売れるホームページをデザインする。株式会社ルビコン

Back To The Top

SEO対策いつやるの?今でしょ!!!

2017-11-08

SEO対策を考えないならホームページは作る意味無し

ホームページを制作したことに満足して、その後のSEO対策を全くしない人が多いのに驚きます。当たり前ですが、ホームページは見てもらえなければ存在しないも同じです。
多くの人にホームページを見てもらうには、検索エンジンにインデックスさせるだけでなくSEO対策で検索順位を上げる必要があります。
デザインばかり気にしている人は、どうしてホームページを作ろうとしたのかを思い出してください。
デザインやレイアウトはもちろん大切ですが、どんなにデザインに優れていても誰にも見てもらえなければ意味がないのです。
特に地域に根差した企業などは、デザインなどより訪問者の信頼を得るためのコンテンツを考える事がよほど重要です。
デザインや画像にお金や時間を使うくらいなら、まずSEO対策に注力するべきです。

SEO対策>ユーザビリティ>デザインというお話

ホームページで何か成果を上げたい時の優先順位はSEO対策>ユーザビリティ>デザインになります。
企業やショップが何のためにホームページを制作するかを考えた場合、ほとんどの場合「有益を上げる」ためだと思います。
成果を上げるのに一番必要なのがSEO対策やSMOで、次に来るのがユーザビリティです。
大企業であれば社名や商品名で検索される事もありますが、中小企業が社名で検索される場合ほとんどの検索者は既存の顧客か元々その会社を知っている人のはずで、新規の顧客獲得につながりません。
そんな状態でデザイン重視のホームページを作って自己満足に浸っている暇はありません。
まずはしっかりSEO対策とユーザビリティの向上に力を注いでアクセスを集める事を考えてください。

ホームページはSEO対策やユーザビリティを前提にデザインする

SEO対策やユーザビリティを最優先した場合、どうしてもデザイン面で譲歩しなければいけない部分が出てくると思います。
SEO対策やユーザビリティが評価され、訪問者が来てこそデザインは活きてくるのです。
特に企業サイトなどは、特殊な場合を除いてSEOとユーザビリティを考慮しないで成果を上げる事は不可能です。
何度も言いますが、どんなにデザインが優れたホームページを作っても見てもらえなければ「存在しないのと同じ」なのです。

お問い合わせ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。