ローカルSEOとは

ローカルSEOは「地域名+業種名または企業名」などのキーワードに対してSEO対策を実施することで、その地域で検索しているユーザーの検索結果に表示されるようサイトを最適化する施策を指します。

スマートフォンの普及とともに、端末の位置情報を元に検索結果を表示するローカル検索の利用率が非常に高まっています。「近い」「周辺の」など現在位置を基準として店舗や施設を探すユーザーが増えるなど、検索する基準が大きく変化しています。

実店舗を運営しているサイトや地域密着型の企業サイトなどは、集客力向上においてローカルSEOが非常に重要になってきます。

ローカル検索結果の表示タイプ

ローカルパック

ローカルパックとは、地域情報に影響されるキーワードで検索した場合、地域情報とともに検索画像の最上部に表示される検索結果になります。

ローカルパックに表示される検索結果は「現在位置からの距離」の影響を最も強く受けます。
ローカルパックはさまざまな情報からGoogleが自動で生成しますが、後述するGoogleマイビジネスに登録されている情報が基本になっています。

ナレッジパネル

ナレッジパネルは、ビジネス情報を検索すると検索結果の右に大きく表示される情報で、企業名や施設、所在地など幅広い情報を表示します。

オーガニック検索(ユーザーが通常行う検索行動)における地域情報の最適化

ローカライズされた検索結果は、ローカルパック・ナノパネルだけでなく、通常のオーガニック検索においても同様に影響が出ます。

これはヴェニスアップデートと呼ばれるGoogleのアルゴリズム更新によって、位置情報から検索意図を汲み取る最適化が行われたためで、特に地域名に依存する検索結果に大きな影響が出ます。

ローカルパックは、特にスマートフォンにおいては、ユーザーがリアルタイムに移動しながらの検索ニーズに応える内容になっています。

対してオーガニック検索での検索結果は、事業内容を調べる、または自身の問題を解決するための検索に向けた内容になっています。

いくら通常の検索順位が上位にあっても、ターゲットユーザーのいる地域で検索結果に表示されないようでは、ビジネスにおいて大きな機会損失となります。

そのような機会損失を避けるためにも、ローカライズされた検索順位をしっかりチェックしておく必要があります。