売れるホームページをデザインする。株式会社ルビコン

Back To The Top

SEO対策で大切なのは有益なコンテンツを作り続ける事

2017-11-08

有益なコンテンツ作りこそSEO対策の一番の近道

SEO対策の王道と言えばユーザーにとって有益なコンテンツ作りと良質のリンクの獲得です。多くの人にとって「価値のあるホームページ」である事を常に意識してホームページ制作に取り組めば、自然と人の集まって来るはずです。

有益なコンテンツを作る時に大切なのが見る側の視点で作る事です。自分が作っているサイトを他の人が作ったと仮定して、自分だったらリピーターになるか考えてみてください。

有益なコンテンツってなに?

有益とは「利益がある・役に立つ・ためになる」という意味です。要するに有益なコンテンツとは、ユーザーにとって「利益がある・役に立つ・ためになる」コンテンツという事です。

例えばホームページのメインテーマが「ゴルフの上達」であればクラブの握り方やスイングの基本、コース攻略の考え方などがユーザーにとっての有益なコンテンツになると思います。

日本人は情報をとにかく詰め込みたがる習性があり、特に好物なのが一般にはあまり知られていない情報です。

一般の人が知らなそうな「裏話」的な情報を持っているなら、その業界の人に怒られない程度でコンテンツに盛り込んでも面白いかもしれません。

人に教えたいと思わせるコンテンツを作ろう

ホームページで有益なコンテンツを提供していればSNSやSBMなどで必ず拡散されます。知名度が低いと拡散されるまで時間がかかるかもしれませんが、価値あるコンテンツは必ず誰かの目に留まるものです。

SNSやSBMからのリンクはSEO効果が無いので軽視しがちですが、そこで拡散される事という事です。

質の低いコンテンツでは拡散しようと思う人はいないはずです。自分のホームページがどれだけ拡散されているかは、有益なコンテンツを作れているかの大切な指標となるのです。

お問い合わせ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。