売れるホームページをデザインする。株式会社ルビコン

Back To The Top

9月, 2016年

人材募集活動に有効なものは?②

2016-09-26

前回のブログでは、なぜ人材募集活動に失敗するのか?についてお伝えしていました。

ハローワークやフリーペーパー・求人雑誌よりも有効なツールがあるという所で今回のブログに続いています。

ハローワークやフリーペーパー・求人雑誌よりも有効な求人募集ツールは何か?

結論から言います。

自分の会社のホームページです。

なぜ、自社のホームページが有効なのか下記の3つの理由からご説明します。その前に、採用人事で失敗しないための条件をおさらいしましょう。

自社が採用したい人に
1.事前に御社の情報を見てもらう
2.事前に御社の情報を知ってもらう
ことでした。

自社のホームページが有効な理由その1:職を探している人が自ら見に来てくれるから

職を探している人のほとんど(特に学生さん)は必ずといっていいほど、自分が入ろうと考えている会社のホームページを見ます。私の価値観を押し付ける訳ではありませんが、自分が就職活動をしていた頃もやはり就職希望先の企業ホームページを見ました。

実際に、学生の8割強の人が面接申し込みに影響すると答えているのです。(根拠は当ブログ下のURLから見ることができます)

逆に考えると、残りの2割弱の人に関しては、自分が働くかもしれない会社を調べないわけであり、就職に対する意識が低く、採用する必要はないと思えるほどです。

求人検索サイトではなく自社のホームページまで見に来てくれる求職者は会社への興味度・関心度が高い人たちということです。

 

理由その2:情報掲載量が豊富だから

職を探している人は、自分が働く会社の理念、経営者、スタッフ、処遇など細かいことに非常に興味があります。それはそうです、自分が働く会社という場所は自分の人生を委ねる場所になる訳ですから細かい情報まで気にするのは当たり前のことです。そんな情報がハローワークやフリーペーパー・求人雑誌の掲載欄に収まるでしょうか?

この情報量が、企業が求めている人材と働きたいと考えている人との間の価値観や労働条件の認識を共有することに繋がるのです。

圧倒的な情報量により、会社のことを求職者に伝えることが出来ます。

 

理由その3:圧倒的に低価格だから

フリーペーパー・求人雑誌に1度広告を出すだけでいくらかかっていますか?○千円ではないはずです。そのような広告を毎週掲載し○十万円かけたのに申し込みはゼロ。または申し込みが来たけど、全然求めている人材じゃない・・・。ということになっていませんか?

ホームページであれば初回の作製費は数万円かかりますが、後に修正したり削除するだけであれば数千円or無料という価格帯です。

どちらが安くつくかは誰でも分かりますよね。

 

これらの3つの理由からホームページに求人情報を掲載することをお勧めします。
そして、ホームページで求人情報を豊富に掲載することによって御社に重大な成果をもたらします。

それは、「質の良い応募者だけが集まる」という成果です。

求人で一番避けたい事は、

たくさんのお金を掛けて、たくさん応募者が来て、自社が求めている人材ではない 又は 採用したけれどもすぐに辞めていく

事ではありませんか?多額の費用をかけて広告し、応募者の選考・面接のために膨大な時間を費やし、採用者はゼロ。もしくは、採用したけれども
すぐに辞めていく。人事の社会保険・雇用保険手続きの時間と労力も馬鹿にできません。

そんな方を面接・採用するくらいなら求人募集はしない方が良かったのではありませんか?

このような事態になる原因がまさに、

自社が採用したい人に
1.事前に御社の情報を見てもらっていない
2.事前に御社の情報を知ってもらっていない

からなのです。

どういうことかと言いますと、ホームページ上にあらかじめ会社のコンセプト・想い・社員教育方針・勤務条件など
を細かく掲載することにより、応募者をふるいに掛けることができるのです。その為に良い事ばかり書くのではなく、
悪いことも掲載することが大事です。人間、期待を下回ることが起こった場合、生まれる感情は「不満」しかありません。

全て入社してからばれる事です。正直に伝えることが大事です。あらかじめ「良い印象」を与えて、入社後に
「悪い印象」があると人はすぐに辞めます。そして、採用活動をまたやらないといけない羽目になります。

このように良いことも悪いことも掲載することで初めて、それでも会社の理念に賛同してくれるような
熱い気持ちを持った社員からのみ応募が来るのです。

 

参考:こちらのサイトで求人の実態について掲載されています https://togalu.jp/detail.php?id=31

大企業・上場企業が自社のホームページに求人用ページを作っているのに、中小企業さんが作らない理由は何でしょうか?

