売れるホームページをデザインする。株式会社ルビコン

Back To The Top

インターネットって

2012-09-15

インターネットとは?

・24時間、365日様々な情報を見ることができる。 ・検索といった機能により、知らなかった情報が手に入る。  (検索とは?下に細かく記載しました) ・今では携帯電話でも簡単に調べることができるため、いつでも・どこでも情報が手に入る世界になっています。

検索は、大手ではGoogle(グーグル)やYahoo(ヤフー)で行えます。検索とは、言葉を入力すれば、入力した言葉に関連した情報が全て出てきます。

例えば、 「ラーメン」と検索を行えば、日本全国のラーメンに関する情報が出てきます。(ラーメン店だけではなく、ラーメンの歴史など全て)

このようなこともできます。

「ラーメン」且つ「富山県」といった検索も行えます。 このような検索方法により情報を具体的にすることができるのです。 もちろん、「ラーメン」且つ「富山県」且つ「薄味」且つ「大盛り」といったたくさん入力することで、具体的に検索することが可能になります。

インターネットで思いつかれることといえば、ホームページが事業者様に大きく関っていると思います。

ホームページっていったい? ホームページを持っておられますか? なぜホームページを作りましたか? 「最近はホームページがないとダメだから!」 「みんなやっているから!」 「ホームページをするとお客さんが集まるから」

理由は様々です。しかし何事も、「実行」することの意味を知らなければ、無駄な力となってしてしまいます。 (プロタゴラスの唱え「無知が人の過ちの源泉である」)  年配の経営者になると増えている傾向にありますが、 「ホームページはよくわからないけど必要!作らなければ遅れるから」といった考え方が多いです。

何を伝えたいのかというと、インターネット・ホームページについて「詳しくは知らない」ということです。

簡単にインターネット・ホームページについてご説明します。

あなたのホームページは見られていない!? 「ホームページを作ったとしても、お客様はあなたのホームページを見ていない」ということです。

どういう意味なの?作ってあるのに?と思われると思いますが、簡単に説明すると。 「見れる」と「検索される」の違いです。  ホームページの目的は、新しいお客様を呼び込むため、知らない人にお店を知ってもらう、情報発信のために作っていると思います。  皆さんのホームページをインターネットで「見れる」ことはできます。しかし「検索」される可能性は低いということです。  「お店名」を入力できる人は、すでにお店のことを知っている人なので、お客様の増加には繋がりにくいのです。

事業におけるホームページは、

「検索」されなければ意味がないのです。

「見れる」と「検索」を簡単に説明させていただきます。(知っているかたは飛ばしてください。)

 

インターネットを辞典の、ホームページをページだと想像ください。 ラーメンの辞典があります。そこには、全国のラーメン店が全て載っており、10,000ページもあります。そのどこかに皆さんのお店が掲載されています。  有名店は初めに掲載されていますが、皆さんのお店は1,000ページ目に掲載されています。  皆さんの「お店の名前」を知っている人は、目次を見て1,000ページを見ます。それで場所や営業時間などを調べます。  しかし、ラーメンが食べたいと思い、辞典で探そうと思った人が、1,000ページまで探しますか?初めの数ページを見て「ここに行こう」といった気持ちになりますよね? インターネットにもページ数があります。  見れるのは「お店の名前」を知っているから。  皆さんのお店まで見られていない、検索されていないのです。
興味があるかたは、ご自身で調べてください。 あなたのお店は何ページにありますか?「お店名」ではなく 「ジャンル」+「地域名」 (例 「焼き肉」スペース「高岡市」)これで、1ページ目にあなたのお店情報が掲載されていれば、ホームページを作った意味は十分にあります。

皆さんのお店は何ページ目に見つかりましたか?

皆さんのお店は検索されていない!事実です。 しかし、仕方ないと諦めないでください。方法はあります!

 

「小さくてもたくさん集まれば、大きいものに勝てる」です。

どうすれば検索される? 「小さくてもたくさん集まれば、大きいものに勝てる」を絵で説明します。

 

あなたに似たお店がたくさんあつまり大きいグループになれば、大手企業よりも検索されるようになるのです。

そのグループの中で競争というものは存在しますが、検索される確率は、数倍上がります。

事業において、ホームページを作という事の意味を理解していただけたでしょうか?

「検索されること。」

作ることが目的はではないのです。

インターネット・ホームページについて理解していただけましたか?

お問い合わせ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。