WordPress
Introduction

WordPressをインストールしよう

エックスサーバーでWordPressを導入する

サーバーとは?サーバーの役割は?ではサーバーについて、ドメインとは?ドメインの役割は?ではドメインの設定方法について学びましたが、まだホームページが見られる状態ではありません。

土地(サーバー)に住所(ドメイン)は登録したけれど、建物(ホームページ)が立っていない状態です。

ホームページを表示させるためには、データをサーバーにアップロードしなければ、ホームページは公開されません。

つまり、一般に公開するためにはホームページのファイルを公開用のサーバーに送信する必要があります。

通常これらのやり取りはFTPソフトを用いますがワードプレスをサーバーにインストールすることが出来れば大半の作業は
ワードプレスの管理画面上で行うことができます。

(FTPソフトについての説明はこちらのページでご紹介しています。)

ワードプレスをサーバーにインストール方法は2つあります。

  1. サーバーに備わっている機能を利用する
  2. FTPソフトを使用する

今回は、エックスサーバーのワードプレスインストール機能を使った手順をお伝えします。

こちらを使った方が確実に楽だからです。

1ログインする

まず、エックスサーバーのホームページを開き、ログインします。

サーバータブの「サーバーパネル」にログインします。

2自動インストールボタンをクリック

サーバーパネルを開いたら「自動インストール」をクリックします。

3インストールするホームページを選択

登録してあるドメインの一覧が表示されます。

ワードプレスを導入したいサイトのドメインの行の「選択する」をクリックします。

4ワードプレスインストールボタンをクリック

「プログラムのインストール」をクリックし、「WordPress 日本語版」をクリックします。

5インストールを完了させる

ワードプレスのインストールに必要な事項を入力し、インストール(確認)をクリックします。

インストールURLの/以降は入力しても構いませんが、ホームページのトップページのドメインが、入力したドメインに変わってしまうため当社は「空欄」をお勧めしています。

入力内容に誤りがなければ、インストール(確定)をクリックします。

6ワードプレスのログイン画面へ

下のような画面が表示されたら、自動インストールは完了です。

ログイン情報などは、必ずメモしておきましょう。

ワードプレスの管理画面にログインするために、リンクをクリックします。

ワードプレスのログイン画面が表示されます。

先程設定したIDとパスワードを入力してログインボタンをクリックします。

7ワードプレス管理画面にログインする

ログインが成功すると下記のような画面に移動します。

ワードプレスの管理画面です。

8重要!検索エンジンにかからないようにする

現在、設定したホームページはインターネット上に存在しており、検索エンジンで検索される状態になっています。

しかし、まだホームページの会社の情報や商品・サービス情報などは入力されていないはずです。

この状態で、一般消費者の方に閲覧されることは好ましくありません。

下記の設定をすることで検索エンジンで検索されなくなります。

管理画面の「設定」をクリックします。

次に「表示設定」をクリックします。

検索エンジンでの表示項目のチェックボックスに☑を付けます。

こうすることで検索エンジンがホームページを検索しないようになります。

これで、ホームページの情報を一般の方から見られることは無くなりました。

ホームページを閲覧できる人はドメインを知っている人でURL欄にドメインを直接入力した人だけとなります。

WordPressの管理画面

1.投稿

ブログやお知らせを投稿する管理することができます。

2.メディア

ホームページ内で使用している画像や動画を管理できます。

3.固定ページ

投稿やブログのように新しい投稿に埋もれていかない固定された情報を掲載するための固定ページを管理できます。

4.コメント

閲覧者からのコメントを管理することが出来ます。コメントに答えたり、削除したりすることもできます。

5.外観

ホームページのデザインやレイアウトなどの外観を設定することが出来ます。

6.プラグイン

ホームページに様々な特殊機能(プラグイン)を実装することが出来ます。

プラグインの削除や停止もここから設定することができます。

7.ユーザー

会社内で複数人がログインして投稿する場合などに、ユーザーを登録することができます。

ユーザーに種類を設け、作業に制限をかけることもできます。

8.ツール

ホームページを管理する上で便利なツールの設定を行うことができます。
初期設定では、Web 上のコンテンツの一部を切り取って簡単に投稿を
作成できるツールが入っています。

9.設定

各種サイト上の設定を行うことができます。

10.Wordpressへようこそ

ワードプレスの管理上良く使うリンクが表示されます。

右上のボタンで非表示にすることもできます。

11.概要

投稿を何件アップしているか、固定ページを何件公開しているか、
何件コメントが来ているかの概要を表示します。

12.アクティビティ

最近のブログ投稿内容やコメントを表示します。

13.クイックドラフト

投稿のアイデアを書き留めておくことができるフォームです。

14.Wordpressニュース

ワードプレスというCMSは日々アップグレードされています。
新しいバージョンのワードプレスが発表された場合などに
ニュースとして表示されます。

まとめ

これでワードプレスを使ってホームページを公開できる状態になりました。

これからホームページに画像やテキストを挿入し、会社の目的に沿ってカスタマイズしていくことになります。

ここまで来れば、ワードプレスの管理画面の視覚的な操作が可能となる為、ある程度テキスト入力や画像処理をできる方はすぐにサイトを立ち上げることが出来るはずです。

次回からは、テーマやプラグインといったワードプレスならではの特徴についてご紹介していきます。

もちろん知っておいた方が良いことばかりです。