Content
Management
System

CMSとは?

CMS(コンテンツマネジメントシステム)とは?

CMSとは、コンテンツ・マネジメント・システムの略で、ホームページを管理・更新できるシステムのことをいいます。

ホームページの更新は、テキストや画像の情報だけでなく、HTML(ハイパー テキスト マークアップ ランゲージ)やCSS(カスケーディング スタイル シート)と呼ばれる専門的な知識が必要で、他のページからのリンクを設定するなど、大変手間がかかる作業です。

CMSでは、専門知識が必要な部分は全てシステム側に制御させ、テキストや画像などの情報のみを入れていくことで、簡単にWebサイトを更新することができます。

また、サイト内のナビゲーション(左メニューなどのリンク)や、新着情報など、必要なリンクの更新は、自動的に行われます。

CMSは、専門的な知識を学習することなく、誰でも簡単にWebサイトを更新・管理することができる大変便利なシステムです。

「ブログ」という言葉はご存じだと思います。 実は、ブログもCMSの一種なのです。個々のエントリやブログに貼り付けられた写真を管理するシステムがCMSです。Twitterやフェイスブックも広い意味では「CMSである」といえるでしょう。

ビジネスにおいて、ホームページを作ることが目的ではないはずです。

最終的にはホームページを作ってお問い合わせを獲得し、売上アップに繋げることが目的です。

ホームページのシステム的な開発には時間をかけずに、会社の売上アップに繋がる情報を考え、作成することに時間と労力を使うべきであり、CMSはまさに会社のシステム開発とコストの負担を抑え
ホームページを開設・運営することができるうってつけのツールであると言えます。

CMSがある場合とない場合の比較

図のように、制作会社に依頼する場合は、会社内で要望をとりまとめたり、制作会社との金額調整をしたり、時間がかかる要素がたくさんあります。

頻繁に更新するページがある場合、このようなフローでやっていては、効率も悪く、スピーディな更新ができないので、機会損失につながる可能性もあります。

CMSで担当者が更新できればこのような問題も解決するのです。

CMSにはどんな機能があるの?

様々なCMSがありますので一概には言えませんが、一例をご紹介します。

  1. Wordのような操作で、テキストや画像を自由に入力できる。
  2. 入力フォームで、決まったデザインのページを簡単に作成できる
  3. 更新履歴を保存でき、過去のページを再度公開することができる
  4. 更新者の権限を設定し、操作を制限できるため、複数担当者での管理もできる
  5. 画像のサイズを自動で変更することができる

他にも色々なことが出来ます。

会社として「何をしたいのか」「その為にどんな機能が必要か」という風に考えていくと、きっと求めている機能が見つかります。

CMSにはどんな種類があるの?それぞれの特徴は?

CMSは2005年位から広がりはじめました。

現在では、その全てを導入の選択肢にするには難しいほど沢山のCMSツールが存在します。

高価なCMSであれば数百万するものから、フリーで配布されている物まで価格・種類ともに様々です。

一般的に良く使われるCMS

見たまま編集CMS SmartPage(スマートページ)

Smartpageはブラウザ上でWEBサイトを見たまま編集することが出来るCMSです。

はじめてWEBサイトを作る方はもちろん、WEBサイトを自社で更新したい方にもしっかり対応できるので、どなたでも安心して
ご利用いただけます。
SmartPage

Movable Type(ムーバブルタイプ)

シックスアパート社が提供するCMSで、商用利用はライセンス費用がかかります。

静的ファイルの出力が特徴で、中・大規模サイトにも対応することが可能です。
Movable Type公式サイト

MODx(モドエックス)

ブログのように時系列に管理するのではなくディレクトリの概念があり、中小規模のWEBサイト構築に向いています。
MODx公式サイト

Drupal(ドルーパル)

比較的柔軟なカスタマイズが可能ですが、初期段階ではかなりシンプルな構造になっているので構築の為の専門的な知識が必要です。
Drupal公式サイト

XOOPS(ズープス)