有効求人倍率が高い水準なのに中小企業さんには良い人材が来ないという状況を変えるには、大企業・上場企業と同じことはやらないと横にもならべないと思います。

 

自社のホームページに求人募集ページを作りたいとお考えの方は、お気軽にご相談ください。

 

人材募集活動に有効なものは?①

2016-09-19

最近お客様からよくいただく要望が

「求人情報を載せたページを作ってくれないか?」

というものです。最近になって、急によく聞くようになりました。

また、弊社は小規模事業者持続化補助金の申請書作りサポートも行っていますが、その補助金自体、従業員を増やすと補助金が倍もらえるという制度となっています。その申請書作りをサポートしているお客様からも

「求人しても、人が全然来ない!みんなどこに行ったのかね?」

という声が聞かれました。

現在の有効求人倍率は、リーマンショック時に比べると徐々に回復し、バブル景気であった1990年頃の水準に戻りつつあります。

需要と供給の考えにも通じるものがありますが、供給の方が上回っている場合、需要側は強気(価格を下げてくる)になります。

人の採用に視点を戻しますと、供給(人材を求めている企業)の方が強い為、需要(職を探す人)が強気になっていると思われます。
強気になるという事は、職を探している人は「安定している公務員や上場企業などに採用したいから中小企業さんは後回しにしよう」
という状況になっているという事です。

公務員よりも、上場企業よりも『中小企業のほうがこんなに良い事がある!給料が良い!』という事は、一般的に社会に出たことがない学生さんは知りません。

知らない人には知らせてあげる必要があります。

 

そこで皆様は、求人募集されるときに下記のようなツールを使っていることと思います。

・ハローワークへの応募
・フリーペーパーへの掲載
・求人雑誌への掲載

などを用い、会社の事を伝えようとされているはずです。これらの広告できちんと成果が出ていますか?

 

視点を変えて質問します。
採用人事で失敗したなと思った時はどんな時ですか?

・募集したのに申し込みが全くなかった時
・申し込みは来たけど、求めている人材ではなかった
・労働条件を伝えたら、採用申し込みを取り下げられた

このような事でしょうか?せっかく高いお金を払って広告したのに・・・と後悔することもあるのではないでしょうか?

 

しかし、このような事を回避する方法があります!方法は2つです。

1.事前に御社の情報を見てもらう
2.事前に御社の情報を知ってもらう

・・・すみません、当たり前の事でした。

皆様も、この2つのことをハローワークやフリーペーパー・求人雑誌への掲載で実践されていることと思います。

しかし、

これらの方法で、自社が採用したい人材に御社の事を「見てもらえてますか?」「知らせることが出来ていますか?」

自社が採用したい人に見てもらい、伝わらないと意味がありませんよね?

中小企業様が人材募集活動で失敗される原因は全てここにあると考えます。

「伝えたい人に、事前に、伝えたいことが伝わっていない」

これだけです。

次回のブログでは、ハローワークやフリーペーパー・求人雑誌への掲載よりも効果的な人材募集方法を公開します!

 

 

小規模事業者持続化補助金が年内にありそう!?

