売れるホームページをデザインする。株式会社ルビコン

Back To The Top

SEO対策に必要な「何もしない」という選択

2017-11-08

「何もしない」のもSEO対策

SEO対策を実施しないとホームページを上位表示させる事は不可能ですが、実施した後は結果が出るまで「何もしない」という選択をする勇気も必要です。
新しいホームページを制作するか既存のホームページを修正した後なかなか結果が見えないとさらに手を加えたくなりますが、SEO対策はすぐに結果が出ない事が多いので期間を決めて様子を見る事も大切です。
特に新規で制作したホームページではキーワードの選定に誤りがあったと考えて、サイトタイトル(ターゲットキーワード)を変更してしまう人がいますが、頻繁にタイトルを変えると検索エンジンがサイトのテーマを把握出来ないので、最低でもサイトタイトルの変更は2~3ヶ月様子を見てから検討するようにしましょう。
計画的にSEO対策を実施したからといってイメージ通りに結果が出るとは限らないので、一つの結果を見て一喜一憂しないようにして下さい。
何が正しいのか間違っているのか分からなくなるのがSEO対策です。人によって重視するところは違いますが、大切な事は大体決まっているので思考の迷路にはまって間違った方向に行かない様に気を付けて下さい。

ホームページ修正後はとりあえず「待つ」

ホームページをリニューアルまたは大幅な修正を加えた時も、作業が終わったら順位の変動など動きが出るまで様子を見ましょう。
新規でホームページを立ち上げる時にもそうですが、クローラーが周ったからといって検索エンジンがすぐにそのページの評価をするとは限りません。仮にリニューアルや修正がSEO的に正しく行われたとしても、評価されるまでそれまでの時間がかかると思います。
評価までの時間は分かりませんし、もしかしたらまったく評価されない可能背もあります。しかし、加えた修正によってリンクが付くかもしれませんし、コンバージョンが増える可能性もあります。
SEO対策に携わっているとどうしても検索エンジンからの評価を気にしがちになりますが、検索エンジンから評価を貰えなくても閲覧者にとってプラスになるのであれば修正する価値があります。
CVのための修正も大事ですが情報の鮮度を新鮮に保つのも同じくらい大切です。保険会社などのホームページは常に新しい商品を更新していく必要があるし、制度に変更があれば古い情報を更新しなければいけません。
面倒な作業ではありますが、こういった修正を続ける事で閲覧者からの信頼を得る事が「ホームページから得る利益」に繋がっていくのです。

お問い合わせ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。