売れるホームページをデザインする。株式会社ルビコン

Back To The Top

店舗向け集客アプリ開発

お店アプリとは

よくお店アプリとスマホサイトを混同される方がいますが、この2つはまったくの別物です。

スマホサイトがスマホを使ってインターネット上で閲覧できるホームページであるのに対し、お店アプリはユーザーがスマホ上にダウンロードすることで利用できるツールになります。

そのため、スマホサイトとお店アプリとでは、効果を発揮する客層が大きく異なります。

・お店アプリ:情報発信や販促を利用した既存顧客の囲い込みに特化

・スマホサイト:お店の認知度アップや新規顧客獲得に特化

お店アプリはスマホサイトと違って、お客様にダウンロードしてもらわないと集客ツールとして機能しないというでデメリットがあります。

それでもお店アプリを利用する企業や店舗が多いのは、デメリットを補って余りある大きなメリットが存在するからです。

お店アプリを開発するメリット

その①PUSH機能を利用して購読率の高いニュースを配信

お店アプリの開発で得られるメリットはさまざまですが、特に魅力的なのが『PUSH機能』です。

PUSH機能とは、ロックされたスマホのホーム画面に表示されるお知らせのことです。

LINEで友達からトークが届いたときにスマホの画面に大きくトーク通知が出るのを見たことのある人は多いと思います。

PUSH機能を利用すれば、LINEと同じ形でお店からのお知らせやクーポンがユーザーに届くので、馴染みのある通知方法ということも相まって開封率が非常に高くなるのです。

実際に、昔からよくお知らせツールとして利用されるメルマガの開封率が0.1%なのに対し、PUSH機能を利用したお知らせの開封率は60%を超えるというデータもあります。

PUSH機能は、お店がユーザーに伝えたい情報を100人に送った場合、メルマガでは1人しか見られなくても、お店アプリを利用すれば60人のお客様に見てもらえるかもしれないのです。

お客様にお店からの情報をできるだけ見てもらえる方法として、非常に大きな効果を発揮するのです。

その②スタンプカードやポイントカードで再来店を促進できる

新規のお客様に再来店を促し、リピーターとして囲い込むのに非常に効果的なのがクーポン・スタンプカード発行機能です。

店舗運営者の方であれば、必ず悩むのがお客様の囲い込みです。

商品力や接客には自信があるのに、なぜかリピートにつながらない。。固定客が増えない。。と悩んでいないでしょうか。

なぜ、自分のお店にリピーターが増えないのか?

理由は非常に簡単で、人間とは『非常に忘れやすい』生き物だからです。

あなたも、『昨日の夜食べたものが思い出せない。』『一昨日見たテレビ番組おもしろかったはずだけど内容が思い出せない。』ということがあるはずです。

人は、よほど強烈な印象を持った出来事以外は2日間ほどで忘れてしまうといわれています。

そこで、一度来店されたお客様に自分のお店を思い出してもらうために効果を発揮するのがクーポン・スタンプカード発行機能です。

人は何かしらのサービスや特典に弱いものです。

そこを上手に利用しポイントを集める、あるいはクーポンを使用するという来店目的を与えて、リピートするきっかけを作るためのツールとしてクーポン・スタンプカード発行機能が威力を発揮するのです。

その③会員ランク制を導入して優越感を刺激する

人は何かにつけて優越感に浸りたがるものです。

それに対して強くアプローチを仕掛けられるのが会員ランクの導入です。

具体的な利用法としては、来店回数に応じて特別なサービスを提供し、それを『PUSH機能』などを利用してお客様の『自分は特別』だという満足感を刺激してあげるのです。

そうすることで、リーピート回数は確実に増えます。

例えばあなたがよく良くラーメン屋で、ある日突然頼んでもいない煮卵が入るようになったらどうですか?

自分は特別扱いしてもらっていると良い気分になり、次にラーメンを食べようとしたとき、そのお店が必ず候補に入るはずです。

さらに来店を重ねたとき、今度は煮卵だけでなく半餃子まで付いてきたとしたら、もうラーメン屋といえばほぼそのお店一択になるのではないでしょうか?

今の例では、お客様が実際店舗に足を運んでくれないと特別感は演出できませんが、『PUSH機能』や『クーポン・スタンプカード発行機能』を上手に活用すれば、お客様がお店にいないときでも特別感を演出することができるのです。

お問い合わせ