INBOUND
SITE

インバウンド(訪日外国人)向けサイト制作

インバウンドサイト。またの名を「おもてなしサイト」

ホームページを通して日本の「おもてなし」を世界へ!

東京オリンピックの開催を契機に世界中が日本に注目している現在、インバウント(訪日外国人)市場は成長しつづけています。

2017年の訪日外国人は2,869万人(前年比19.3%増)に達し、今後さらなる市場の拡大が予想されます。

ビジネス機会の損失を回避するためにも、訪日外国人をターゲットとした最適なwebサイトの制作をご提案します。

インバウント向けサイト運営を成功させる3つのポイント

1.幅広い言語に対応したサイト構築

日本を訪れる外国人は、英語圏の人だけではありません。特に近年は中国人・韓国人観光客が訪日外国人全体でかなりの割合を占めており、対応は必須となっています。

英語・中国語・韓国語に対応すれば、9割以上の訪日外国人に対応できると言われています。インバウント向け事業を展開するのであれば、上記の3言語への対応が重要となります。

ルビコンでは、システムによる自動翻訳、上記3言語を習得した専門家による翻訳どちらも対応しております。

選択する方法で費用などが変わってきますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

2.ソーシャルメディア拡散への取り組み

インバウント向けサイトの構築で必須となるのがスマホ対応です。特に若い世代のほとんどは、旅行先である日本国内での情報収集ツールとしてスマホを利用しています。

これからメインターゲットになるだろう若い世代をいかに取り込むか。これがインバウント向け事業の成否を左右するといっても過言ではありません。

3.訪日外国人のニーズを分析

訪日外国人のニーズを的確に捉えたコンテンツづくりは、インバウント向けサイトの構築には必須条件です。

より効果的なコンテンツを作成するためのアクセス解析、コンテンツの提案もルビコンがサポート致します。

外国人目線のwebサイト構築

ルビコンは、長年のインバウント向けサイト制作で実績を積み重ねてきました。

この実績やノウハウを活かし、訪日外国人観光客の目線で、コンテンツ制作からSEO対策、公開後の運営サポートまで一括で請け負うことが可能です。

訪日外国人観光客に向けた事業ステップをスムーズに踏み出せるよう、ルビコンが最大限のお手伝いをさせて頂きます。