ポータルサイトやコミュニティーサイトを構築するのに適したCMSです。
モジュール(機能)を追加して、オリジナリティーの高いコミュニティーサイトを
構築することが出来ます。
XOOPS公式サイト

WiX(ウィックス)

デザイン面を重視したサイト作りに強いCMSです。ドラッグ&ドロップの操作でデザインを簡単に操作できることから、HTMLの知識がなくても簡単にカスタマイズを行えます。
WiX公式サイト

WORD PRESS(ワードプレス)

世界で一番使われている定番中の定番CMSツールです。
(※CMSのシェア60%以上)世界中の有志により開発がすすめられ常に
バージョンアップされています。
ワードプレス公式サイト

主要CMS比較表

当社がお勧めするCMSは「ワードプレス」です

ワードプレスとは、無料で自由に使ったり改良したりできる(=オープンソースである)ブログソフトのことです。

また、ワードプレスはブログソフトですので、あなたが書いたブログ記事のデータを格納するために、MySQLというデータベースが使用されホームページに財産として蓄積されます。

また、デザインやSEO対策を行うシーンにおいて、PHPの知識が無くても問題なくワードプレスを使うことが可能です。

一般的なブログ(アメブロなど)のCMSと違い、自分の(レンタルしている)サーバーにインストールするため、独自ドメインを設定できますし、好きなようにカスタマイズすることが可能です。

なぜワードプレスなのか

下記表をみてください。ワードプレスには△がありません。

ブログソフトにはワードプレス以外にも、Joomla・XOOPS・MODx・Movable Typeなど、様々なものがあります。

その中でワードプレスの利用率は、世界でも・日本でもNo.1です。

日本での利用率が高いことは、ワードプレス自体に魅力があるだけでなく、それだけ多くのノウハウが日本語で共有されていることを意味します。

ワードプレスでできること

ワードプレスを使いこなすことが出来れば、はっきり言って何でも出来ます。

ここでは出来る事を大まかに説明いたします。

(1)更新が簡単な、自社(自分)サイトを作ることができる。

普通のHTMLやCSSで作ったサイトですと、更新していくのが大変です。

なぜなら、毎回HTMLを編集する必要があるからです。

ですが、ワードプレスなら一般的なブログと同じように、簡単に更新や記事追加ができます。

(2)ブログと違って、固定ページを作ることができる

一般的なブログサービスは、更新するとTOPページに記事がどんどん積み上がっていきます。

言い方を変えると、普通のブログはTOPページを固定することができないわけです。

単純に個人の日記ブログだったら問題ありませんが、例えば企業がコーポレートサイトを作る際に固定ページが設置できないのは困りものです。

必ず伝えたい情報を、きちんと見せることができなくなるためです。

その点、ワードプレスなら固定するページとブログのように積み上がっていく記事の両方を作成することができます。

(3)SEOに強い

SEOとは検索キーワードで上位表示させることを言います。

現在、検索エンジンのシェアナンバーワンであるGoogleの検索順位基準が最も重要視されています。

Googleは、作りっぱなしで放置されているサイトよりも、定期的に更新されているサイトを高く評価します。

ワードプレスでコンテンツを追加更新していくサイトをつくると、結果としてSEO効果につながります。

(4)プラグインが膨大に存在する

プラグインとはワードプレスを使ったホームページ上の便利な機能のことです。

例えば、お問い合わせフォームを設置したい場合、お問い合わせプラグインをインストールすればすぐにホームページにお問い合わせフォームを実装することができます。

他にもショッピングサイトを作るためのプラグイン、SEO対策強化のためのプラグイン、スライド画像を設置するためのプラグインと種類も数も多岐にわたり膨大に存在します。

これらのプラグインを活用すれば、出来ないことは無いと言えるほど豊富に存在しています。