金沢21世紀美術館で開催されたチームラボの「永遠の海に浮かぶ無常の花」に行ってきました。

壁に映し出されている映像に四方を囲まれているので迫力があり、また花が咲き始め散っていく過程は、美しく幻想的。
どの作品も世界観に引き込まれるような臨場感がありました。

手を壁にかざすと花が咲き、散っていきます。
もともと作られた映像が再生されているわけではなく、鑑賞者の行動に影響を受け変わっていくところも面白いと感じました。