ローカルSEO対策の集客は新鮮な情報の発信が絶対条件!

ローカルSEO対策で集客を目指すのなら、Googleマイビジネスに掲載する情報の更新が必要です。

タイムリーでユーザーにとって役立つ情報の更新をつづけることで、企業・店舗の価値を高められます。

Googleマイビジネスには、ユーザーに向けて常に新しい情報を発信するためにさまざまな機能が備わっており、そのほとんどを無料で利用することができます。

せっかくの機能を使わない手はありません。上手に活用し企業・店舗価値を高め、集客力を強化していきましょう。

下で、ローカルSEO対策で成功するために抑えておくべき4つのポイントをご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

1.店舗情報

店舗名や電話番号、ホームページのURLなど基本情報に変更があれば、必ず修正しましょう。

また、Googleマイビジネスには企業や店舗の属性を設定する機能があります。

属性ではクレジットカード使用の不可、アルコールの取扱情報などの詳細情報を入力することができます。

属性はGoogleが随時更新しているので、こまめにチェックし、適用したい属性を見つけたら情報に追加していきましょう。

2.外観、内観、メニューなどの写真

写真はユーザーに対する訴求力が非常に高いコンテンツです。新しいメニューやサービスを増やしたときは、関連する写真を追加していくことで訴求力をさらに高められます。

写真の更新が長期間滞ると飽きからユーザー離れが起こる可能性もあるので、メニューやサービスが増えなくても、撮る角度を変えるなどして、定期的に写真を入れ替えるようにしてください。

3.投稿

Googleマイビジネスの投稿機能はブログに近い仕様になっていて、専門知識がなくても気軽に始められます。

写真やボタンが簡単に設置できるので、イベントやキャンペーンの告知や予約・問い合わせ・購入の受付ページを簡単に作れる便利な機能なので、ぜひ活用してください。

告知するイベントやキャンペーンがなくても、利用方法はアイデア次第でいくらでも増やせます。

飲食店であれば旬な食材を使った季節限定メニューの掲載などに利用してもいいでしょう。

4.口コミへの返信

Googleマイビジネスには、一般ユーザーからの口コミに対する返信機能が備わっています。

すべての口コミに返信する必要はありませんが、できるだけ返信することで、ユーザーとのコミュニーケーションを図ることができます。

また、辛口の口コミがついたときには、返信機能を使ってフォローメッセージを送るのが好ましいです。

口コミだけ見たらユーザーに悪い印象だけを与えるような口コミでも、それに対して誠実なフォローをしていれば、「悪い印象」を軽減・払拭することができます。

辛口な口コミが投稿されたときは、なるべく早くフォローするよう心掛けておきましょう。

SEO対策もローカルSEO対策も大切なのは「情報発信」

SEO対策において、Googleは「ユーザーが求める新鮮で有益な情報」を高く評価しますが、それはローカルSEO対策でも同じことがいえます。

特にGoogleマイビジネスの機能は日々更新されており、それらはすべてユーザーに有益な情報を届けるための機能です。

これらの機能を活用し、1人でも多くの見込み客の目に留まることがローカルSEO対策の目的です。

ローカルSEO対策への対応は、そのままSEO対策にもつながっていくので、しっかりと取り組みことをオススメします。