What
is
Theme

ワードプレスのテーマとは

ワードプレスの初期設定

ワードプレスの管理画面にログインしたら、いよいよホームページ作りのスタートです。

ワードプレステーマの説明に先駆けて、ここでは、最初に設定しておくと良い項目についていくつかご紹介いたします。

サイトタイトルとキャッチフレーズの設定

ワードプレスにログインして左メニューの一番下の「設定」にカーソルを合わせたら、表示される「一般」をクリックすると一般設定の画面にアクセスすることができます。

まずは、サイトのタイトルとキャッチフレーズの設定をしましょう。

この二つは、 ワードプレスをインストールする時に既に入力しているものですが、インストール時に適当に決めてしまった方は、以下の2つの点に着目して改善してみましょう。

理想的なサイトタイトルをつけましょう

言うまでもなくサイトタイトルは重要なものです。なぜなら、ここで入力するタイトルが検索エンジンの検索結果に表示されるようになるからです。

そのためサイトタイトルを決める時は、どのような検索キーワードで検索された時に、あなたのサイトが表示されるようにしたいかを考える必要があります。

一般的には、サイトのタイトルにはSEOキーワードを含めるべきだとされています。

しかし、当社としてはその傾向には必ずしも賛成ではありません。

なぜなら、サイトタイトルで検索されるぐらいの価値と知名度のあるサイトを作ることの方が遥かに重要だからです。

そのため、サイトタイトルは覚えやすく口にしやすいものにすることをおススメします。

キャッチフレーズは空白にしておきましょう

基本的にはキャッチフレーズに入力した文言は単なる説明書きとして扱われます。

しかし、使用するテーマ、テンプレートによっては、このキャッチフレーズに入力したテキストが、勝手にタイトルタグで使われたり、見出しタグで使われたりと、SEO上、好ましくない設定になっているものもあります。

ここでは難しい説明はしませんが、通常、メタディスクリプション(説明書き)とh2 タグを同時に使用することでSEO(検索上位表示対策)上、不利になることはあっても有利になるケースはありません。

そこで、キャッチフレーズは空白にしておいて方が安全だと考えます。

ワードプレスにログインして左メニューの一番下の「設定」にカーソルを合わせたら、表示される「一般」をクリックすると一般設定の画面にアクセスすることができます。

パーマリンクの設定方法

パーマリンクの設定自体は難しくありません。

下の画像のように、カスタム構造にチェックをいれて、” /%postname% ” と入力しましょう。

これで、記事や固定ページの編集画面で、下図のように、それぞれに固有のパーマリンクを設定できるようになります。

なぜこのような設定にすることをお勧めするかと言いますと、記事の名前がURLに表示されていると、そのページが、自社のホームページに属する記事の一つだということを理解できますし、ユーザーも検索エンジンも、自社のホームページを見つけやすいというメリットがあるからです。

必ずしていただきたい初期設定については以上となります。

次に本題のワードプレス「テーマ」についてです。

ワードプレスのテーマとは?

テーマとは、一般的なブログで「テンプレート」と呼ばれるものに似ています。

テーマを変更すると、サイトの”着せ替え”が簡単にできます。

無料で公開されているテーマや、有償で販売されているテーマもあります。

テーマを入手するには、WordPress公式サイトのテーマディレクトリを利用するのが一般的です。

また、企業や個人が運営するWebサイトなどを通じて、ダウンロード・購入する方法もあります。

ワードプレスの初期設定のテーマは下記のものになりますが、検索してインストールすることで着せ替え感覚で全く違ったデザインに変更することができます。

テーマの検索・追加方法

ワードプレスでは標準で用意されているテーマだけでなく別のテーマをインストールして利用することができます。

ワードプレス用のテーマは無料のものや有料のものなど数多く公開されていますので、気に入ったテーマを探してインストールすることでブログの見た目を変更することができます。

