売れるホームページをデザインする。株式会社ルビコン

Back To The Top

コンテンツの更新頻度がサイトの評価を維持・向上させる(が例外もあり)

2018-01-10

コンテンツの更新でサイトの質を向上させる

コンテンツの更新とは、ホームページ上で新しいコンテンツページの追加や、古いコンテンツを最新の情報やトピックを含めるなどサイト全体の運営のことを指します。

企業サイトであれば、自社の顧客目線に立ち必要な情報を詳しくサイト内で発信していくことでサイトの価値を高め、訪問者と検索エンジンからの評価が高まります。

ただし、闇雲に質の低いコンテンツの量産、質の悪いトピックを追加などでは高い評価を得られません。

直帰率の高いページの修正・リライト

コンバージョンが発生しないページというのは、大体直帰率が高いものです。

ユーザーが直帰する理由は「そのコンテンツがユーザーの求めるもの以下」である場合がほとんどです。

直帰率の高いページをチェックし、該当ページの「リンク元URL別の直帰率」を確認してみてください。

リンクを辿ってサイトを訪れたユーザーは、リンク元のバナーやリンク文言などに何かしら興味を持ってサイトに訪れています。

訪問したサイトで期待が外れて直帰するわけなので、リンク元サイトや自サイトのタイトルなどに沿った情報を提供する必要があります。

例えば、フライパンを売っているサイトの1ページがサラダ油のページからリンクされていたとしましょう。

その場合のユーザーの求めるものは、サラダ油に関する情報となります。

ですので、サラダ油についてのコンテンツを充足させた上で顧客に満足してもらい、サラダ油を有効に使うための導線設計として、フライパンの商品ページへ誘導するというテストなどを繰り返し行うことにより成果を出すページが完成されてきます。

更新が止まっても価値が下がらないホームページ

コンテンツは更新されてこそ価値があります。更新が長期間されないとユーザー・グーグル双方からの評価は下がっていきます。

基本的にはユーザー評価=検索エンジンからの評価なので、ユーザーが価値のないサイトと判断すれば、検索エンジンの同じ評価を下すわけです。

ホームページの場合も基本的には同じですが、テーマによっては更新しなくても評価が下らない場合もあります。
ニュースや時事サイトで更新が止まっていると価値は落ちますが、一般的な企業サイトなどの場合は更新が止まっていても検索順位が変わらない場合もあります。

全てのジャンルで新鮮さが求められるわけではありませんし、継続的に自然リンクが付いていればなおさら評価が落ちないでしょう。

コンテンツは鮮度が命ですし、更新が止まるとどうしても継続的にリンクを得ることは難しくなります。

お問い合わせ