売れるホームページをデザインする。株式会社ルビコン

Back To The Top

SEO対策におけるターゲットキーワードの重要性

2017-11-08

SEO対策はホームページのテーマを統一することが重要

SEO対策で有効な手段として良く挙げられるのが、更新を続けてサイトボリュームを大きくするという方法です。

決して間違っているわけではありませんが問題は更新される内容です。浅い知識でSEO対策を試みる人の多くは、サイトのボリュームを上げる事を意識しすぎてテーマを統一せずに価値のない記事を書いしまっています。

ターゲットキーワードを明確にしてホームページ制作を始めても、ネタが切れると時事ネタなどでページを作りたくなるかもしれませんが、テーマにまったく関係のない記事を書くくらいなら、更新しないほうがマシかもしれません。

インターネットを通してホームページに訪問するユーザーのほとんどは「時事ネタに関するあなたの主観を知りたいのではなく、サイトのテーマにあった自分の知らない情報がほしい」という事を理解しておきましょう。

SEO対策でホームページのテーマを統一する重要性

様々のソフトやツールの開発で昔に比べ専門的な知識の無い人でも気軽にホームページを制作出来る様になりましたが、作っただけで誰にも訪問されない「価値の無いホームページ」が乱立する様になりました。

テーマを絞り込めていないホームページは、ユーザーの訪問・リピートが無いだけなく検索エンジンからの評価も低い傾向にあります。

SEO対策に関するホームページを作るならSEO対策に関する記事を、ゴルフに関するホームページであればゴルフに関する記事だけに絞るほうが、訪問者や検索エンジンから「価値あるホームページ」としての評価を得られるでしょう。

ホームページ制作でキーワードを意識する事の重要性

ターゲットキーワードは、トップページを作る時だけでなくページを作る時も意識する事が非常に重要です。

ページを増やしロングテールキーワードを狙うのはSEO対策では有効な手段ですが、ページ内でのターゲットキーワードは1つに絞ったほうが検索エンジンからの評価は高くなります。

異なったキーワードを1ページに詰め込むくらいなら、ページを分けてしまったほうが良いでしょう。

お問い合わせ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。