テーマを検索する方法は2つあります。

ワードプレスの管理画面からテーマを検索し、インストールする方法、もう一つはヤフーやグーグルの一般検索からキーワードを入力し、検索する方法です。

ワードプレス管理画面内から探す

新しいテーマのインストールを行うには、管理画面の「外観」メニューの中にある「テーマ」メニューをクリックしてください。

「テーマ」画面が表示されます。インストール済のテーマが表示されていますので、「新しいテーマを追加」と書かれた個所をクリックしてください。

「テーマを追加」画面が表示されます。

この画面でインストールするテーマを検索し、その中から気に入ったテーマを選択、そしてインストールするという手順になります。

テーマを探す

最初に画面を表示すると「注目」のテーマが表示されます。

他にも「人気」「最新」などのテーマを見ることができます。

画面上部に表示されている「人気」や「最新」をクリックしてください。

では「最新」をクリックしてみます。新しいものから順にテーマが表示されました。

次に「人気」をクリックしてみます。人気のあるものから順にテーマが表示されました。

既にインストールしているテーマについては「インストール済み」と表示されます。

条件を指定して検索することもできます。画面上部に表示されている「特徴フィルター」をクリックしてください。

条件を指定してテーマのフィルタを行うための画面が表示されます。

例として「色」は「青」、「レイアウト」は「レスポンシブレイアウト」にチェックを行い、その後で「フィルターを適用」をクリックしました。

先ほど指定した条件に合うテーマだけが表示されます。

(色々試してみると条件に合っていないテーマが表示される場合もあるような気がしますが、詳細は分かりません)。

任意のキーワードで検索をすることもできます。画面右上に表示されている検索ボックスに検索したいキーワードを入力してください。

今回は「store」と入力してみました。すると「store」が含まれるテーマが表示されます。

このようにさまざまな方法で目的とするテーマを探すことができます。

気になるテーマが見つかったらテーマの詳細を確認し、プレビュー画面を見ることができます。

確認したいテーマにマウスを合わせると次のように「詳細&プレビュー」と表示されますのでクリックしてください。

該当のテーマに関する説明とプレビュー画面を確認することができます。

プレビュー表示画面を終了して前のテーマ一覧へ戻るには画面左上の「×」をクリックしてください。

テーマをインストールする場合には画面左上の「インストール」をクリックしてください。

テーマのインストールが自動的に行われ完了します。

なおテーマのインストールが完了しても有効とはなりませんので、実際にテーマを現在のホームページに適用するには別途「有効」にする必要があります。

なおテーマのインストールはプレビュー画面からだけでなく、テーマの一覧画面でテーマにマウスを合わせた時に表示される「インストール」をクリックすることでも行えます。

先ほどインストールしたテーマを確認してみます。管理画面の「外観」メニューの中の「テーマ」メニューをクリックして「テーマ」画面を表示すると、先ほど追加でインストールしたテーマが含まれていることが確認できます。

一般検索エンジンを利用する

ワードプレスのテーマは、管理画面以外からも取得してインストールすることができます。

ヤフーやグーグルなどの一般検索バーに検索したい特徴を表すキーワードを入れて探してみます。

「ワードプレス おしゃれ テーマ」と入れてクリックすると、おしゃれなテーマを集めて紹介してくれるサイトなどが見つかります。

いくつか記事が見つかりました。

ここでは「無料でシンプルでオシャレ!Wordpressのブログ向けテンプレート10選」を見てみます。

サイトに入ってみると「ferret」というWEBマーケティングの会員サイトの記事が掲載されているページが開きました。

「ferret」さんがお勧めしているオシャレなワードプレステーマを10個見ることが出来ます。

それぞれのテーマの特徴も書いてあるので参考になります。

紹介サイトからテーマをダウンロードする

3番のAmadeus(アマデウス)の特徴を読み、良いと思ったのでAmadeusをインストールしたいと思います。

https://から始まるURLをクリックするとAmadeusのテーマをダウンロード(インターネット上からパソコンに落として保存すること)する画面に移りますのでクリックします。

クリックすると下記のような、アマデウステーマを提供しているサイトへ飛びます。

ワードプレスは外国人が始めたサービスなので、テーマサイトも海外のものが多いです。

「LIVE DEMO」をクリックすると見本を見ることが出来ます。

「LINE DEMO」をクリックするとテーマをインストールするとこんな感じのページになりますよ、という見本のページを実際に触りながら確認することができます。

ブラウザの戻るボタンを押すとひとつ前のページに戻ります。

実際にテーマをインストールしたい場合は、「DOWNLOAD NOW FOR FREE」をクリックします。

このサイトの場合は、メールアドレスを入れないとダウンロードできないタイプでしたので、今回はグーグルのメールアドレスを入れて取得を試みます。

(サイトによってはメールアドレスを入れる必要がなく、すぐにダウンロードできます)