2016-09-12

「 #小規模事業者持続化補助金 」という国の補助金を何度かご案内させていただいておりますが、この補助金が

「平成28年中に公募が始まるかもしれない。」

という情報が入ってきました。

#事業拡大のための経費 なら、かかった経費の2/3、国から補助されます。御社は1/3の負担で売り上げ拡大に取り組めるということです。

こちらから平成28年実施事業の5月13日締切分のパンフレットを見ることができます。

また今回の補助金では賃上げしている会社に対しては、補助枠が倍の100万に増えるようです。

今年は5月13日に締め切られた1度きりの公募という事でしたが、イギリスのユーロ離脱国民投票時の急激な円高をうけ安倍首相が追加の経済対策を進めることを発表し、この度追加公募の #補正予算 が組まれました。

前回は全体で70億ほどの予算でしたが今回は120億という事で良い感じに増えています。あとは公募のスケジュールを決めるだけという状況なのですが、どうやら今年中に公募が始まりそうとの連絡がありました。確定していないので情報元は明かせませんが、かなり信頼できる相手からの情報でした。

インターネット上でも㈱ネクストフェイズさんというコンサルティング会社がこの事について記事を書いています。
http://www.npc.bz/hojokin/20160906

ほとんどの人は、補助金があることは知っていますが、来年以降の公募開始と思っている人ばかりだと思います。
今から準備しておけば、他社に出遅れることなく補助金申請に望めます。

この補助金は申請すれば補助金を受けられるというものではありません。補助金を受けるためには、独自性がある、地域・社会貢献する意義ある事業で会社の規模を拡大していきたいという旨の「経営計画書」「事業計画書」を作って審査を受け、採択される必要があります。

※現在(平成28年9月12日)の時点で、補助金が実施され、年内に公募が開始するかどうかは確定していません。
あらかじめご了承ください。

○当社経由で補助金の申請を行い、ホームページ制作・リニューアルしませんか?

当社経由で、補助金の申し込みをした場合のメリットは下記のとおりです
(1)補助金申請書作成作業の負担が少ない(事業概要、経営計画書、補助事業でやりたいこと等の書類を作成します)
(2)申請書作成料は完全無料!(通らなかった場合は白紙で構いません)
(3)かかった経費の2/3が補助されるため、1/3の負担で済む。
(4)合格した後の面倒な書類作りも完全無料でサポートします。

当社は平成27年の2時募集から、「補助金申請サポート付きホームページ作成サービス」を開始しました。
採択状況は下記の通りです。

平成27年2次募集・・・8件中5件採択(合格率62%)
平成27年3次募集・・・6件中6件採択(合格率100%)
平成28年1次募集・・・16件中7件採択(合格率43%)※全国平均30%弱

予算がどんどん少なくなっている、他の申請者のレベルが上がっている、エリアによって採択事業者が偏る年がある、既に補助金をもらっている事業者の採択は難しい、などの理由から平成28年1次募集の採択率は落ちてしまいましたが、それでも当社経由で申請した場合、全国平均の採択率よりも高い水準の申請書を作っています。

当社は、経営計画書や事業計画書作成のノウハウも持っているため、補助金申請のサポートもしている数少ないWEB会社です。
本来ならご自身ですべて申請作業をしないといけないのですが、当社のサポート付きであれば負担がかなり減ると思います。

○当社は売上アップを得意とするホームページ会社です。

効果を出すホームページの考え方は2つあります。

1.いかにホームページを見てもらうか
2.見てもらった時にいかに行動してもらうか
このどちらが欠けてもいけません。ホームページは無いものと同じです。
当社はこの2つを成果が出るよう作製し、成果が出るまでサポートし続けます。

例えばスマートフォンに対応したページは上記1.2.両方に効果的です。
ホームページをお持ちだからといって、安心できる時代ではなくなってきました。

お早めにご連絡ください。

もし、補助金があるかもしれないこの機会に、より効果的なホームページにリニューアルするお気持ちがあるのならご連絡いただけたらと思います。

なお、現時点で補助金があるかどうか100%確定しているわけではないので、①今後も補助金の情報を教えてほしい方。(メール送信)
➁補助金について詳しく教えてほしい方。(対面)は当社までご連絡ください。

今回、お問い合わせいただいた事業者様の中から、希望される方には、本募集が始まった際に優先して当社の募集枠に入れさせて
いただきます。

 

お電話:076-411-9200

メール:luvicon@luvicon.jp

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
株式会社 ルビコン
富山県富山市新富町2丁目5-17 SSビル3F
メール: luvicon@luvicon.jp
TEL:076-411-9200
FAX:076-411-9210
HP:http://luvicon.net
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

お問い合わせ