ロングテールSEOのキーワードの見つけ方

ロングテールキーワードを狙ったSEO対策を実施するためのキーワード探しに必要なのは「大量のページを作る根気」と「そのジャンルに対する幅広い知識」です。

ロングテールSEOをする実施する場合でも。最初はある程度検索数のあるビックまたはミドルキーワードをターゲットにホームページ制作をしましょう。

ビックやミドルキーワードをターゲットにしたページを一通り作ってから、サイト全体のアクセス数を底上げするためにロングテールキーワードを拾っていくのが通常の流れになります。

ページの量産でロングテールワードにホームページをHITさせる

ロングテールキーワードを狙ったキーワードで絶対に必要なのが大量のページ作りです。

1つのページで集められるアクセスには限度があるので、ページ数が多いほうが有利になるのは間違いありません。

ただし、中身のないページを量産しても意味が無いので、自分のホームページに必要なページを作るよう心がけてください。

ページを作るためのテーマ集めはツールを使っても良いですが、ライバルサイトや同ジャンルのサイト、教えてgooやヤフー知恵袋などからも意外なキーワードを拾える時があります。

自分で必要なページを考えても良いですが、既に出来上がっているものを参考にする方が間違いなく楽です。

ホームページをいくつも周っていれば、ある程度のページを作れるだけのキーワードは集まるはずです。

ただ、マニアックなジャンルに特化したサイトだとページ数を増やす事は難しいと思いますので、数にこだわり過ぎないでください。

SEO対策をかけるジャンルの広く深い知識を高める

ロングテールキーワードを狙ったSEO対策を実施する上で、ページ数やテキストは非常に重要ですが、それ以上に重要なのがページ内に散りばめるキーワードの広がりです。

テキスト量が多くても、同じキーワードを詰め込むだけではアクセス数は意外な程伸びません。

ロングテールSEOはテキスト内に存在するキーワードでアクセスの可能性を広げるので、含まれるキーワードが多い方が有利になります。

多くの関連キーワードをテキスト内に盛り込むには、SEO対策を実施するジャンルの幅広く深い知識が必要になります。