「DOWNLOAD NOW FOR FREE」ボタンをクリックすると、下記のようなサイトに移ります。

ワードプレスのテーマを管理画面以外のサイト上からダウンロードする場合、必ずZIPファイル形式となります。

ZIPファイルをダウンロードしますので「DOWNLOAD FILES」をクリックし、テーマデータファイルを一旦パソコンに保存します。

管理画面からインストールする

ワードプレスの管理画面からテーマを手動でインストールする方法についてまず解説します。

管理画面の「外観」メニューの中にある「テーマ」メニューをクリックしてください。

「テーマ」画面が表示されます。画面上部の「新規追加」または「新しいテーマを追加」をクリックしてください。

「テーマを追加」画面が表示されます。画面上部の「テーマのアップロード」をクリックしてください。

示された画面で「ファイルを選択」をクリックしてください。

ファイル選択ダイアログが表示されますので、インストールしたいテーマのZIPアーカイブを選択してください。

先程ダウンロードした「Amadeus」はダウンロードフォルダに入っているため、ダウンロードフォルダを開きAmadeusファイルをクリックします。

すると下記のようなページに移動しますので「今すぐインストール」をクリックします。

インストールが完了したという表示になります。インストールした「Amadeus」を現在のホームページのデザインに反映させたいので「有効化」をクリックします。

有効化した「Amadeus」が現在のホームページのテーマになっていることを表す表示になっています。

これで、一般のサイトからテーマをダウンロードし、自分のホームページに反映する作業の完了です。

テーマの切り替え方法

インストールしているテーマ内で、テーマを切り替える方法をご紹介します。

極端な話、100個のテーマをインストールしても、ホームページに反映させることができるテーマは1つだけです。

やり方は簡単です。

下記図のようにインストールされているテーマ一覧のページで、有効化させたいテーマの「有効化」ボタンをクリックするだけです。

現在の「Amadeus」に代えて「Bean Mobile」を有効化させます。

下記図のように「Bean Mobile」がホームページの現在のテーマとして有効化されている表示に変わりました。

テーマの切り替えは以上で完了です。簡単ですよね。

おすすめテーマ

ワードプレスには、世界中の人が作製したテーマを無料で使うことができるという大きな魅力があります。

なぜ、そのような人は無料でワードプレスのテーマを提供しているのでしょうか?

それは、無料のテーマを使ってもらい、もっと便利な機能、もっと自由なデザインカスタマイズしたかったら有料プランもありますよ、という流れで最終的にはお金をもらうことを目的としています。

しかし、無料プランから有料プランへの申し込みをしない限りお金を請求されることはありません。

テーマの中には最初から有料のものもあります。

しかし、ワードプレスのテーマは無数にありますので、少し時間をかけて探せば無料でも十分すぎる機能を備えたテーマが結構あります。

当社お勧めのテーマはこれだ!

当社がホームページ制作サービスを提供してきた中で、ワードプレスの管理画面上からインストールすることができ、無料でおしゃれなホームページデザインを叶えてくれるテーマをいくつかご紹介します。

テーマ名で検索すると出てきますので、気に入ったテーマがあったら検索してインストールしてみてください。

1.Nirvana

昔からあるオーソドックスなレイアウトながらも、トップ画像のスライダーなどの設定が簡単なところが○。スマートフォン対応も。

2.Zerif Lite

縦長のパララックステーマです。今風のオシャレな動きがあるシンプルなテーマです。

もちろんスマートフォン対応もされています。

3.Photo Perfect

写真中心に見せたい方はこちらのテーマがお勧め。

オシャレでデザインを追求したテーマです。

4.Accesspress Mag

ブログ投稿・情報中心のにぎやかなサイトにぴったり。

情報掲載ポータルサイトも構築できます。