売れるホームページをデザインする。株式会社ルビコン

Back To The Top

ホームページで収益を上げたいときに考えること

2017-11-08

ターゲットキーワード選定と競合サイトの調査

ホームページを制作する時、最初に考えるのがターゲットキーワードです。特にホームページを通して利益を得たい企業サイトやショップサイトでは、コンバージョンに繋がるキーワードをどれだけ見つけ出せるかが成功へのカギになります。
特定のジャンルあるいはキーワードで自サイトを上位表示させたい場合、ターゲットキーワードの選定はもちろん、同時にそのキーワードにどんな競合サイトが存在しているかのリサーチが重要です。
サイト規模やコンテンツの質、獲得しているバックリンクなどを調査し、それを上回るサイトを作れるかを判断して、不可能なら他のターゲットキーワードを狙うことも視野に入れるべきです。

サイト構造を考える

ターゲットキーワードが決定したらホームページ制作が始まりますが、ホームページを作る目的を明確にする事が重要です。
収益を上げることが目的であれば、それに沿ったサイト作りをしなければ時間と労力の無駄です。
サイト訪問からコンバージョンにつなげるためのデザインやサイト構造、自社のサービスや商品をどう魅力的に見せるのか、どのようなコンテンツを盛り込んでいくのかなど考えることは色々あります。
良く見かけるのがデザインにこだわり過ぎて「収益を上げる」という目的から外れて成果を上げられないサイトです。
作ってからの修正には多大な労力と時間が必要なので、そうならないためにもサイト設計をしっかり行ってください。

ユーザビリティの重要性を認識する

SEO対策ばかりに注力していると、ユーザビリティを軽視しがちになります。
企業ホームページやショップサイトを作る目的は「収益を上げる」事で、検索順位を上げることが目的ではありません。
SEO対策で検索順位が上がったのに成果が出ないホームページは、ユーザビリティやコンテンツを見直したほうが良いかもしれません。
ホームページのデザインを見直すことも大切です。Zの法則という言葉がありますが、これは人間がウェブページや広告媒体を見るときに、左上からZを描くように視点を移動させて情報を収集していくという法則です。
このZのライン上にユーザーの目を引くコンテンツや商品を配置すれば、ユーザーを効果的にコンバージョンまで誘導出来るでしょう。

お問い合わせ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。