クローラビリティを考慮したホームページ制作

ホームページの検索順位は、Googleがインターネット上の情報を収集するためのロボット「クローラー」がテキスト情報やサイト構造、外部からの被リンク数といった情報を取得し、データベースに蓄積することで決定されます。

SEO対策に取り組むにあたり、効果の確認や検索順位の確認などと並行して行うと効果的なのがクローラーの巡回を促す「クローラビリティの向上」です。

クローラーは過去の巡回で蓄積されたデータベースの情報をもとにインターネット上を巡回し、ホームページを評価しています。

「クローラビリティ」とは、クローラーがどれだけ巡回しやすいかの指標で、クローラビリティを向上させることはSEO対策の効果を高めるための必須項目でもあります。

Google Search Consoleなどのツールを利用する

クローラビリティの向上を考えたとき、最初に利用するべきツールがGoogleの提供する「Google Search Console」です。

Google Search Consoleを利用して自社サイトのサイトマップを送信することで、Googleに自社サイトのテーマやコンテンツを知らせることができます。

また、「Fetch as Google」というクロールをリクエストする機能もあるので、サイトマップ送信とあわせて利用することでさらに高い効果が期待でき、新規で作成したコンテンツのインデックス速度を速めることもできます。

ちなみに、クロール回数が増えるほどサイトの評価が高まるという都市伝説を聞いたことがあるかもしませんが、クロール頻度自体はSEOにはなんの効果もありません。

Google Search Consoleで頻繁にクロール申請をしても、制限回数の無駄遣いなのでやめておきましょう。

そんな小細工をしなくても、定期的にホームページの更新を行っていけば、クロールの頻度は自然に高まっていきます。

被リンクの獲得によるクローラビリティの向上

クローラーはリンクを経由してインターネット上を巡回しているので、外部からの被リンクを増やすことでもクローラビリティを向上させることができます。

関連性の高いサイトからの被リンクは、検索エンジンが評価する「ユーザーにとって価値のあるホームページ」の条件でもあるので、クローラビリティだけでなくSEO対策にも高い効果を発揮してくれるでしょう。

ただし、被リンクがほしいからといって一部のSEO業者などが販売しているリンクを購入したりすると、一時的に効果があっても後々ペナルティを受けて検索順位が大幅に下がる危険があるので止めておきましょう。

あくまでもユーザーからコンテンツに対する評価として自然に張られるリンクが「価値のあるリンク」なのを忘れないでください。