Fixed
and
Posted

固定ページと投稿について

固定ページと投稿ページの違い

ワードプレスを初めて使う時、「投稿ページ」と「固定ページ」の違いに惑わされると思います。

どうして2種類あるの?と思われた方も多いと思います。

これにはちゃんと意味があって、それぞれ適切な使い道というものがあります。

基本的な「投稿ページ」と「固定ページ」の使い分けについて分かりやすくお話します。

アメブロの場合

アメブロが分かりやすい例ですが、アメブロをはじめとした無料レンタルブログサービスでのブログは、普通にブログを書く(入力する)ことでページの記事の情報が増えていきますよね。

この「ブログを書く」という作業がワードプレスで言うと「投稿ページに記事を書くこと」にあたります。

ブログは「投稿ページ」を使って記事を書く。これだけです。

しかし、例えばアメブロでブログを書くのではなく「お知らせページ」を作りたいと思った時どうするかと言うと、ブログ記事の投稿画面しか無いので、とりあえずブログ記事にお知らせを書いていくことになります。

しかし、アメブロのブログは更新すると新しい記事がどんどん上に乗っかっていってしまいます。

お知らせページだけ独立できたらいいのに、と思いませんか?

お知らせページの記事URLをコピーしてサイドバーなんかにリンクを貼っておくこともできますが、そもそも記事の作りが「ブログ」としての作りなので日付やコメントが表示され、前後記事へのリンクも貼られています。

このような表示が出てほしくないページですよね。

お知らせページに日付やコメントは無くてもよいものです。

こんな風に単体で管理・公開したいページを別途作れるようにしたのがワードプレスの「固定ページ」という機能です。

システム上の違い

投稿ページと固定ページの違いをまとめると下記のようになります。

投稿ページ

ブログとして使います。

記事には日付やコメント、前後の記事リンクなどが表示されます。

テーマによっては関連記事が表示されたり、逆に日付などを非表示にする選択機能が備わっていたりもします。

作成したページは更新した順から時系列に並んでいきます。

投稿ページを利用して作成したページは必ず「投稿記事一覧」のようなアーカイブページにも表示されます。

投稿ページには「カテゴリー」が設定でき、記事を分類することができます。

投稿ページには「パーマリンク設定」が適用されます。

固定ページ

お知らせページやお問い合わせページ、アクセスマップや会社概要など時系列に並べる必要のないページに使います。

作成した日付などは表示されず、基本的にタイトルと本文だけのシンプルな作りです。

カテゴリーは設定できませんが、固定ページ同士で親子関係を設定することができます。

固定ページで作成したページは常に目に止まるようヘッダーメニューなどに設定するのが一般的です。

固定ページには「パーマリンク設定」が適用されません。

その都度スラッグ(http://ドメイン名/○○○/)を設定します。

SEO(上位表示対策)上の違い

投稿ページと固定ページには前述したような表示上の違いの他に、SEO(上位表示対策)上の違いもあると言われています。

ワードプレスの「投稿」から作った記事は、カテゴリーページと紐づき自動的にトップページにも表示されます。

ここで覚えておいて頂きたいことは、「投稿」から記事を更新する度に、その記事に紐づくカテゴリーページのSEO効果はどんどん向上していくということです。

「固定ページ」は、カテゴリーとの紐付けやトップページとの連動のない独立したページを作る機能で、前述したように、お問い合わせページや会社紹介ページなどカテゴリーに属さない情報の掲載に適しています。

SEO的視点から見た投稿と固定ページの違い早見表

まとめ

投稿と固定ページには見た目上の違いとSEO上の違いがあります。

どちらで作ればよいか迷った時には、「閲覧者に価値を与える情報の作成」は投稿機能を、「閲覧者に価値は与えないが問い合わせページや運営会社情報ページなどのサイトに必要なページの作成」は固定ページ機能を使って作成するようにしましょう。

「価値を与える情報」とは、閲覧者が知らないことを知ってもらう情報、閲覧者が経済的に優遇されるような有益な情報、閲覧者の行動・思考を変えるような情報のことを言います。

