売れるホームページをデザインする。株式会社ルビコン

Back To The Top

SEO対策に有効な「被リンク(外部リンク)」とは

2018-01-10

SEO対策における「被リンク」とは

被リンクとは、あるサイトが他のサイトからリンクされることを指します。

現在でも被リンクは検索順位にしっかり影響していますが、リンクの「数」が重視されていた以前とは違い、現在はどのようなサイトからどれくらいのリンクを受けているかというリンクの「質」が重要視されています。

SEO対策における被リンクの意義は

検索順位は必ずしも被リンクの数や質のみで決定されるわけではありませんが、上位表示における重要な要素であることは間違いありません。

そのため、SEO対策において被リンクの獲得やユーザビリティを考慮した内部リンクの構築は最重要視される施策の1つです。

しかし、いくら被リンクが順位決定の重要な要素になっているとはいえ、数が多ければ良いというものではありません。数ももちろん、それより重要なのは「リンクの質」です。

質の悪いリンクは、いくら数が多くてもSEO対策に有効な被リンクとして効果を発揮しません。

良質な被リンクとは

質の良いリンクをひと言でいうと「サイトのテーマと関連性の高いリンク」のことです。

例えば、ゴルフのティーチングプロが自身のブログでお勧めのクラブやボールを紹介し、それを販売しているショップサイトにリンクを張ると、そのリンクはショップサイトにとって非常に質が高い、価値のあるリンクになります。

良質な被リンクを増やすには

ホームページを持っていれば、誰もが検索順位を上げて多くのリンクやアクセスを集めたいと思うものです。

しかし、内容が充実したコンテンツを作ってもすぐに良質なリンクを集められるわけではありません。

ユーザーから自然発生するリンクを待っているだけでなく、積極的に被リンクを獲得しにいくのもサイトを成長させるために大切なことです。

サイトを立ち上げてすぐに被リンクを集める方法として、友人・知人や関係企業にリンクを張ってもらう方法があります。自社の他ドメインのサイトや関連企業、可能であれば取引先などから被リンクを集めましょう。

「存在を知られないから見られない→被リンクも発生しない→上位表示されないし、見られない」という悪循環を打ち破るきっかけ作りとして、今すぐにでも始められるはずです。

もちろん自社サイトと関連性の高いサイトからのリンクであればより高い効果を発揮するので、そのようなリンクをもらえる可能性があるホームページに、リンクをもらえないか打診してみることをお勧めします。

また、サイト内に「当サイトはリンクフリーとなっています。所有されるサイトにリンクを貼る際にご連絡などは不要です。」などと記述しておくと、自然リンクを獲得できる可能性がわずかですが高まります。

お問い合わせ