売れるホームページをデザインする。株式会社ルビコン

Back To The Top

お店と音楽

2014-12-06

こんにちは
ルビコンのこんだのゆうじです。

正直知りませんでした。
自分で買ったCDなどをお店で流してはいけないことを知っていました!?
一般の方はほとんど知らないのでは?

簡単に言えば、
お金がかかりますよ!
CD、レコード等の音楽を流すと著作権の支払いの義務が発生ますよ!ということです。
詳しくは、一般社団法人日本音楽著作権協会JASRACをご覧ください。

色々調べると、この協会さんにお金を支払う以外にも方法はたくさんあるようですが、
興味がある方はご自身で検索してみてください。

 

昔、自分がお店を出したなら、テンションの上がる音楽をかけて、お客さんの回転率を上げよう。
などとバカなことも考えていましたが、違う意味でアウトでした(笑)

けれど、音楽はいいですよね。
知ってる歌やオシャレな曲が流れているとリラックしたり、お店の雰囲気を良くしたり。
お客さんには喜ばれていると思います。

 

さて音楽のついでに、
お仕事中や勉強中に音楽は聞いていますか?

仕事や勉強の内容によってメリット・デメリットになるそうです。
集中力が増したり、周りの音(雑音や他人の声)が気にならなくなったり、
落ち着いたクラシックミュージックや、大人びたジャズなどのアルファー波の発生を促す音楽は、集中力だけでなく、記憶力を高める効果もあることが、科学的に確認されています。

逆に集中力のいる、暗記系の仕事や勉強をしている場合は、
音楽が邪魔になり集中力が失われてしまいます。

私の場合、音楽が流れていても仕事が始まると聞こえてきません。
ただ、ふと休憩したときに、音楽が聞こえてくるとリラックスできたりします。

皆さんも色々試してやる気の出る音楽を探してください。

 

最近のお気に入りは、「ルパン三世」です!
テンションが上がります。
この仕事量から脱獄したくなります。

 

今回はあまり内容が濃くなかったかもしれません。
もっと詳しく知りたい方は、ご自身で検索してください。

お問い合わせ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。