売れるホームページをデザインする。株式会社ルビコン

Back To The Top

スタッフブログ

タイトルやメタタグの変更によるSEO対策の効果

2017-11-08

タイトルタグを変更したらホームページの検索順位が下がる?

ホームページ制作後のタイトル変更はしない方が良い、変えると順位が下がるという話をよく聞きます。

結論を言うと、ターゲットキーワードを変更しなければ順位にそれ程影響はありません。

ただし、ターゲットキーワードを変えてしまうと変更前のキーワードに対する評価がリセットされ、新しいキーワードに対する評価がゼロの状態でスタートになるので、ホームページ制作後の変更は避けるべきです。

だからこそトップページのキーワード選定にはSEO対策をする上でも重要なのです。

タイトル内にあるキーワードの位置でSEO対策の効果は変わるか

ターゲットキーワードはなるべくタイトルの前方に入れるのがSEO対策の基本と言われて来ましたが、最近はあまり影響が無いように感じます。
今でもターゲットにしているキーワードは出来るだけ前方に配置するよう心がけていますが、それを優先し過ぎてタイトルがおかしなものになる様なら適当な場所に自然な形で入れた方が良いでしょう。タイトルはSEO対策だけでなく、ユーザーのクリック率にも影響する事を忘れないでください。
コンテンツを変えずにタイトル内のキーワード位置を調整するだけで検索順位が大きく上がる事はほぼありません。
タイトルは検索エンジンでは無くユーザーを意識して付ける事をお勧めします。

メタタグはSEO対策に効果はない

ホームページ制作の際いまだにメタキーワードを詰め込んでいる人がいますが、グーグルがメタキーワードは無視すると発表しているためハッキリ言って無意味です。
メタディスクリプションについてもSEO対策の評価にはほとんど影響しないように感じます。
メタディスクリプションに関してはタイトルと同様に検索ユーザーを意識して、キーワードを盛り込むというよりユーザーの目に留まる内容にするべきだと思います。

SEO対策は技術を追い求めるより王道を進む事が大切

2017-11-08

小手先のSEO技術は寿命が短い

価値のあるコンテンツ作りと良質なバックリンクの獲得がSEO対策の王道であるのは間違いありません。

最新のSEO技術を使う事は悪い事ではありませんが、小手先の手法でホームページの検索順位を上げるのには限界があります。

検索エンジンのアルゴリズムが激しく変化する現在、有効だった手法がすぐに使えなくなる可能性はかなり高いと思います。

現在のSEO対策は総合的に評価されるので、一つの要素が検索順位を大きく上げるという事は無くなっています。裏技的な技術を探している暇があるなら、有益なコンテンツを作る事に力を注ぐべきです。

SEO対策はコンテンツ(超重要)>>>技術(無くても)という話

SEO対策をテーマにしたサイトやブログで公開されているSEO技術は、怪しいものや直ぐに効果が無くなってしまうものが多いのが現実です。

その中から効果の高いSEO技術が見つかる可能性もありますが、砂漠で1粒の砂を探すようなものです。たとえ見つかっても、検索アルゴリズムの変化が激しい現在では、使っている技術の効果が無くなるたびに新しい技術の探索とホームページの修正を繰り返す事になります。

技術はあくまで補佐的なものです。上手く取り入れる事は大切ですが、王道のSEO対策を行いながら取り入れるまでに留めておくべきだと思います。

コンテンツを生み出す力があれば、SEO対策は大体成功する!はず。

正直なところ適切なキーワード選定とそれに沿ったタイトル付け、ナチュラルリンクをもらえるような魅力あるコンテンツが作れればSEO技術など必要ありません。

魅力あるコンテンツを作る力があれば、どんな業種のサイトでも上位表示させる事が出来るでしょう。小手先のSEO技術を磨くより、コンテンツを作り出す力を身に着ける事がよほど大切な事なのです。

当社に新しい武器が続々と! その1「ツアーメイク」

2017-07-06

 グーグルインドアビューの進化版です

こんにちは、ルビコン中山です。

皆様は、行ったことが無いお店に入るときは不安じゃありませんか?

「店内はどんな雰囲気なんだろう?」

「どんなスタッフが接客してくれるの?」

「商品・サービスは?」

「いくらなの?」

これらの情報を、来店される前に見込み客に対して情報を見せるのが、当社が従来から提供しておりますホームページなどWEBツールの役割です。

このたび、当社が提供できるWEBツールに新しい仲間が誕生しました!

その名は「Tour make(ツアーメイク)」です。

詳しくはこちら

実際に撮影する際のカメラがこちらです。

あえて360°カメラは使用していません。画質が荒くなってしまうためです。画質を良くするために画像を同じ場所から別アングルで何枚か撮影しつなぎ合わせています。

今までのホームページではできなかった「見せ方」ができますので、ご興味ある方はお気軽にお問い合わせください。

076-411-9200 luvicon@luvicon.jp 担当:中山

« 過去のページ
お問い合わせ