売れるホームページをデザインする。株式会社ルビコン

Back To The Top

3月, 2018年

ローカルSEO対策上位表示に必要な4つの対策

2018-03-16

ローカルSEO対策の集客は新鮮な情報の発信が絶対条件!

ローカルSEO対策で集客を目指すのなら、Googleマイビジネスに掲載する情報の更新が必要です。

タイムリーでユーザーにとって役立つ情報の更新をつづけることで、企業・店舗の価値を高められます。

Googleマイビジネスには、ユーザーに向けて常に新しい情報を発信するためにさまざまな機能が備わっており、そのほとんどを無料で利用することができます。

せっかくの機能を使わない手はありません。上手に活用し企業・店舗価値を高め、集客力を強化していきましょう。

下で、ローカルSEO対策で成功するために抑えておくべき4つのポイントをご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

1.店舗情報

店舗名や電話番号、ホームページのURLなど基本情報に変更があれば、必ず修正しましょう。

また、Googleマイビジネスには企業や店舗の属性を設定する機能があります。

属性ではクレジットカード使用の不可、アルコールの取扱情報などの詳細情報を入力することができます。

属性はGoogleが随時更新しているので、こまめにチェックし、適用したい属性を見つけたら情報に追加していきましょう。

2.外観、内観、メニューなどの写真

写真はユーザーに対する訴求力が非常に高いコンテンツです。新しいメニューやサービスを増やしたときは、関連する写真を追加していくことで訴求力をさらに高められます。

写真の更新が長期間滞ると飽きからユーザー離れが起こる可能性もあるので、メニューやサービスが増えなくても、撮る角度を変えるなどして、定期的に写真を入れ替えるようにしてください。

3.投稿

Googleマイビジネスの投稿機能はブログに近い仕様になっていて、専門知識がなくても気軽に始められます。

写真やボタンが簡単に設置できるので、イベントやキャンペーンの告知や予約・問い合わせ・購入の受付ページを簡単に作れる便利な機能なので、ぜひ活用してください。

告知するイベントやキャンペーンがなくても、利用方法はアイデア次第でいくらでも増やせます。

飲食店であれば旬な食材を使った季節限定メニューの掲載などに利用してもいいでしょう。

4.口コミへの返信

Googleマイビジネスには、一般ユーザーからの口コミに対する返信機能が備わっています。
すべての口コミに返信する必要はありませんが、できるだけ返信することで、ユーザーとのコミュニーケーションを図ることができます。

また、辛口の口コミがついたときには、返信機能を使ってフォローメッセージを送るのが好ましいです。

口コミだけ見たらユーザーに悪い印象だけを与えるような口コミでも、それに対して誠実なフォローをしていれば、「悪い印象」を軽減・払拭することができます。

辛口な口コミが投稿されたときは、なるべく早くフォローするよう心掛けておきましょう。

SEO対策もローカルSEO対策も大切なのは「情報発信」

SEO対策において、Googleは「ユーザーが求める新鮮で有益な情報」を高く評価しますが、それはローカルSEO対策でも同じことがいえます。

特にGoogleマイビジネスの機能は日々更新されており、それらはすべてユーザーに有益な情報を届けるための機能です。

これらの機能を活用し、1人でも多くの見込み客の目に留まることがローカルSEO対策の目的です。

ローカルSEO対策への対応は、そのままSEO対策にもつながっていくので、しっかりと取り組みことをオススメします。

ローカルSEOでGoogleマップ上位表示を目指そう

2018-03-16

ローカルSEO対策でGoogleマップから集客する

ローカルSEO対策は正式にはMEO(Map Engine Optimization)と呼ばれ、マップエンジン最適化のことを指します。

具体的にいうと、「富山 ラーメン屋」や「富山 ゴルフ場」など、「地域名+業態・サービス」などのキーワードを使って検索がおこなわれたとき、検索1ページ目のGoogleマップ専用枠に、自社・自店舗の情報を表示させる対策のことです。

Googleマイビジネスで上位表示

上は2018年3月時点で、Googleマップの専用枠の表示です。

このような表示を見たことのある人は多いと思います。この記事の作成時には3店舗のみの表示になっています。

ローカルSEO対策は、このGoogleマップ専用枠での表示を目指して情報を最適化していく施策を指します。

この3つの枠に自社・自店舗を表示させることで、同じ地域に存在する競合より多くの集客を実現することができます。

ローカルSEO対策は、リスティング広告や従来のSEO対策よりも費用対効果が非常に高いので、インターネット上での集客を高めたいのであれば、ぜひ挑戦してみてください。

地域密着型ほど集客効果が高まる

前述したとおり、ローカルSEO対策は「地域名+業態・サービス」などのキーワードで集客を図る手法です。

このような形のキーワードを使うユーザーは、目的がある程度絞られ、会社やお店に足を運ぶことを前提に検索しています。

ローカルSEO対策は、欲求の高いユーザーに対してアプローチをかけるため非常に高い集客効果が発揮され、リスティング広告や従来のSEO対策に比べて高い反応率が期待できます。

ユーザーのクリック率・反応率が高い!

