パンくずリストとは

パンくずリストは、ユーザーがサイト内のどこにいるのかを確認するためのナビゲーションで、一般的にはホームページの上部に表示されます。

また、サイト内だけでなくグーグルなど検索エンジンの検索結果にもパンくずリストが表示されます。

ユーザーは検索結果からサイト内の関連コンテンツを探しやすくなり、結果的にサイト内カテゴリー内のコンテンツのアクセス数を伸ばすことができます。

パンくずリストの種類

位置型パンくずリスト

閲覧しているページがサイトのどこに位置しているかを示しています。そのページにたどり着く経緯が異なっても、同じページ内であれば表示されるリストも同じものになります

ユーザーがサイト内のどこにいるのか把握しやすくなるので、階層が発達しているサイトに向いています。

属性型パンくずリスト

開いているページがサイト上のどのカテゴリーに分類されているかを表示します。

フィルターとしての役割を果たすため、ユーザーが複数の選択肢を経て表示されるページで効果を発揮します。

パンくずリストのSEO対策上の重要性

パンくずリストはユーザーの利便性だけでなく、SEO対策でも重要な役割を持っています。

サイトを検索エンジンから評価してもらうためには、クローラーにサイトを見つけてもらい、全体像を把握してもらう必要があります。

しかし、構造が整理されていないサイトではクローラーがサイト全体を把握するのに時間がかかります。

そこで、パンくずリストを適切に設置してクローラーがサイト内を巡りやすくする必要があるのです。

パンくずリストを設置すればサイト全体の構造が整理されるので、クローラーも効率的にサイト内のカテゴリーを巡ることができるため、サイトの全体像が把握しやすく好評価を得られやすいのです。