コンテンツSEOに取り入れたいテクニック「ニュースジャック」

ホームページのコンテンツを作るとき、常に頭を悩ませるのが「ネタ探し」です。

この悩みを解決するのに役立つ手法が「ニュースジャック」です。

ニュースジャックは、ニュースが世間にリリースされてから話題性がピークに達する前にコンテンツを配信して世間に注目される流れに便乗して自社のコンテンツをついでに読んでもらおうという戦略で、成功すればアクセスの飛躍的な増加につながる可能性があります。

ニュースジャックを成功させるためのポイントとして、以下の3点が挙げられます。

  1. 自社の業種と関連性のあるニュースを取り上げる
  2. ニュースを取り上げるだけでなく、ユーザーにとって有益な+αを付け加える
  3. ニュースが注目されるピークを見逃さずにより高い効果を出す

ニュースの注目度が高まればそれだけ検索回数も増え、キーワードが盛り込まれた記事からオーガニック流入が増えていくはずです。

オーガニック流入とは検索結果画面に表示されるホームページのリストのうち、リスティング広告のような広告枠を含まない部分からの流入を指します。

上の図で緑の枠に囲われた部分がオーガニック検索(自然検索)枠となります。

検索エンジンのランキングアルゴリズムによってホームページをランキング付けしてリスト化できるのはこのオーガニック検索の部分です。

SEO対策とは、このオーガニック検索における検索順位を上位に押し上げるための施策になります。

「旬のネタ」をGETするテクニック

ニュースジャックは、いかに早く業界情報や関連情報を掴むかが成功のカギになります。しかし、だからといって1日中テレビや情報サイトに噛り付くのは現実的に無理があります。

そこで、誰よりも早く旬な情報を手に入れるために便利なアプリやツールを利用する方法があります。

代表的なアプリケーションにはsocialmention、talkwalkerなどが挙げられます。

Socialmention:http://socialmention.com/
使い方参照ページ:http://www.rss-ais.com/

※使い方を紹介しているページのURLが長いのでトップページにリンクしています。
使い方の記事を探す時は検索窓に「リアルタイム・ソーシャルメディアの使い方」と入力してください。

Talkwalker:https://www.talkwalker.com/
使い方参照ページ:https://mag.torumade.nu/?p=12291

ニュースジャックでマーケティングの効率を高めよう

ニュースジャックは一般的なニュースだけでなく、業界での出来事や同業のニュースリリースに注力することでコンテンツのアイデアを増やし、マーケティングの効果を高めることのできる手法です。

ゼロからコンテンツを企画するよりも負担が減るだけでなく、すでにニュースで注目されているコンテンツなので大外れする危険が非常に低くなります。

コンテンツマーケティングでの競合が多く、コンテンツを充実させるだけでは上位表示が難しいと悩んでいる企業サイトは、ぜひ一度ニュースジャックを試してみてください。