売れるホームページをデザインする。株式会社ルビコン

Back To The Top

スマホ対応

ホームページのスマホ対応の必要性

ローカルSEOによるGoogleマップでの上位表示

スマホの普及に伴い、ホームページをスマホ対応にすることがwebマーケティングにおいて今や必須となっています。

スマホ対応のホームページとはスマホで見やすい・使いやすいように最適化されたホームページのことで、スマホに対応させないで放置すると知らないうちに機会損失を生み出し、競合他社にwebマーケティングの面で水をあけられることになります。

スマホが登場してからの保有率はうなぎ登りで、現在は20代から50代までの8割以上が保有しており、インターネット上で情報を収集するときに使うデバイスは現在モバイルが中心になっています。

ちなみに、Googleでの検索利用数は2015年の時点でモバイルがデスクトップを上回っています。

PCサイトをスマホで見ると非常に見にくく使いにくい

ホームページをスマホ対応にしなければいけない最大に理由が、PCサイトをスマホで見た場合、非常に見にくく使いにくいという点です。

スマホ対応されていないホームページをスマホで見ると、文字やバナー・リンクなどすべてのコンテンツが小さく表示されるので、ユーザーは自分で画面を拡大しなければならず、バナーやリンクの押し間違いも頻発してしまいます。

そのためユーザーにストレスを与えてしまい、ホームページからの離脱を招いてしまうのです。

ただ見にくいからという理由で離脱されてしまうのは、大きな機会損失です。より多くのユーザーに価値あるホームページを提供するには、スマホでも見やすく使いやすいホームページにするためのスマホ対応は必要不可欠なのです。

スマホ未対応がアクセス数の減少を招く恐れがあります

ホームページの検索順位は、Googleが独自に定めた200以上の評価要因によって決定されます。

2015年にモバイルでの検索数がPCを上回ったことを受け、2015年に「モバイルフレンドリーアップデート」が評価要素として追加されました。

モバイルフレンドリーアップデートは、スマホ対応がされていないホームページの評価を下げるというアルゴリズムです。

さらに、2016年11月に「モバイルファーストインデックス」を今後導入していくことが発表されています。

モバイルファーストインデックスの導入時期はまだ不明ですが、正式に導入されればモバイルサイトの評価をメインにしてホームページの検索順位が決定されることになります。

スマホ対応がされていないかったり、スマホサイトとPCサイトでコンテンツに違いがある場合は、早めに対策を行うことが必要です。

モバイルファーストインデックスの概要
・PC版とモバイル版それぞれホームページを保有している場合、モバイル版のコンテンツを優先して評価を行う
・PC版とモバイル版でコンテンツに違いがある場合、PC版だけにある重要なコンテンツが評価されなくなる
・PCサイトしか保有していない場合、インデックスはこれまでと同様行われるが、モバイルフレンドリーの影響で検索順位が下がる可能性がある

レスポンシブデザインでホームページのスマホ対応を

レスポンシブデザインとは、PC、スマホ、タブレットなど異なる画面サイズの幅を基準にホームページの表示を自動で調整し、見やすいように表示するデザインを指します。

「PCでもスマホでも表示できるデザイン」となんとなく理解している人が多いようですが、正確には「同じURLでマルチデバイス表示を可能にするデザイン」のことです。

スマホやタブレットが登場して以来、それらを利用してホームページを閲覧する人の数は爆発的に増え、現在ではPCよりもスマホやタブレットからホームページに訪れる人の方が多くなっています。

スマホやタブレットを利用してホームページへ訪問する人に対応したデザインを表示するために、レスポンシブデザインの採用は今や必須となっています。

レスポンシブデザインを採用するメリット

・デバイスに関係なく、すべてのユーザーに対応できる
レスポンシブデザインを採用することで、スマホやタブレットでも最適化して表示出来ることから単純にユーザーの分母が増えます。

2015年の時点でヤフーのPCとスマホの流入数が逆転しています。「ホームページをスマホに対応させる」ということは、それだけでホームページへ訪れる人の分母を広げることが出来るのです

・デバイスを問わず適切に情報を伝えられる
PCやスマホで常に最適なレイアウトを表示させることができるので、デバイスによって視認性が悪くなることがありません。つまり、デバイスを問わずこちらが伝えたい情報を最適な形で届けることができるのです。

ユーザーに対しPCとスマホ両方でホームページ閲覧を促すことが出来るので、効率的にホームページのファンを作りだすことができます。

・同一のURLでPC・スマホサイトを管理できる
同一のURLでホームページを運営できるので、更新作業や管理をURLごとに行う必要がなくなるのは大きなメリットです。

自社でコンテンツ管理をしている場合かなりの作業効率化につながるので、ホームページ運営以外の作業に注力出来るというメリットもあります。

お問い合わせ