皆様こんにちは、ルビコン中山です。

先週17日~19日と、当社が代理店をしているバーチャルリアリティー広告ツールを提供している会社、株式会社NOONEさんのご厚意により、東京ビックサイトに出展する機会をいただきました。

出展とは言っても、厳密に言うと株式会社NOONEさんのクライアント様が出展されるブースのお手伝いがメインです。(笑)

そのクライアント様は岐阜県郡上市で高品質な螺子の加工をしている会社です。東京ビックサイトのテーマも「自動車製造・自動車技術」がメインであるため、当社のようなIT会社からすると畑違いなカテゴリーです。しかし、そのクライアント様は株式会社NOONEさん提供のワンプレイス360というバーチャルリアリティー広告ツールを導入しているため、出展ブースで大々的に見せる形になり、弊社もお手伝いする運びとなりました。

合計3日間ありました。当初は自動車関係のブースしかないものと思っていましたが、別のカテゴリーでウェアラブルツール(体に機械を装着して様々な分析・効率アップにつなげることができるもの)展が開催されていました。そこで最新のバーチャルリアリティー技術やディスプレイ技術を目の当たりにしました。

特に驚いたのが、空気中にモニターを表示させるもので、何もない空間にテレビモニターを映し出すことができるものです。その空中モニターの中には、超音波を駆使して、空中モニターを触ると実際に触れたかのような触感を生み出すものもあり、これらの技術はATMの防犯やデジタルサイネージに活用が期待されるとのことです。

東京ビックサイトに行ったことが無く、当初の出展カテゴリーも畑違いだったため不安しかありませんでした。しかし、様々な方と出会うことができ、新しい技術に触れることもできたため本当に行って良かったと思います。誘っていただいた株式会社NOONEさんのクライアント様、株式会社NOONEさんに感謝です。