Agreement
Xserver

エックスサーバーとの契約手順

Xサーバーとの契約手順

一番おすすめのサーバー「エックスサーバー」の契約の手順を説明します。

1エックスサーバーのホームページを開く

https://www.xserver.ne.jp/をクリックすると開きます。

2申し込みボタンをクリック

3申し込みフォームボタンをクリック

4初めてのご利用・新規お申込みの方をクリック

5同意するボタンをクリック

6新規サーバーの申し込みボタンをクリック

7エックスサーバーのIDを取得する

自社のサーバーIDを取得します。お好きな半角英数字とハイフン記号を使って3文字以上12文字以下で登録する必要があります。

サーバーIDは他社のIDと重複できないので検索ボタンを押すと、他の会社が使っていないか判定することができます。

当社は株式会社ルビコンですので”luvicon”で検索してみます。

このような表示になりました。”luvicon”は登録できるようです。申し込むボタンをクリックし次に進みます。

ちなみに”car”で検索してみると下記のような表示となり登録することができませんでした。

8情報を入力する

下のような画面に移動します。

赤い箇所は必須となりますのできちんと入力しましょう。

「プラン」はX10とX20、X30と有りますが、違いは下記表の通りです。

よほど大規模なサイトを作らない限りプランX10で大丈夫です。

全て入力し確認するボタンを押すと、確認画面へ移動します。

内容に間違いがなければ「お申し込みをする」ボタンをクリックします。

情報を入力し「お申込みをする」ボタンをクリックすると申し込みが完了します。

9管理画面へ移動する

契約の申し込みが完了すると、登録時に入力したメールアドレス宛に
メールが届きます。

メールにはIDと初期のパスワードが記載されています。

インフォパネルのリンクをクリックし、ログイン画面へ移動します。

10.本契約に移行する

エックスサーバーのプランを変更するエックスサーバーに申し込みをした訳ですが「10日間のお試し」として申し込んだことになっています。

長期間契約することを前提に申し込んでいるため、プラン変更する必要があります。

「よくある質問」を見ると、支払いをすると10日のお試し期間を正式な契約に移すことができると記載してあります。

お試し期間中は、メールアカウントの作成、サーバープログラム(CGI/PHP等)によるメール送受信、追加FTPアカウントの作成などが制限されていますが、ほぼ正式なサーバーと同様の機能をお使いいただくことができます。

※お試し期間中、お支払手続きを行われますと、本契約となり上記機能がすぐにご利用いただけます。

支払い画面へ移行するため、トップページへボタンを押し、
図のように「料金のお支払い」ボタンをクリックします。

サーバーの支払いを実行し、10日間のお試し期間を本契約に移したいため、下記図のチェックボタンにを付け、「3ヶ月」「6ヶ月」「12ヶ月」のいずれかを選択し、お支払い方法を選択するボタンをクリックします。

料金は「3ヶ月」「6ヶ月」「12ヶ月」とありますが、契約期間が長いほど1ヶ月あたりの費用も安くなります。

支払い方法は「銀行振込」「クレジットカード」「コンビニエンスストア」「ペイジー」と選択できます。

作業をスムーズに進めるためにクレジットカードがお勧めかと思います。

ここではクレジットカード払いを選択した場合の手順をご紹介します。

クレジット情報を入力し、「カードでのお支払い(確定)」ボタンをクリックします。

トップページへ戻り、本契約に移行しているか確認しましょう。

これでサーバーとの契約が完了です。