売れるホームページをデザインする。株式会社ルビコン

Back To The Top

コーポレートサイト制作

以前と比べ、インターネット上での「企業の顔」といえるコーポレートサイトの重要性は比べ物にならないほど増しています。

ルビコンは、企業戦略上欠かせない「ビジネスパートナー」としてのコーポレーションサイト制作を追求していきます。

ルビコンが最も得意とするコーポーレートサイト制作

自社サイトのコンテンツの充実度やユーザビリティが、インターネット上で取引先や潜在顧客から得られるレスポンスに大きく関わってくるのです。さらに、コーポレートサイトは事業形態や目的によって、最適なコンテンツ・構造・導線が大きく変化します。

ルビコンは、これまで業種・規模を問わず数多くのコーポレートサイトを手掛けてきました。その過程で蓄積されたノウハウによってデザインはもちろん、きめ細かい現状分析やコンテンツ企画・提案、適切な目標設定に至るまで、お客様のホームページに必要なすべての提案が可能です。

コーポレートサイトの新規制作やリニューアルの際は、ぜひルビコンへお声掛けください。

業態・目的にマッチしたコーポレーションサイト制作

プロダクトサイト

プロダクトサイトは、製品やサービスの訴求がメインのコンテンツとし、見込み顧客獲得を目的としたタイプのコーポレートサイトです。

会社名を製品名になっていたり、会社名が製品名より有名だったりするBtoB企業に向いているタイプになります。

資料請求や問い合わせが目標となり、サイトのパフォーマンスが売上に影響します。

ブランディングタイプ

企業・製品・サービスの訴求を目的としたタイプで、外部に独立した販売チャネルを持ち、自社では製品紹介までしか行わないBtoC企業に適したコーポレートサイトです。

サイトへの新規訪問者獲得、企業名・製品名・サービス名など、特定のキーワードでの検索順位上位獲得、充実したコンテンツ発信とサイト閲覧者の信頼獲得、外部販売チャネルへの誘導が目標となります。

外部に複数のサブサイトを有するサイト群構築

外部に複数からなるサイト郡を構築し、そこへのナビゲーション役としてコーポレートサイトを制作します。

多角経営企業や複数のブランド・サービスを有する企業に多く見られるタイプで、サブサイトへの誘導が主な目的となります。

こうしたサイト群を構築している代表的な企業が、大手検索エンジンのYahoo!や価格.comです。

Yahoo!は知恵袋やオークションなどテーマや役割が異なるコンテンツごとに、価格.comは様々な商品カテゴリごとでサイト群を構築しています。

リクルートタイプ

企業名・製品・サービスの拡散よりも、人材確保に重きを置いたタイプです。

サイトがビジネスに与える影響が小さく、かつ人材獲得に苦心している業界や企業によく見られるタイプで、多くは求職サイトと連携して運営されています。

検索エンジンよりも求職サイトから流入が多く、エントリー数の増加や応募者の質の向上が目標となります。

求職者にとって有益なコンテンツ発信を求められるサイトとなります。

情報発信タイプ

製品やサービスを直接売り込むのではなく、ブログやコラムで情報発信を行い、顧客とコミュニーケーションを図ることを目的としたタイプです。

その性質上、頻繁な情報更新と読みやすいページ構成が求められます。

完全な情報発信タイプだけでなく、様々な企業が自社サイトを通して情報発信を行い、顧客の信頼を獲得したうえで製品やサービスを売り込んでいます。

情報発信タイプは優良顧客を囲い込みやすい、SEOにより長期に渡って安定した集客が可能になるなど多くのメリットが存在するタイプとなります。

「信頼」「安心」を与えられるホームページを

どれだけ盤石な基盤を持った企業でも、従来の経営方法だけでこの先も業績を維持できるとは限りません。

従来のようなフェイス・トゥ・フェイスの営業方法が最も重要であることに変わりはありませんが、同時に新たなマーケット・顧客を開拓していくことも重要な事です。

Webマーケティングは、これからの企業戦略に欠かせない戦略であり、ホームページはビジネスの成長を支援してくれる大切な存在となるはずです。

お問い合わせ