売れるホームページをデザインする。株式会社ルビコン

Back To The Top

文字の書体は大事!

2015-02-06

15747e82608f939e71c32b2d3d5329d4_m皆さんこんにちは。ルビコン中山です。

皆さんは、パソコンで何かプレゼン資料や文章を作ったりする時に文字の書体を気にした事はありますか?
私は、全く気にしてないという訳ではなかったのですが、なんとなくこの文章ならこの書体かな?という感覚で書体を選んでいました。
しかも、一つの資料の文章・文字につかう書体は一つで良いという思い込みをしていたのです!
最近書体について勉強する機会があり私の考えは間違っていたことを思い知らされました。

結論から言いますと、書体は分けて使うべきです!
日本語の文字は「明朝体」と「ゴシック体」に大別する事ができます。

明朝体

ゴシック体

皆さん見たことありますよね?

例えばこの2つの書体のどちらを選べば見やすい文章になるか?この基準となるのが下記の点です。

1.長文か短文か?(タイトルなのか本文なのか?)

ゴシック体
明朝体は、可読性が高く、長い文章を書くのに適しています。
しかし、太い明朝体は、それほど可読性が高くありません。多く
の文章を読むには少し疲れてしまいますね。ただし、ディスプレイ
(パソコンの画面やプロジェクターのスクリーン)上では、横線の
細い明朝体やセリフ体は読みにくくなることがあるので、そのよう
な場合には、ゴシック体を使う方が良いでしょう。
明朝体
明朝体は、可読性が高く、長い文章を書くのに適しています。
しかし、太い明朝体は、それほど可読性が高くありません。多く
の文章を読むには少し疲れてしまいますね。ただし、ディスプレイ
(パソコンの画面やプロジェクターのスクリーン)上では、横線の
細い明朝体やセリフ体は読みにくくなることがあるので、そのよう
な場合には、ゴシック体を使う方が良いでしょう。

どうですか?文章が全てゴシック体だと見にくくなり、読む気が無くなりませんか?

2.小見出しはゴシック体、本文は明朝体で

明朝体
明朝体は、可読性が高く、長い文章を書くのに適しています。
しかし、太い明朝体は、それほど可読性が高くありません。多く
の文章を読むには少し疲れてしまいますね。ただし、ディスプレイ
(パソコンの画面やプロジェクターのスクリーン)上では、横線の
細い明朝体やセリフ体は読みにくくなることがあるので、そのよう
な場合には、ゴシック体を使う方が良いでしょう。

ゴシック体
明朝体は、可読性が高く、長い文章を書くのに適しています。
しかし、太い明朝体は、それほど可読性が高くありません。多く
の文章を読むには少し疲れてしまいますね。ただし、ディスプレイ
(パソコンの画面やプロジェクターのスクリーン)上では、横線の
細い明朝体やセリフ体は読みにくくなることがあるので、そのよう
な場合には、ゴシック体を使う方が良いでしょう。

インパクトを出したい見出しはゴシックで、本文は明朝体で見やすい文章にしましょう!

さて、弊社が採用しているホームページはワードプレスですが、ワードプレスのブログの投稿時に書体を変更する事は基本的にはできません。

ですが、『Windows Live Writer』を使えば、簡単にブログの文章の書体を変えることができます。

インターネット上にインストールの仕方が載っているページがありましたのでリンクを貼っておきます。

詳しくはこちら

実際、このブログも『Windows Live Writer』を使用して作りました。ワードプレスの基本機能では、このように書体を変えてブログを作る事はできません。
本当に簡単に見やすいブログを作る事が出来ますので、『Windows Live Writer』を使ってみることをお勧めします!

せっかく作る資料ですから、読んでほしいですよね?
書体に気を付けて、見る人にとって見やすい文章を心がけましょう!

株式会社 ルビコン
ホームページ作成・データベース作成・経営コンサルティング

お問い合わせ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。