ブログで集客するなら日記ではなく情報発信の「記事」を書こう

突然ですが、ホームページ公開後にブログを書いていますか?

ホームページの集客にはブログが効果的』ということはご存じですか?

WEB業界は変化のスピードが非常に速く、ホームページ集客のための手法も下手をすると月単位で変わってきます。

先月までは効果があったのに、今じゃもう何の効果も期待できないよ。ということは実際にたくさんあります。

それでも、ブログがホームページ集客において重要なポジションに座り続けているのです。

理由は『実際に効果が出続けている』からに他なりません。

なぜブログがホームページの集客に対して効果的なのか。それはブログ記事を継続的に投稿し続けることで、多くの集客キーワードに対してSEO効果が得られるからです。

また、自社のターゲットとなるユーザーを明確に定義し、ターゲットユーザーが検索に使用するキーワードをタイトルや記事テキスト内に含ませることで、ブログ記事の集客力をさらに高めることができます。

色々な集客キーワードに対して自社ホームページの露出が増えれば、それに比例してホームページの集客数が増え、結果として売上アップにつながると言う訳です。

ただし、ブログによる集客増・売上アップを成功させるにはちょっとしたコツが必要になります。

すでにブログを書いている、もしくはこれから始めようとしている担当者様にぜひ理解して頂きたいのですが、集客のためのブログは「記事」として書かなければいけないという事です。

どういう事かというと、ホームページの集客力を高めるブログとは、「日記」ではなく「記事」として書かれたブログだという事です。

記事と日記の違いは

日記と記事の違いを簡単に説明すると

・日記→自分の日々の生活を綴ったもの(そのままですね。。。)
・記事→「誰に、何を、どう伝えるか」をあらかじめ決めてから書かれたもの

になります。

日記として書かれたブログは、それを書いた人に対して共感や親近感を抱かせますが、読者に対して具体的なメリットを提供することは出来ません。

しかし、記事として書かれたブログからは読者が知識や情報を得る、あるいは自分が求めていた商品・サービスを享受出来るといった具体的なメリットを提供できるのです。

ホームページ制作を生業にしている弊社を例にしてみましょう。

弊社ではホームページ制作の他にSEO対策やブログ記事制作代行もさせて頂いています。

このブログも、日記ではなく弊社のサービスを発信・提供するための「記事」としてのブログになります。

この記事を参考にWEB担当者様が自社ホームページの集客ブログの書き方を理解し自分で書く場合もあれば、弊社にブログ記事制作代行を依頼してくださる場合もあります。

もしかしたら、弊社が保有している知識や実績に興味を持ってくれた結果、ホームページの制作やリニューアルまで依頼してくださる可能性もゼロではありません。

このような流れは日記として書かれたブログでは絶対に生み出すことは出来ません。

「記事」として書かれたブログだからこそ、読者に対して自社の商品やサービスによって得られるメリットを発信できますし、それに共感・興味を持った読者に対して商品やサービスを売り込んでいけるのです。

ホームページでの集客増・売上アップを目指すWEB担当者様でブログを活用されている方、これからしようと思っている方には、そのブログがただに日記にならないよう、ぜひ注意して頂きたいと思います。