売れるホームページをデザインする。株式会社ルビコン

Back To The Top

SEO対策でメンタルをすり減らさない考え方

2018-01-10

SEO対策は細かいことを気にしない!!事も大切

SEO対策は非常に奥が深いです。というか、分からないことが多過ぎて極めようとすると膨大な実験データと時間・経験が必要になります。

ただ、いくら実験を繰り返したところでツンデレ具合が激しいGoogleさんのすべてを理解することは誰にも出来ないでしょう。

仮に実験で信憑性の高いデータが得られても、それは現時点の検索エンジンに有効だと思われるテクニックを発見しただけに過ぎません。

SEO対策は将来のことを考えつつ、その時々で検索エンジンに効果的な対策方法を探るというのが基本ですが、時間をかけて調査・分析をしたところで将来役に立ち続けるとは限らないということを認識する必要があります。

考えすぎると何もかも分からなくなるのがSEO

SEO対策に1年くらい携わっていれば、どんな人でもそれなりの知識やスキルは身に付きます。

ある程度大きなキーワードで上位表示出来るようになれば、SEOは意外と簡単に感じるかもしれません。

しかし、情報が蓄積されていくにつれてSEOの複雑さが分かってきます。実際に効果が出た手法がすべてのサイトで通用するわけではないのです。

「検索エンジンは全てのサイトに対して平等ではない」と昔から言われますが、まさにその通りです。SEO対策をやればやるだけ例外が増えていき、何が正しいのか分からなくなるのです。

情報は多すぎると良くないと言われますが、それはSEOにおいても同じです。

数年前に比べSEOについての情報を発信するブログなどが増えているので、有益な情報は手に入りやすくなっています。しかし、情報が多くなる事で混乱する可能性があることも忘れないでください。

情報を頭に詰め込んだだけで成果は得られません。情報を取捨選択する能力が必要になってきます。

なんでも吸収しようというのは一見すれば正しい考え方に感じますが、精神衛生上よろしくないと思います。

どれだけ情報を得たかはそれ程重要ではなく、数ある情報から必要なものを拾い上げる目利きこそ重要になるのです。

人それぞれ取り組み方は違うと思いますが、自分の環境やスキルにマッチした「実践できるSEO対策の情報を頭に入れていく」ということを一番大切にしてください。

ホームページを製作するのにSEO対策は確かに重要なスキルですが、一番大切なのは見る人のことを徹底的に考えたサイト作りに徹する」ことだということを忘れないでください。

お問い合わせ