インスタグラムを使って実店舗の集客を

インスタグラムはビジネス・プライベート問わずさまざまなシーンで使われています。

ビジネスでの利用で多いのが、ネットショップなどを運営している企業などが購買の動線として使用するパターンですが、実店舗でも同じように集客に利用できます。

インスタグラムに「ビジネスツール」という機能があることはご存じだと思います。インスタグラムをビジネスで利用される人でも、特に実店舗をお持ちの人が利用したい機能です。

インスタグラムのアカウントをビジネスアカウントに切り替えると、店舗の場所や連絡先をアカウント内に掲載出来るようになります。

ページを見たユーザーはそのまま地図を確認でき店に電話もかけられるので、店を訪れるための手間が減らせ来店までの動線を省略でき、来店数向上につながる可能性があります。

ビジネスアカウントの設定が済んだら、動画や画像をアップすることでユーザーの来店意欲を高めましょう。

気を付けるのが、アカウント全体に統一感を持たせることです。

自社や店舗にどんなイメージを持ってもらいたいのか、どんな人をターゲットにするかあらかじめ決めておくと、投稿内容に統一感を持たせやすくなります。

1つ注意したいのが、インスタグラムは投稿した文章に貼られたリンクは機能しないということです。これはインスタグラムの仕様なので解決する手段はありません。

インスタグラムにリンクを貼れるのはプロフィール画面の紹介文だけなので、紹介文にURLを貼って下さい。

また、キャプションの文章でリンクを貼れなくとも、ホームページのURLを記述しておけば、それを見たユーザーが自ら検索してくれる可能性もあるので、忘れずに記述しておきましょう。

ファンと積極的にコミュニケーションを持つ

これまでの広告媒体となるチラシやホームページは、店舗から一方的に情報を発信するものですが、SNSでは店舗とユーザーの間でコミュニケーションが可能です。

フェイスブックやツイッター同様、インスタグラムでもフォロワーや閲覧者が増えてくるとコメントが付きやすくなります。

積極的にコミュニケーションを取る運営をしているとリピーターはもちろんですが、店舗に訪れたことにない新規のユーザーもコメントがしや

すくなり、実店舗へ誘導できる可能性が高まります。

また、コメントやメッセージには運営している人の個性が出やすいため、店舗の雰囲気やスタッフの人柄を伝えるきっかけにもなります。