固定ページの増やし方

「固定ページ」、「固定ページ一覧」をクリックします。

下記のように現在作成してあるページが一覧として表示されます。

新しい固定ページを作る場合は、「新規追加」をクリックします。

「新規追加」をクリックすると、新しい固定ページを作る画面に移ります。

ここで「タイトル」と「本文」に文字を入力していきます。

今回は、お問い合わせページを新規に作ります。

タイトルに「お問い合わせ」、本文に閲覧者に見てほしい情報として「当社にお問い合わせしたい方は、お電話でお気軽にどうぞ!」と入力します。

文章の入力はマイクロソフトのワードに似ています。

文章入力などをパソコンでやったことがある方なら簡単に文字入力することができると思います。

次に本文中に画像を入力してみましょう。「メディアを追加」ボタンをクリックします。

お問い合わせページにどの画像を投稿しますか?という意味合いのページが表示されます。

一覧には既にサーバー内にアップロードしてある画像のみ表示されます。

現在は青空の画像一枚だけなのでこちらをお問い合わせページに挿入したいと思います。

画像をクリックします。

この画像を選択していますという☑が付きます。

その状態で「固定ページに挿入」ボタンをクリックします。

また、文字の大きさやレイアウトを変えることもできます。

下図の四角をクリックします。

すると文字や画像の大きさやレイアウトを変更することができるツールバーが全て表示されます。

ここで説明は割愛させていただきますが、アイコンの表示でなんとなくどう変わるかが予想できると思います。

色々試して慣れていっていただけたらと思います。

このように人気あるプラグインや、任意のキーワードでプラグインを検索することができます。

固定ページを公開する

さて、ここまで入力しましたが、このページまだ「公開」されていません。

現在の画面は、裏の設定画面であり、表のホームページには何ら反映されていない状態です。

このページを表に出すには「公開」ボタンを押す必要があります。

公開はまだしたくないけど、実際にどういう風に見えているか確認したい場合は「プレビュー」ボタンを押します。

公開はせずに、文章を明日入力したい等という場合には、「下書きとして保存」ボタンを押します。

ここでは「公開」ボタンを押してみます。公開ボタンを押した後も、裏の管理画面のままです。

実際に公開されているのか分かりにくいかもしれませんが、公開されている証拠に「公開」ボタンが「更新」ボタンに変わっています。

当然、表側ではどう見えているのか確認する必要があります。

表のページが下記の図です。自分が選んでいるテーマによって当然見た目は変わりますが、固定ページに入力した文章や画像は先程入力したものが反映されていると思います。

基本的な固定ページ作成手順は以上となります。

投稿の仕方

投稿の仕方も固定ページの作り方とほぼ一緒です。

左のメニューの中の「投稿」にマウスポインタを合わせると「投稿一覧」が表示されますので、こちらをクリックします。

ここからは固定ページの作製の仕方と同じですので割愛させていただきます。

ただ、固定ページと投稿の「タイトル」についての考え方が少し違う場合があります。

どんな場合かというと、前述したように、”「閲覧者に価値を与える情報の作成」は投稿機能を、「閲覧者に価値は与えないが問い合わせページや運営会社情報ページなどのサイトに必要なページの作成」は固定ページ機能を使って作成する”方法を採っている場合です。

このような方法を採っている場合、投稿のタイトルにはSEO上有効と見込まれるキーワードを盛り込むようにしてください。

例えば、健康に良い食材で作った新しい料理を掲載する場合、「地元の野菜」「安心食材」などといったキーワードをタイトルに盛り込むのです。

「地元の農家直送、安心食材を使った昼定食を開始します!」

といった感じでしょうか。

後で説明するカテゴリーと併用することで、一つ一つの記事がカテゴリー全体のSEOを向上させ、人がたくさん見に来るホームページを作るためのワードプレス上の有効な施策と言えますので、ぜひ実践してみてください。

「カテゴリー」は固定ページには無い、投稿にだけ付随する要素です。

SEO上もカテゴリー同士が繋がり相乗効果をもたらしますので、ぜひ設定してみてください。

下記の画面に移動します。名前はカテゴリー名になります。

スラッグとはカテゴリーのURLを任意のローマ字に設定できるというものです。

あまり長すぎるURLになるとSEO的に効果的ではないため、カテゴリーを表した簡単な英語で表現すべきです。

なるべく入れるようにしましょう。

2項目入力が終わったら「新規カテゴリーを追加」をクリックします。

例として、レストラン店でのカテゴリーを追加してみます。

「昼メニュー」の他にも、「夜メニュー」「ドリンク」というカテゴリーを追加してみました。

未分類というカテゴリーは最初からありますが、修正して名前を変えてしまっても構いません。

ここでは朝メニューに変更します。

登録したカテゴリーの一覧が表示されました。

次に登録したカテゴリーを投稿に当て込んであげる作業に移ります。

先程登録したカテゴリーの一覧が投稿画面の右に表示されているはずです。

こちらで、投稿内容にあったカテゴリーに☑を付けて公開していくだけです。

カテゴリーは複数☑を付けることも可能です。

アイキャッチ画像とは、記事の先頭部分に表示される画像のことで、名前のとおりに人の目を引いて記事に誘導する効果があります。

投稿画面の右下にアイキャッチ画像を設定するボタンがありますのでクリックします。

新メニューとしてハンバーグ定食を始めますという内容なので、ハンバーグの画像を設定します。

投稿に設定されていることを確認し公開してみます。

表側の見た目はどうなっているのでしょうか「投稿を表示」ボタンを押し、実際のホームページを確認してみましょう。

設定したアイキャッチ画像が大きく、目を引く画像として表示されています。

ちなみにアイキャッチ画像を設定しないと下記のような表示に。

もちろん文中にも画像を入れることはできるのですが、アイキャッチ画像は様々なシーンで使われることが多い(フェイスブックやツイッター等のSNSとの連携時など)ので設定することをお勧めします。

今日、投稿は最強のSEO対策と言われています。

閲覧者にとって有益な情報を定期的に発信していくことで、たくさん見られるホームページに成長していきます。

固定ページと投稿を使い分けどんどん記事を作っていきましょう。