ローカルSEO対策は、従来のSEO対策に比べて上位表示のハードルが非常に低いという大きなメリットがあります。

SEO対策に携わっていればツールを利用し日々の検索順位をチェックされていると思いますが、たとえその結果が50位でも、Googleマップの表示では上位3位に食い込んでいるケースは意外にも多くあります。

キーワードにもよりますが、基本的にGoogleマップに表示される企業や店舗は、検索したユーザーの位置情報をもとにある程度地域を絞って検索結果に表示されています。

そのため、通常であれば自社・自店舗より上位で表示されるホームページを除外して検索結果が表示されているのです。

リスティング広告を利用すれば、同じようにユーザー層や地域を絞ったアプローチが可能です。

しかし、リスティング広告は年々クリック率が低下していることに加え、決して安くない運営費用がかかります。

また、広告からホームページを訪れたユーザーのユーザーは反応率が低いという傾向があります。

同じクリック数を獲得した場合、ローカルSEO対策の費用対効果はリスティング広告に比べ圧倒的に高くなることがほとんどだと思います。

スマートフォンユーザーに対するアプローチ力が高い

スマートフォンで検索した場合、パソコンと違ってGoogleマップがファーストビューを埋める形で検索結果が表示されます。

上位3位は店舗名や写真、その他の基本情報が表示され、すぐ下の『さらに表示』ボタンを押すことで更に多くの企業・店舗が表示されます。

そのためスマホユーザーがなかなか通常の検索結果までたどり着かず、Googleマップ上に表示された候補の中から行き先を決める傾向が強くなるのです。

また、スマホであれば表示された電話番号をクリックするだけで電話がかけられるので、来店などのアクションをより起こしやすくなるのです。

ローカルSEO対策でライバルに差をつけよう!

店舗の集客方法として、ローカルSEO対策は非常に有効です。また、これまでのSEO対策やリスティング広告による集客に比べれば、まだまだ競合が少ない状態だといえます。

ローカルSEO対策の認知度はこれから高まり、それに比例して力を入れる企業・店舗が増えることは間違いありません。

そのため、早い段階でローカルSEO対策を取り入れることで、これから参入してくるだろうライバルに差をつけることができるのです!

特に、インターネット上での集客に苦戦している方は、なるべく早くローカルSEO対策を実施しておくことをオススメします。

なぜ今「ローカルSEO対策」なのか

2018-03-16

Googleマップのスマートフォンユーザーに対する高い訴求力

スマートフォンで「富山 ラーメン屋」などのキーワードで検索すると、Googleマップがファーストビューを埋める形で検索結果が表示されます。

さらに、そこから簡単に経路の確認や予約電話、ホームページへのアクセスが可能なので、見込み客がアクションを起こしやすいのです。

スマートフォンユーザーは年々増加しており、2017年には4~6月の2ヶ月間でスマートフォンによるインターネット利用者は6,193万人となっています。

増加し続けるスマートフォンユーザーに対し、ローカルSEO対策でアプローチすることで、多くの見込み客を囲い込める可能性が高くなります。

リスティング広告の仕様変更でクリック率が高まった

以前のリスティング広告は検索結果の右側に表示されていましたが、2016年2月から検索結果の上部と下部のみに表示されるようになりました。

表示枠は増加されましたが、ユーザーの広告離れが進み、以前ほどのクリック率はありません。

その分、Googleマップに表示されるホームページのクリック率が高まっています。

さらに、Googleの検索画面では通常のホームページ表示より上にGoogleマップが表示されるため、必然的にユーザーの目にとまる確率が高くなります。

これらが要因となり、Googleマップでの上位表示させることでホームページへのアクセスを飛躍的に高めることができるのです。

先行者メリットが大きいうちにローカルSEO対策を!

ローカルSEO対策では先行者が多くのメリットを獲得できます。

なぜなら、Googleマイビジネスのガイドラインの中で、知名度の高さがランキングに影響を及ぼすと公言されているからです。

Googleマップ上で上位3位に食い込めば、それだけユーザーの目に触れる機会が多くなります。

さらにGoogleマップ上で電話や予約、口コミ投稿などのアクションが増えれば、Googleからの評価はどんどん高まっていきます。

一度ローカルSEO対策の上位表示に成功すれば、上記の流れで知名度が高まり続けるため、順位を維持しやすいというメリットを得られます。

反対に、すでに競合がひしめき合う状態で上位表示を目指すのは、かなりの時間と労力が必要になるはずです。

このように、ローカルSEO対策は早く始めた分だけ得られるメリットが大きくなります。どうしようか悩んでいる暇があれば、できる範囲で始めるべきだと思います。

« 過去のページ
お問い合わせ