卒者で給与が違うなど、細かい条件は企業ごとで異なります。

面接の段階になってすれ違いが起こらないように細かい条件をしっかり記載したい情報です。

リクルートサイト制作はルビコンにおまかせください!

リクルートサイトを制作する最大のメリットは『この会社で働きたい』という意思を持った人材が集まることにあります。

給与面を比較してというような理由よりも、『理念や方針に共感し、社員の熱意も感じた』という理由で応募してくれた人材のほうが間違いなく今後の会社の財産になります。

リクルートサイトを持っていないという理由だけで優秀な人材を逃してしまうのは企業にとって大きな損失です。

ルビコンにお任せいただければ、これまでの実績を踏まえて御社にとって最適なリクルートサイトをご提案・制作させていただきますので、ぜひご相談ください。